当サイトではアフィリエイト・アドセンス広告を掲載しています

Windows10でWindowsUpdateが失敗したときの解決方法

パソコントラブル出張相談受付中! TEL:050-6877-6115

時間外はフォームから!

Windows10は更新、アップデートにより最新のバージョンに進化していくOSでそれ以降のWindows〇〇が出る予定はありません(Windows11が2021年10月に公開されました)。それゆえアップデートが特に重要な要素になってきますが、実際は途中でアップデートが失敗してしまうケースがよくあります。

更新にかかる時間は接続の速度更新プログラムの大きさネットワークの設定などが影響しています。

以下に紹介する方法を試すことで、問題要因を取り除けられたら更新がスムーズに進んでいくことにつながりやすくなります。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

モバイル用
Video広告

WindowsUpdateに失敗し、改善策を試みる前の準備

バックアップを取っておく

以下にあるトラブルの解消方法の手順を試す前に、必ずバックアップを取っておいてください。バックアップの取り方は別の記事でご紹介しています。ファイルバックアップではなくイメージバックアップをお勧めします。

Windowsでおすすめのデータバックアップ方法(標準機能とその他の方法)
備えあれば患いなし、パソコンが壊れてデータを亡くしてしまわないようにデータのバックアップを取っておきましょう。Windows標準機能で出来る方法とその他の方法についてご参考ください。

アンチウイルスソフトでスキャン

念のためセキュリティソフトでスキャンを実行して、あらかじめウィルスが侵入していないか確認しておくとよいでしょう。ウィルスや悪いマルウェアはあらかじめウィルススキャンを実行し、そういった危険性がないか確認をしておきましょう。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

WindowsUpdateのトラブル解消方法

ドライブの空き容量を増やす

空き容量が少ないと失敗しやすくなります。せっかくWindowsUpdateを進めたのに「空き容量がありません」となってしまってはもったいないです。十分な空き容量があることを確認しましょう。
ドライブの空き容量を増やすことは、更新がスムーズに進むことにつながります。

空き容量を増やす方法はたくさんありますので別記事にまとめてあります。以下の記事をご参考ください。

サポート事例:原因不明なCドライブ容量不足と解消の方法、事前の対策について
サポート事例:Cドライブの空き容量が無くなっている現象の調査と、Cドライブをひっ迫させないための対策について紹介。

OneDriveのファイル領域を縮小する

OneDriveを利用している人でWindows 10 Version 1709以降にアップデートをしていて、OneDriveのバージョンが17.3.7064.1005以降に更新されている場合、ファイルの保存領域を小さくすることが可能です。

OneDriveファイルオンデマンドオンに設定することで、占有するファイル領域を節約できます。オンデマンドとはクライアントの要求によってデータを送ったり情報を行き交わせるサービスです。

OneDriveファイルオンデマンドをオンに設定することで、Windowsのデバイス領域を占領することなく、OneDriveのファイルをすべてダウンロードし、ユーザーが好きな時にファイルにアクセスできます。

エクスプローラーではすべてのファイルの状態が、ファイル状に付いて表示されるアイコンにより表示されています。

オンラインの時だけ保存されているファイルか、デバイスにもダウンロードされているファイルなのか、といったことがアイコンからわかるようになっています。

OneDriveファイルオンデマンドをオンにすると別のPCで作られたファイルなどはPCの中にファイルがないのでオンラインのみのファイルとしてアイコン表示がされています。

オンラインのみのファイルは、インターネットの接続があれば、ユーザーはPCデバイスの中にあるファイルのように、ファイルを利用することが可能です。

オンラインのみのファイルは実際にはデバイスの中には保存がされていないので、PCの記憶領域も使わず容量の節約になります

デバイスに接続されている外部記憶装置などのハードウェアをすべて取り外す

PCの基本的な動作に関する装置以外は取り外して、再度WindowsUpdateを実行してみてください。それでも解決しない場合は、他の方法を試してみます。

サードパーティードライバーの更新

Windowsパソコンは実に色々なメーカーで製造された部品を使っており、ドライバ(パーツや周辺機器をパソコンで上手く動かすためのプログラム)と共に機能しています。ドライバがエラーの原因となることがありますのでドライバも更新しておきましょう。

ドライバの更新方法はいくつかあり、別ページにまとめましたのでご参考ください。

Windowsで最新ドライバで簡単に更新する方法4つ
Windowsパソコンにおいてドライバがうまく動かないとパソコンは快適に使えません。ドライバが原因となって起こる不具合は多岐にわたります。本記事ではドライバの更新方法について詳しく解説します。

トラブルシューティング

下でご紹介するWindowsトラブルシューティングツールよりも簡単な方法なので、アップデートがうまくいかない場合は、一度試してみてください。

まずコントロールパネルを開きます。

Windowsでコントロールパネルを開く方法
2022年3月、Windows11でコントロールパネルを開く方法を追記しました。 Windows10になり、よく使うコントロールパネルがすぐに開けなくなったり、方法がわからないという人がよくいます。 そんな人のためにコントロールパネルのわか...

コントロールパネルから「システムとセキュリティ」という項目にある「問題の発見と解決」をクリックしてください。

トラブルシューティングの画面が表示されるので、その中の「システムとセキュリティ」という項目の中の、「Windows Updateで問題を解決する」をクリックすると「コンピューターの問題の防止とトラブルシューティング」が実行される画面になるので、「次へ」と進み、管理者として実行していってください。

進んで行く中で自動的に問題を解決してくれ、最後に解決された問題が表示されます。

使い方を別記事にまとめましたのでご参考ください。

Windows10のトラブルシューティングツールの使い方
Windows10はアップデートによりバージョンアップしていくOSとなるので、アップデートが欠かせないのですが、途中で止まってしまったりし、うまく進まないことがあります。そんな時の解決法のひとつとしてトラブルシューティングツールは役立てる方法となります。

WindowsUpdateのリセット

WindowsUpdateの履歴などをリセットするとWindowsUpdateが初期化されて更新がうまく行くようになることがあります。

リセット方法は別記事にまとめましたのでご参考ください。

Windows10 手動で「WindowsUpdate」をリセットする方法
WindowsUpdateは色々な理由で失敗してしまうことがあります。どうしても上手くいかず手動で何とかしないといけないこともあります。その時はこちらのページを参考に以下の方法をお試しください。

その他のエラー

不具合が起こった時に、まず取り組んで欲しい一般的な方法は以上になりますが、特定のケースに関しては以下のように処理をしてみることで解決することもあります。

エラーコードが示される

様々なエラーコードがありますが、解決方法が複雑すぎてここに書ききれないコードもあるので、解決しやすいコードを挙げていきます。

0x800F0923, 80073712, 0x800f0922, 0x80070643, 0x80070020

インストールのやり直しが数回繰り返されたり、再起動のタイミングで更新が中止されたなどといったケースに発生することがあるエラーコードです。
だいたいのケースにおいて、PC内でソフトが競合していて、アップデートが進まなくなっていることが考えられます。

対処法
もう一度WindowsUpdateしてみたり再起動してみるとあっさりとうまく行くことがあります。

またセキュリティソフトが働いている状態であれば、一旦停止するなどの設定に変更をしてください。また他の常駐プログラムの稼働アップデートを邪魔していることもあるので、それらのソフトを一旦停止します。タスクマネージャーのスタートアップタブで不要なサービスを無効化するとよいでしょう。

0x80072F8F

このエラーはWindowsに表示されている日付や時間大幅に狂っている時に表示されることが多いです。

対処法
PC内の時刻を正確に設定することで、エラーがなくなり更新できるケースが多いです。

0x8024a105, 0x8024a112, 0x80246007

このエラーは原因不明のことも多く時間が解決してくれるのを待つか場合によってはWindows10の初期化やクリーンインストールをする必要があるかもしれません。

Windows10を初期化する一番簡単な方法「このPCを初期状態に戻す」
Windowsのパソコンを長く使っていると調子が悪いこともあると思います。Windows10ではさまざまな種類の初期化方法が用意されています。この記事ではパソコンで初期化が必要になった時の実際の方法や注意などを紹介します。
Windows10でクリーンインストール(再インストール)する方法
クリーンインストールは一度まっさらな状態にしてからWindowsを再インストールしていく方法です。今までのPC内のデータを残したくない場合や、新品購入状態にしたい時に行う方法です。もう一度使う場合はソフトの再インストールから必要になります。

すべてのエラーコードに当てはまる試して欲しい解決策

Windowsトラブルシューティングツールを試してみることで問題が解決することがあります。PCのバージョンと同じWindowsトラブルシューティングツールをダウンロードし実行してみます。その後PCを再起動し、再度更新プログラムが追加などされていないか確認をしてください。

更新プログラムが追加されていた場合は再度ダウンロードをし、実行をします。

それでも解決しない時は再度Windowsトラブルシューティングツールを実行することで、問題が解決することがあります。

更新プログラムの確認方法は以下になります。

スタートボタン>設定>更新とセキュリティ>Windows Update>更新プログラムの確認

Windows10のトラブルシューティングツールの使い方
Windows10はアップデートによりバージョンアップしていくOSとなるので、アップデートが欠かせないのですが、途中で止まってしまったりし、うまく進まないことがあります。そんな時の解決法のひとつとしてトラブルシューティングツールは役立てる方法となります。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

どうしても上手くいかない時は

インターネットで検索して色々な方法を試してみたけどうまくいかない…

うまくいかない人

とげおネットまで
お気軽にご相談ください!!

電話・メールフォームから
お問い合わせください!
▼ ▼ ▼

とげおネットでは
出張サポートにて
お力になれます!

 

パソコントラブル出張相談受付中! TEL:050-6877-6115

時間外はフォームから!

インターネットで検索して色々な方法を試してみたけど上手くいかない場合はとげおネットまでお気軽にご相談ください。出張サポートにてお力になることが可能です。

    お問い合わせいただくにあたってPrivacy Policyの確認と同意をお願い致します。 

    お問い合わせいただいた内容に関しまして社内で確認の上、担当者から連絡させていただきます。連絡までお待ちいただければ幸いです。

    WindowsUpdateに失敗する時の準備と対応まとめ

    アップデートが失敗して上手くいかない時の対応をまとめました。ご参考になれば幸いです。

    WindowsUpdateトラブル関連記事

    Windows10 手動で「WindowsUpdate」をリセットする方法
    WindowsUpdateは色々な理由で失敗してしまうことがあります。どうしても上手くいかず手動で何とかしないといけないこともあります。その時はこちらのページを参考に以下の方法をお試しください。
    アップデート後にWindowsが起動しない!復元ポイントからシステムの復元をする方法
    Windows10アップデート後に起動しなくなった時、ブルースクリーン/ブラックスクリーンになりWindowsの操作ができなくなった時は、パソコンを過去の状態に戻すことで修復が出来ることがあります。今回はその具体的な手順について解説します。
    Windows10でWindows updateが止まってしまい進まない時の対処法
    Windows10のWindows Updateが止まってしまうことがあります。先に進まない状態が続いた時の対処法をまとめました。

    その他WindowsUpdate関連記事

    WindowsUpdateを管理したい!WSUSという選択
    企業や組織がWindowsUpdateを適用するうえで注意すべき点を解決する方法にWSUSの導入があります。しかしWSUSの運用にも注意点があるため、WSUSの実用に基づいた情報を紹介しています。
    Windows10でWindowsUpdateを先延ばしする方法(※停止は出来ません)
    Windows10ではWindows Updateが強制的に行われ、非公式で無効化するのにいろいろなやり方がありましたが全ていたちごっこでした。ですがWindows 10 May 2019 Update(バージョン1903)以降は公式にWi...
    【Windows10】Windows Updateを更新しないでシャットダウン・再起動する方法
    Windows10では、更新が一旦定義されてしまうと、「更新してシャットダウン/更新して再起動」という項目しか表示されません。「素直に更新すればいいのでは?」と思われるかもしれませんが、Windows Updateによるトラブルは多発してい...
    Windows11の自動アップデート(自動更新)を停止する方法
    2021年10月5日、最新OS「Windows11」がリリースしました。しかしOSの不具合が解消してから使いたいと思う方も多いと思います。この記事では、Windows11の自動更新を無効にする方法をまとめました。ぜひ、参考にしてみてください。
    Windows10 月例アップデート(セキュリティ更新プログラム) の確認・変更・削除方法
    Microsoftから配布される月例アップデート(セキュリティ更新プログラム)は、Windowsの脆弱性をカバーする大事なアップデートです。この記事では、PCへの適用状況を確認する、自動更新を止めるなどの手順について図解入りで解説します。

    関連記事

    土日祝日受付可能

    電話 05068776115受付可能時間9:00~23:00

    受付可能時間9:00~23:00 土日祝日受付可能

    24時間受付WEBから相談する24時間受付WEBから相談する