Windows10でWindowsUpdateが失敗したときの解決方法

Windows10は更新、アップデートにより最新のバージョンに進化していくOSでそれ以降のWindows〇〇が出る予定はありません(Windows11が2021年10月に公開されました)。それゆえアップデートが特に重要な要素になってきますが、実際は途中でアップデートが中断してしまったり、更新が先に進まなくケースがよくあります。

更新にかかる時間は接続の速度更新プログラムの大きさネットワークの設定などが影響しています。

以下に紹介する方法を試すことで、更新にかかる時間の問題要因を取り除ける可能性が出て、更新がスムーズに進んでいくことにつながりやすくなります。

なんらかの原因があり更新が滞ったりする事象が起こっていることを理解し、改善策に取り組むことが有効です。

電話で相談
050-6877-6115
    メールで相談
info@togeo.net

WindowsUpdateに失敗し、改善策を試みる前にやって欲しいこと

バックアップを取っておく

以下にあるトラブルの解消方法の手順を試す前に、必ずバックアップを取っておいてください。バックアップの取り方は別の記事でご紹介しています。ファイルバックアップではなくイメージバックアップをお勧めします。

Windowsでおすすめのデータバックアップ方法(標準機能とその他の方法)
PCを使っていると予期しなかったトラブルが起こり、PCを起動できなくなりデータが消去されてしまうことがあります。そんな時のためにバックアップを取っておいたり、PCを復旧できるようにしておくことは大切です。PCが動かなくなってしまっても一番初...

アンチウイルスソフトでスキャン

念のためセキュリティソフトでスキャンを実行して、あらかじめウィルスが侵入していないか確認しておくとよいでしょう。ウィルスや悪いマルウェアはあらかじめウィルススキャンを実行し、そういった危険性がないか確認をしておきましょう。

電話で相談
050-6877-6115
    メールで相談
info@togeo.net

WindowsUpdateのトラブル解消方法

ドライブの空き容量を増やす

空き容量が少ないと失敗しやすくなります。せっかくWindowsUpdateを進めたのに「空き容量がありません」となってしまってはもったいないです。十分な空き容量があることを確認しましょう。
ドライブの空き容量を増やすことは、更新がスムーズに進むことにつながります。

空き容量を増やす方法はたくさんありますので別記事にまとめてあります。以下の記事をご参考ください。

Cドライブのディスク容量を増やしてパソコンを速くする12の方法
パソコンを長く使っていると、動作スピードが遅くなったり、動きが不安定になったりと色々な問題が出てきますよね。みなさんも経験があるのでは? そういったトラブルを防ぐには、普段からCドライブをキレイに整理しておくことが大切です。パソコンの...

OneDriveのファイル領域を縮小する

OneDriveを利用している人でWindows 10 Version 1709以降にアップデートをしていて、OneDriveのバージョンが17.3.7064.1005以降に更新されている場合、ファイルの保存領域を小さくすることが可能です。

OneDriveファイルオンデマンドオンに設定することで、占有するファイル領域を節約できます。オンデマンドとはクライアントの要求によってデータを送ったり情報を行き交わせるサービスです。

OneDriveファイルオンデマンドをオンに設定することで、Windowsのデバイス領域を占領することなく、OneDriveのファイルをすべてダウンロードし、ユーザーが好きな時にファイルにアクセスできます。

エクスプローラーではすべてのファイルの状態が、ファイル状に付いて表示されるアイコンにより表示されています。

オンラインの時だけ保存されているファイルか、デバイスにもダウンロードされているファイルなのか、といったことがアイコンからわかるようになっています。

OneDriveファイルオンデマンドをオンにすると別のPCで作られたファイルなどはPCの中にファイルがないのでオンラインのみのファイルとしてアイコン表示がされています。

オンラインのみのファイルは、インターネットの接続があれば、ユーザーはPCデバイスの中にあるファイルのように、ファイルを利用することが可能です。

オンラインのみのファイルは実際にはデバイスの中には保存がされていないので、PCの記憶領域も使わず容量の節約になります

デバイスに接続されている外部記憶装置などのハードウェアをすべて取り外す

PCの基本的な動作に関する装置以外は取り外して、再度WindowsUpdateを実行してみてください。それでも解決しない場合は、他の方法を試してみます。

サードパーティードライバーの更新

ハードウェアの製造元のWebサイトに行ってみて、サードパーティードライバーの更新プログラムやインストール手順を確認します。

サードパーティーとは製造元以外の別の会社が製造した製品ということです。確認後ドライバーを更新してから、更新プログラムを再度実行してみてください。

デバイスマネージャーでエラーを修正する

検索ボックスにデバイスマネージャーと入力し、表示される「デバイスマネージャー」を選択します。

デバイスマネージャーの画面で黄色い注意マークがついているデバイスがあれば右クリックをし、「ドライバの更新」「デバイスのアンインストール」をクリックし、エラーを修正します。

トラブルシューティング

下でご紹介するWindowsトラブルシューティングツールよりも簡単な方法なので、アップデートがうまくいかない場合は、一度試してみてください。

まずコントロールパネルを開きます。

Windowsでコントロールパネルを開く方法
2022年3月、Windows11でコントロールパネルを開く方法を追記しました。 Windows10になり、よく使うコントロールパネルがすぐに開けなくなったり、方法がわからないという人がよくいます。 そんな人のためにコントロールパネ...

コントロールパネルから「システムとセキュリティ」という項目にある「問題の発見と解決」をクリックしてください。

トラブルシューティングの画面が表示されるので、その中の「システムとセキュリティ」という項目の中の、「Windows Updateで問題を解決する」をクリックすると「コンピューターの問題の防止とトラブルシューティング」が実行される画面になるので、「次へ」と進み、管理者として実行していってください。

進んで行く中で自動的に問題を解決してくれ、最後に解決された問題が表示されます。

使い方を別記事にまとめましたのでご参考ください。

Windows10のトラブルシューティングツール
Windows10はアップデートによりバージョンアップしていくOSとなるので、アップデートが欠かせないのですが、途中で止まってしまったりし、うまく進まないことがあります。そんな時の解決法のひとつとしてトラブルシューティングツールは役立てる方法となります。

WindowsUpdateのリセット

WindowsUpdateの履歴などをリセットするとWindowsUpdateが初期化されて更新がうまく行くようになることがあります。

リセット方法は別記事にまとめましたのでご参考ください。

Windows10 手動で「WindowsUpdate」をリセットする方法
WindowsUpdateが失敗した時の解決方法のひとつになります。レジストリという箇所を操作したりするので、やや難易度が高い方法となりますが、事前にバックアップを取っておくなど工夫をすることで、初心者でも取り組みやすい解決方法となります。

その他のエラー

不具合が起こった時に、まず取り組んで欲しい一般的な方法は以上になりますが、特定のケースに関しては以下のように処理をしてみることで解決することもあります。

エラーコードが示される

様々なエラーコードがありますが、解決方法が複雑すぎてここに書ききれないコードもあるので、解決しやすいコードを挙げていきます。

0x800F0923, 80073712, 0x800f0922, 0x80070643, 0x80070020

インストールのやり直しが数回繰り返されたり、再起動のタイミングで更新が中止されたなどといったケースに発生することがあるエラーコードです。
だいたいのケースにおいて、PC内でソフトが競合していて、アップデートが進まなくなっていることが考えられます。

対処法
もう一度WindowsUpdateしてみたり再起動してみるとあっさりとうまく行くことがあります。

またセキュリティソフトが働いている状態であれば、一旦停止するなどの設定に変更をしてください。また他の常駐プログラムの稼働アップデートを邪魔していることもあるので、それらのソフトを一旦停止します。タスクマネージャーのスタートアップタブで不要なサービスを無効化するとよいでしょう。

0x80072F8F

このエラーはWindowsに表示されている日付や時間大幅に狂っている時に表示されることが多いです。

対処法
PC内の時刻を正確に設定することで、エラーがなくなり更新できるケースが多いです。

0x8024a105, 0x8024a112, 0x80246007

このエラーは原因不明のことも多く時間が解決してくれるのを待つか場合によってはWindows10の初期化やクリーンインストールをする必要があるかもしれません。

WindowsでPCを初期化する(初期状態に戻す)時に読むページ
初期化の方法を紹介していきます。今あるデータを残したいか削除したいかによって、数種類ある初期化をうまく選んでいけます。データだけでなく元々入っているアプリやバージョンアップも残すかどうか選択していけます。
Windows10でクリーンインストール(再インストール)する方法
クリーンインストールは昔からある初期化の方法で聞いたことがある人がいるかもしれません。他の初期化と違う点は、Windowsを一度フォーマットし、まっさらな状態にしてからWindowsをインストールしていくという点です。 今までのPC内...

すべてのエラーコードに当てはまる試して欲しい解決策

Windowsトラブルシューティングツールを試してみることで問題が解決することがあります。PCのバージョンと同じWindowsトラブルシューティングツールをダウンロードし実行してみます。その後PCを再起動し、再度更新プログラムが追加などされていないか確認をしてください。

更新プログラムが追加されていた場合は再度ダウンロードをし、実行をします。

それでも解決しない時は再度Windowsトラブルシューティングツールを実行することで、問題が解決することがあります。

更新プログラムの確認方法は以下になります。

スタートボタン>設定>更新とセキュリティ>Windows Update>更新プログラムの確認

Windows10のトラブルシューティングツール
Windows10はアップデートによりバージョンアップしていくOSとなるので、アップデートが欠かせないのですが、途中で止まってしまったりし、うまく進まないことがあります。そんな時の解決法のひとつとしてトラブルシューティングツールは役立てる方法となります。

更新が〇%に達したまま、インストールが終わらない

再度更新プログラムの確認を行ってください。更新プログラムが新たに追加されている場合はインストールをし実行してみてください。

さらに上で説明をしたWindowsトラブルシューティングツールを再度実行することで今起こっているトラブルが解決することがあります。

電話で相談
050-6877-6115
    メールで相談
info@togeo.net

まとめ

上で説明した手順でアップデートが進まない場合、さらに複雑な手順も存在します。PCのコマンドを操作しアップデートをリセットすることもできます。しかしPC初心者では難易度が高いかもしれません。また配布された修正プログラムを適用しても「アップデートができない」ということも稀にあるようです。

WindowsUpdate関連記事

Windows10 月例アップデート(セキュリティ更新プログラム) の確認・変更・削除方法
Microsoftから配布される月例アップデート(セキュリティ更新プログラム)は、Windowsの脆弱性をカバーする大事なアップデートです。この記事では、PCへの適用状況を確認する、自動更新を止めるなどの手順について図解入りで解説します。
Windows10 手動で「WindowsUpdate」をリセットする方法
WindowsUpdateが失敗した時の解決方法のひとつになります。レジストリという箇所を操作したりするので、やや難易度が高い方法となりますが、事前にバックアップを取っておくなど工夫をすることで、初心者でも取り組みやすい解決方法となります。
【Windows10】Windows Updateを更新しないでシャットダウン・再起動する方法
Windows10では、更新が一旦定義されてしまうと、「更新してシャットダウン/更新して再起動」という項目しか表示されません。「素直に更新すればいいのでは?」と思われるかもしれませんが、Windows Updateによるトラブルは多発してい...
Windows10でWindowsUpdateを先延ばしする方法(※停止は出来ません)
Windows10ではWindows Updateが強制的に行われ、非公式で無効化するのにいろいろなやり方がありましたが全ていたちごっこでした。ですがWindows 10 May 2019 Update(バージョン1903)以降は公式にWi...
Windows11の自動アップデート(自動更新)を停止する方法
2021年10月5日、最新OS「Windows11」がリリースしました。しかしOSの不具合が解消してから使いたいと思う方も多いと思います。この記事では、Windows11の自動更新を無効にする方法をまとめました。ぜひ、参考にしてみてください。
WindowsUpdateをコントロールしたい!WSUSという選択
企業や組織がWindowsUpdateを適用するうえで注意すべき点を解決する方法にWSUSの導入があります。しかしWSUSの運用にも注意点があるため、WSUSの実用に基づいた情報を紹介しています。

電話で相談
050-6877-6115
    メールで相談
info@togeo.net

内容に関する注意事項

あくまで参考情報となりますので、本サイトの記述に従って設定をされるときは自己責任にてお願い致します。状況によって取るべき手段が異なり全てのケースを網羅出来ているわけではありませんので記述通りに設定すれば必ず設定出来るわけではございません。ご了承ください。

出張エリア一覧 /パソコン修理・ITサポート

東京23区
渋谷区, 千代田区, 東京都中央区, 港区, 新宿区, 文京区, 台東区, 墨田区, 江東区, 品川区, 目黒区, 大田区, 世田谷区, 中野区, 杉並区, 豊島区, 荒川区, 東京都北区, 板橋区, 練馬区, 足立区,
葛飾区, 江戸川区
東京都下
八王子市, 立川市, 武蔵野市, 三鷹市, 青梅市, 府中市, 昭島市, 調布市, 町田市, 小金井市, 小平市, 日野市, 東村山市, 国分寺市, 国立市, 福生市, 狛江市, 東大和市, 清瀬市, 東久留米市,
武蔵村山市, 多摩市, 稲城市, 羽村市, あきる野市, 西東京市
埼玉県
【さいたま市】西区,北区,大宮区,見沼区,中央区,桜区,浦和区,南区,緑区,岩槻区
川越市,熊谷市,川口市,行田市,秩父市,所沢市,飯能市,加須市,本庄市,東松山市,春日部市,狭山市,羽生市,鴻巣市,深谷市,上尾市,草加市,越谷市,蕨市,戸田市,入間市,朝霞市,志木市,和光市,新座市,桶川市,久喜市,北本市,八潮市,富士見市,三郷市,蓮田市,坂戸市,幸手市,鶴ヶ島市,日高市,吉川市,ふじみ野市,白岡市
【北足立郡】伊奈町
【入間郡】三芳町,毛呂山町,越生町
【比企郡】滑川町,嵐山町,小川町,川島町,吉見町,鳩山町,ときがわ町
【秩父郡】横瀬町,皆野町,長瀞町,小鹿野町
【東秩父村】児玉郡,美里町,神川町,上里町
【大里郡】寄居町
【南埼玉郡】宮代町
【北葛飾郡】杉戸町,松伏町
千葉県
【千葉市】中央区,花見川区,稲毛区,若葉区,緑区,美浜区
銚子市,市川市,船橋市,館山市,木更津市,松戸市,野田市,茂原市,成田市,佐倉市,東金市,旭市,習志野市,柏市,勝浦市,市原市,流山市,八千代市,我孫子市,鴨川市,鎌ケ谷市,君津市,富津市,浦安市,四街道市,袖ケ浦市,八街市,印西市,白井市,富里市,南房総市,匝瑳市,香取市,山武市,いすみ市,大網白里市
【印旛郡】酒々井町,栄町
【香取郡】神崎町,多古町,東庄町
【山武郡】九十九里町,芝山町,横芝光町
【長生郡】一宮町,睦沢町,長生村,白子町,長柄町,長南町
【夷隅郡】大多喜町,御宿町
【安房郡】鋸南町
神奈川県
【横浜市】鶴見区,神奈川区,南区,港南区,保土ケ谷区,旭区,磯子区,港北区,緑区,青葉区,都筑区,戸塚区,栄区,泉区,瀬谷区
【川崎市】川崎区,幸区,中原区,高津区,宮前区,多摩区,麻生区
【相模原市】南区,中央区,緑区
【横須賀三浦地域】横須賀市,鎌倉市,逗子市,三浦市,三浦郡葉山町
【県央地域】厚木市,大和市,海老名市,座間市,綾瀬市,愛甲郡愛川町,愛甲郡清川村
【湘南地域】平塚市,藤沢市,茅ヶ崎市,秦野市,伊勢原市,高座郡寒川町,中郡大磯町,中郡二宮町
【県西地域】小田原市,南足柄市,足柄上郡中井町,足柄上郡大井町,足柄上郡松田町,足柄上郡山北町,足柄上郡開成町,足柄下郡箱根町,足柄下郡真鶴町,足柄下郡湯河原町
栃木県
宇都宮市,足利市,栃木市,佐野市,鹿沼市,日光市,小山市,真岡市,大田原市,矢板市,那須塩原市,さくら市,那須烏山市,下野市
【河内郡】上三川町
【芳賀郡】益子町,茂木町,市貝町,芳賀町
【下都賀郡】壬生町,野木町
【塩谷郡】塩谷町,高根沢町
【那須郡】那須町,那珂川町
【大阪市】西淀川区,淀川区,東淀川区,此花区,福島区,北区,都島区,旭区,港区,西区,中央区,城東区,鶴見区,東成区,生野区,天王寺区,阿倍野区,西成区,浪速区,大正区,住之江区,住吉区,東住吉区,平野区
豊中市,吹田市,摂津市,守口市,門真市
兵庫県
尼崎市,伊丹市,西宮市
広島県
【広島市】中区,東区,南区,西区,安佐南区,安佐北区,安芸区,佐伯区
【安芸郡】府中町,海田町,熊野町,坂町

※弊社パートナーによる提供地域を含みます。

ITサポート報告/サポート事例Windows10 Update(アップデート)不具合パソコントラブル解決パソコン修理/ITサポートブログ出張パソコン修理/訪問パソコンサポート
PC,LAN,WiFi,NASの出張トラブル解決,中小企業のITサポートは(株)とげおネット