当サイトではアフィリエイト・アドセンス広告を掲載しています

Windows基本操作:IMEパッドを使った様々な入力方法まとめ

Windowsパソコン基本操作:さまざまな入力方法(IMEパッドの使い方)

パソコントラブル、インターネットトラブルでお困りの方は是非とげおネットの出張トラブルにお問い合わせください!

Windowsパソコンを使っている方は良く使う単語は登録していつも使えるようにしたい!とか読み方の分からない漢字だけど使いたい!などと思うことがよくあると思います。

それらはIMEをいうWindows標準のツールで実現が可能です。このページではIMEの使い方をまとめました。

基本的な要素(キーワード)について知りたい方はまずは以下の記事をご参考ください。デスクトップの基本的な要素について解説しています。

Windows10デスクトップの基本操作と設定の方法まとめ
Windows10での基本画面である「デスクトップ」は、従来のWindowsとほとんど同じですが、タスクバーの機能やアクションセンターなどが大きく異なります。最初は使いづらく感じてしまう人もいるかもしれませんが、このページを参考にしながら新しいデスクトップに慣れてください。
Windows10の基本操作:エクスプローラーの見方、使い方
エクスプローラーとは、ファイラーと呼ばれる種類のプログラムです。ファイルを開く、コピーする、削除するなどの操作ができる重要なものだけに、使い方はしっかり覚えておきたいものです。 デスクトップの基本的な要素(キーワード)について知りたい方は以...

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

モバイル用
Video広告

よく使う単語をユーザー辞書に登録する方法

よく使う単語が一発で変換できたら便利ですよね。

例えば、ショッピングサイトや会員制サイト、SNSでメールアドレスを入力するシーンがたびたびあると思います。覚えているとはいえ、いちいちメールアドレスを入力するのは本当に面倒です。

そこで、メールアドレスを「めあど」という単語で変換すれば表示できるようにIMEの辞書に登録してみましょう。

ユーザー辞書への登録方法

タスクバーの「入力モードスイッチ」(「あ」や「A」のアイコン)を右クリックして、項目の中から「単語の登録」を選択します。

よく使う単語をユーザー辞書に登録する方法

登録したいメールアドレスをあらかじめコピーしておき、「単語」の部分に貼り付けます。「よみ」には、「めあど」など好きな省略文字を入力してください。さらに、品詞の「短縮よみ」を選択して、最後に登録ボタンを押してください。

よく使う単語をユーザー辞書に登録する方法

メモ帳などに、「めあど」と入力し変換すると、登録したメールアドレスが変換候補に表示されます。同じ読み方で複数のメールアドレスを登録することも可能です。

よく使う単語をユーザー辞書に登録する方法

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

IMEパッドの「手書き」機能を活用する

読み方のわからない漢字を入力する

通常、漢字を入力するときは、読み仮名を入力して変換する。しかし、この方法では読み仮名がわからない漢字は入力できません。

そんなときは、「IMEパッド」の「手書き」機能を使いましょう。マウス操作で指定のスペースに漢字を書くと、一画ごとに文字が認識され、右側に変換候補の漢字の一覧が表示されるので、目的の漢字をクリックしてください。また、一覧表示された漢字にマウスポンタを当てれば、読み仮名が表示されるので、わからなかった読み仮名も次回からは入力できるようになるはずです。

「手書き」機能の使い方

タスクバーの「入力モードスイッチ」を右クリックし、「IMEパッド」をクリックしてください。この時、メモ帳を開いておくと便利です。

IMEパッドの「手書き」機能の使い方

左上の「手書き」アイコンをクリックします。この画面が表示されたら「ここにマウスで文字を描いてください。」と表示されているスペースに、マウスをドラッグしながら入力したい漢字を書いてください。すると、右側に変換候補の一覧が表示されるので、目的の漢字が見つかったらクリックしましょう。

IMEパッドの「手書き」機能の使い方

特殊な漢字(旧字・異体字)を入力する

入力したい漢字が変換候補の中に見当たらないケースがあります。例えば、「?」という漢字は、変換候補に出てこない方もいると思います。こんなときも、「手書き」機能と使うと便利です。

方法は先程と全く同じで、出したい文字をマウスでドラッグしながら書くだけです。また、変換したい文字が、「?」のような旧字・異体字であるなら、「高」という漢字を書いて右側の変換候補の一覧に「高」が表示されたら、右クリックし、「異体字の挿入」にマウスポインタを合わせてください。その漢字の異体字がある場合は、候補が表示されるので、この方法を使ってもいいと思います。

入力例

タスクバーの「入力モードスイッチ」を右クリックし、「IMEパッド」をクリック。左のアイコンから「手書き」をクリックします。下のような画面が表示されてら、先程と同様にマウスで「高」という漢字を書き込む。

特殊な文字(旧字・異体字)を入力する

「高」が右側の一覧候補に表示されたら、「高」を右クリックし、「異体字の挿入」にマウスポインタを合わせます。異体字の候補がある場合は、候補の漢字が表示されるので、クリックすれば入力できます。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

さまざまな記号や単位、特殊文字、外国語を入力する

IMEパッドの文字一覧から入力する

キーボードに書かれていない、単位や記号などの特殊な文字を入力したいときは、「IMEパッド」の「文字一覧」を使ってみましょう。

世界各国の外国語表記、矢印、通貨記号、数学記号など、さまざまなな特殊文字を「文字カテゴリ」から選択して入力することができます。また、簡単な記号であれば、「かっこ」と入力して変換と『』【】《》()などのカッコ記号を入力できます。他にも、

「まる」→「◯◎●?」、「しかく」→「■□◆◇」、「ほし」→「★☆*※」
「やじるし」→「→↑←↓」、「おんぷ」→「♪?」

なども入力できるので、記号を読みで入力し、変換しできるかどうかいろいろ試してみてください。

文字一覧の使い方

タスクバーより、IMEパッドを表示させ、左のアイコンから「文字一覧」のアイコン(上から2番目)をクリックします。

文字一覧の使い方

「文字カテゴリ」の一覧にさまざまな外国語や記号などがあるので、使いたいカテゴリをクリックし、右側に表示された文字から入力したいものをクリックしてください。

IMEパッドの文字一覧/基本ラテン文字

IMEパッドの文字一覧/数学記号

IMEパッドの文字一覧/ハングル文字

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

住所を簡単に入力する

郵便番号を変換すると住所が入力できる!?

住所の入力って意外と面倒なものですよね。住所には、読みづらい地名が含まれていることが多く、正しい読みを入力しないと変換候補に出てこないので、いちいち読みを調べたり、一文字ずつ入力したり・・・とやっていると手間がかかりすぎてしまいます。

そこで活用したいのが、郵便番号から住所を入力する方法です。この機能はWindowsの初期設定で有効になっていて、郵便番号を入力して変換すれば、該当住所が変換候補に表示され、簡単に入力できるのです。

入力事例

メモ帳などを開いて、そこに郵便番号を入力して変換してみましょう。変換候補に該当住所が表示されます。

郵便番号から住所を入力する方法

郵便番号から住所を入力する方法

機能が無効になっている場合

郵便番号を入力しても変換候補に住所が表示されない場合は、この機能が無効になっていると思われます。その場合は、タスクバーの「入力モードスイッチ」を右クリックし、「プロパティ」をクリック。

機能が無効になっている場合の設定方法

下の画面で「詳細設定」をクリック。

機能が無効になっている場合の設定方法

「辞書/学習」タブから「システム辞書」欄の「郵便番号辞書」にチェックを入れて「OK」をクリックしてください。

機能が無効になっている場合の設定方法

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

インターネットから取得した最新単語を使う

日本語入力ソフトの「クラウド候補」を利用する

Windwos10の日本語入力ソフト「MS-IME」は、豊富な単語が用意されていて、正確な予測変換ができますが、標準のままだと新語や人物名などは候補に表示されません。

そこで、インターネット上から最新単語を自動収集して候補に表示しれくれる「クラウド候補」を有効にしてましょう。「クラウド候補」を有効にして使えば、有名人の名前、最近の流行語、会社名、書籍名など、検索候補の数が大幅に増えて、文字入力が大幅に楽になります。

クラウド候補を有効にする方法

先程の郵便番号の設定で表示した、IMEの詳細設定画面で、「予測入力」タブを開き、「予測入力を使用する」「クラウド候補を使用する」にチェックを入れてください。

クラウド候補

すると、ネットの情報から検索候補が表示されるようになります。クラウド候補の場合、予測変換の右側に水色の雲マークが表示されます。

クラウド候補

クラウド候補を利用するときの注意点

マイクロソフトの検索エンジン「Bing」が保存している大量な用語データにインターネット経由でアクセスし、候補を表示する仕組みです。入力中のテキストは暗号化されて送信されているため、プライバシー情報が洩れる心配はありません。

ただし、クラウド候補を利用するためにはパソコンがインターネットに接続していることが必須です。さらに、普段の変換と比べると、若干もたつく感じも出てしまうので必要な場合のみ利用するようにしましょう。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

IMEが使えない時は

まれにエラーによってIMEが使えなくなってしまうことがあります。以下の記事も併せてご参考ください。

「IMEが無効です」とエラーメッセージが出たときの対応方法6つ
文字入力ができない「IMEが無効です」の解決方法をご紹介いたします。できるだけ少ない手順で、難しい操作がない直し方のみを、画像付きでわかりやすく解説しています。繰り返すIMEの不具合に有効な対応方法についても言及しています。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

まとめ

IMEについてまとめました。使いこなせると便利なツールですので上手く使いこなしてください。

Windows10に関する基本的な関連記事

Windowsの基本的な要素(キーワード)について以下の記事もご参考ください。

Windows10デスクトップの基本操作と設定の方法まとめ
Windows10での基本画面である「デスクトップ」は、従来のWindowsとほとんど同じですが、タスクバーの機能やアクションセンターなどが大きく異なります。最初は使いづらく感じてしまう人もいるかもしれませんが、このページを参考にしながら新しいデスクトップに慣れてください。
Windows10の基本操作:エクスプローラーの見方、使い方
エクスプローラーとは、ファイラーと呼ばれる種類のプログラムです。ファイルを開く、コピーする、削除するなどの操作ができる重要なものだけに、使い方はしっかり覚えておきたいものです。 デスクトップの基本的な要素(キーワード)について知りたい方は以...
Windowsのバージョン、エディションを確認する方法
PCを修理に出す時、トラブル解決の時など、様々なシーンでWindows PCのバージョン、エディションを知っておくと便利です。この記事ではWindows PCのバージョンとエディションとは何か解説し、PCからこれらを確認する方法をまとめています。
Windows 32bitと62bitの違いと確認方法
自分のPCのバージョン、エディションを調べた時に、bitという表記があることに気づいた人はいますか?今回はこのbitの意味や定義などについて解説をしています。ただの単位だと捉えてるよりも、意味を把握しておいた方がよりPCの理解が深まるはずです。
Windows10 HomeとProの違いについて
Windows10にはHome,Pro,Enterprise,Education,Sなどのエディションが用意されています。 今回解説するHomeとProは家電屋さんなどの量販店やメーカー直販サイトでも購入できるので、割と身近に感じることがで...

Windows10の便利な使い方

Windows10の便利な使い方については以下の記事もご参考ください。

Windowsでコントロールパネルを開く方法
2022年3月、Windows11でコントロールパネルを開く方法を追記しました。 Windows10になり、よく使うコントロールパネルがすぐに開けなくなったり、方法がわからないという人がよくいます。 そんな人のためにコントロールパネルのわか...
Windows10でスクリーンショットを取る4つの方法と保存方法
Windows10には、画面上のスクリーンショットを取る機能が複数用意されています。画面全体か一部の画像が撮りたいのか、その後加工をするかなど用途によって使用する方法を変えるといいでしょう。
Windowsパソコンの画面を動画で簡単に録画したい時の操作方法
PCで動画を鑑賞する人は多くいると思いますが、動画で気になった内容をサッと録画しようとしたいと思っても、すぐに通り過ぎてしまい機会を失くしていた人も多いのでないでしょうか。今回の記事はそんなチャンスをも逃さないためにサッとすぐにできる操作なので、簡単です。ぜひ覚えておいてください。
Windowsでタッチパッドを使いこなす!マウスがなくても便利なタッチジェスチャー
この記事ではWindowsでのタッチパッド(トラックパッド)操作の基本から、操作に慣れるコツまでを図解入りで解説します。3本・4本指のマルチジェスチャを使えばマウスでもできない操作が可能です。タッチパッドの設定変更方法もご紹介しています。

Windowsのカスタマイズ関連記事

他にもWindowsを自分好みにカスタマイズすることが可能です。以下の記事もご参考ください。

Windows10のスタートメニューをカスタマイズする方法
Windows10のスタートボタンを押したときに表示される画面、自分好みに設定を変更することが出来ます。このページではスタートメニューをカスタマイズする方法をまとめました。ご参考ください。 デスクトップの基本的な要素(キーワード)について知...
Windows10で自分好みのデスクトップにカスタマイズする方法
Windows10のデスクトップを自分好みの便利で使いやすい画面にカスタマイズするための設定方法を色々とご紹介しています。ご参考ください。 デスクトップの基本的な要素(キーワード)について知りたい方はまずは以下の記事をご参考ください。デスク...
Windows10でタスクバーにピン留めをする方法
タスクバー、ピン留めというがよくわからない人もいると思うので詳しく解説しました。PCを起動しデスクトップ画面を表示したときから下の方にあるタスクバーによく使うアイコンが表示されていたらとても便利ですね。是非ピン留め機能を使ってくださいね。
Windows10でのクイック起動(Quick Launch)の設定方法
忙しくPCで作業をする人にとってソフトなどを「すぐに起動できる」ということは作業の時間を短縮させ、オフィスでも必要とされることかと思います。クイックlaunchはあまり知られていないかもしれませんが、便利で目的の作業をしやすいので、ぜひ取り入れてみてください。
Windows10基本操作:スリープ状態になる時間を変更する|電源の設定
Windows10を使っていて特にノートパソコンで「パソコンがスリープ状態になるのが早すぎる!!」と感じている方はいませんか?パソコンへの操作が行われずに一定時間が経過すると、パソコンは自動的に「スリープ状態」に入り、画面が真っ暗になります...
Windows10 ショートカットの作り方 4つの方法
Windows10ではショートカットを4つの方法で作成することが出来ます。ショートカットの作成方法を知り、アクセスする時間を短縮し作業の効率を上げてください。
WindowsのDドライブ、Eドライブ(ドライブレターの割り当て)を変更する方法
何かの操作方法を調べている時に「ドライブレターの変更」が出てくることがあります。意味がわからなくても操作はできるかもしれませんが、少しでもわかることがあるともっと難易度が高い操作が必要になった時に、対応できることがあります。是非学んでいってください。
Windows 10の文字コード(システムロケール)をUTF-8に変更する方法
WindowsのシステムロケールをShift-JISからUTF-8に変更する方法について、図解入りで解説します。「メモ帳」アプリ既定の文字コードがUTF-8に試用変更されたため、システムロケールを変更しない場合には文字化けが起こります。
Windows 10でDVDを再生する方法まとめ
Windows7まではDVD再生アプリが標準搭載されていたのに、Windows10からは標準搭載でなくなりました。DVDを見たいのに困っていた人はこの記事を参照してください。無料で視聴できる方法もご紹介していますよ。
Windows10でいつも使うソフトをスタートアップに登録。自動起動する方法
スタートアップとは、PCの電源を入れたときに一緒にアプリが起動することです。 立ち上げと共に何をまずはじめに確認したいかは人それぞれですが、よく使うメールソフトであったり、その日やるべきことなどが示されると便利ですね。 ではその設定方法を見...
windowsの起動が遅い!スタートアップを速くする5つの方法
パソコンを起動しWindowsが立ち上がった後自動的に開くソフト。自動的に開く必要のないアプリについては、無効にして起動させないようにしておくと起動は速くなるし都度閉じる手間が省けます。5種類の設定方法を画像付きで説明します。
Windows10の「高速スタートアップ」機能を無効にする設定方法【PC不具合を回避】
Windows8から、パソコンの起動やシャットダウンの時間を速くする「高速スタートアップ」機能というものがデフォルトで設定されています。ただ、この機能を有効にしておくことで、様々な不具合も報告されています。今回は、「高速スタートアップ」機能...
Windows10でWindowsUpdateを先延ばしする方法(※停止は出来ません)
Windows10ではWindows Updateが強制的に行われ、非公式で無効化するのにいろいろなやり方がありましたが全ていたちごっこでした。ですがWindows 10 May 2019 Update(バージョン1903)以降は公式にWi...

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

どうしてもうまくいかない時は

インターネットで検索して色々な方法を試してみたけどうまくいかない…

うまくいかない人

とげおネットまで
お気軽にご相談ください!!

電話・メールフォームから
お問い合わせください!
▼ ▼ ▼

とげおネットでは
出張サポートにて
お力になれます!