当サイトではアフィリエイト・アドセンス広告を掲載しています

Windows Update自動更新を無効化・停止して手動更新にする方法

パソコントラブル出張相談受付中! TEL:050-6877-6115

時間外はフォームから!

【Windows10】Windows Updateの自動更新を停止して、手動更新にする方法

2022年現在、Windows10では会社組織などでWindows Updateを制御(WSUS機能:Windows Server Update Services)する場合を除きWindows Updateを停止することが基本的にできなくなっています。

※WSUSを導入していない場合、Home版、Pro版ともに手動で延期をしたり一時的に更新しないことは可能です。詳しくは以下のページをご参考ください。

Windows10でWindowsUpdateを先延ばしする方法(※停止は出来ません)
Windows10ではWindows Updateが強制的に行われ、非公式で無効化するのにいろいろなやり方がありましたが全ていたちごっこでした。ですがWindows 10 May 2019 Update(バージョン1903)以降は公式にWi...
【Windows10】Windows Updateを更新しないでシャットダウン・再起動する方法
Windows10では、更新が一旦定義されてしまうと、「更新してシャットダウン/更新して再起動」という項目しか表示されません。「素直に更新すればいいのでは?」と思われるかもしれませんが、Windows Updateによるトラブルは多発してい...
WindowsUpdateを管理したい!WSUSという選択
企業や組織がWindowsUpdateを適用するうえで注意すべき点を解決する方法にWSUSの導入があります。しかしWSUSの運用にも注意点があるため、WSUSの実用に基づいた情報を紹介しています。

Windows10では、Windows Updateの半強制的な自動更新により、時に様々な不具合が起こることがあります。先日も大規模なアップデートがあり、Officeソフトや、動画視聴ソフト、Bluethooth、Wi-Fiまわりで不具合が起こったようです。

このような事態を防ぐために、Windows Updateの自動更新を停止して、自分のタイミングで手動更新したいと思う方も多いのではないでしょうか。今回は「5分で終わる」簡単な方法をご紹介させていただきます。Home版をお使いの方はこちらのページをご覧ください。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

モバイル用
Video広告

【Pro版/Home版 共通】Windows Update Blockerを使う

【Pro版/Home版 共通】Windows Update Blockerを使う
現在、Windows10のアップデートを確実に止める方法として1番効果があるのは「Windows Update Blocker」という専用ソフトを使うことです。ボタンひとつで簡単に設定ができてしまう超便利なツールなので是非導入してください。
インストール方法や使い方については下のリンクページで詳しく解説しております。

Windows10 Homeでアップデートの自動更新を完全に停止/無効化し手動更新にする方法
2022年現在、Windows10では会社組織などでWindows Updateを制御(WSUS機能:Windows Server Update Services)する場合を除きWindows Updateを停止することが基本的にできなくな...

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

【Pro版】Windows10 Updateを「手動更新」にする

まずは、「自動更新」になっているWindows Updateの設定を「手動更新」に変更しましょう。2つの設定をするだけで、自動更新を止めることができます。Home版の方はこちらのページで解説しています。

設定1:Windows PowerShellで自動更新を無効化する

Windowsのデスクトップ画面で「スタート」ボタンを四角で囲んでいる
まず、管理者で「Windows PowerShell」を起動します。スタートボタンを右クリックしてください。

Windowsのスタート画面で「Windows PowerShell(管理者)(A)」ボタンを四角で囲んでいる
表示された項目の中から、「Windows PowerShell(管理者)(A)」を選びます。

Windows PowerShell画面
Windows PowerShellが起動します。

Windows PowerShell画面
赤枠に下記の文字列をコピーして貼り付け(Ctrl + V)てください。最後に「Enter」キー押してください。

■貼り付ける文字列■(※必ずコピーしてください)

reg add “HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\AU” /v “NoAutoUpdate” /d “1” /t REG_DWORD /f

Windows PowerShell画面で操作完了の文言を四角で囲んでいる
これで、1つ目の設定は完了となります。

自動更新を元に戻す(有効にする)場合はこちらの文字列を使ってください

reg add “HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\AU” /v “NoAutoUpdate” /d “0” /t REG_DWORD /f

Windows7の場合

Windows7の場合は上記の文字列を入れてもエラーが起こります。
Windows7のコマンドプロンプト画面でエラーの文言を四角で囲んでいる

自動更新を手動更新にする方法(Windows7編)

Windowsのスタート画面で「コントロールパネル」ボタンを四角で囲んでいる
スタートボタンから「コントロールパネル」を開きます。

Windowsのコントロールパネル画面で「システムとセキュリティ」ボタンを四角で囲んでいる
表示方法を「カテゴリ」にして、画面左上の「システムとセキュリティ」をクリックします。

Windowsのコントロールパネル画面で「Windows Update」ボタンを四角で囲んでいる
次に、「Windows Update」をクリックします。

Windowsのコントロールパネル画面で「設定の変更」ボタンを四角で囲んでいる
設定の変更」をクリックします。

Windowsのコントロールパネル画面で「更新プログラムを確認するが、ダウンロードとインストールを行うかどうかは選択する」の文言を四角で囲んでいる
更新方法が選択できるので、「更新プログラムを確認するが、ダウンロードとインストールを行うかどうかは選択する」を選んでOKボタンを押してください。これで設定完了となります。

設定2:サービス設定で自動更新を手動更新にする

Windowsのスタート画面で「services.msc」ボタンを四角で囲んでいる

スタート画面の検索窓に「services.msc」と打ち込んで、「Enter」キーを押します。

Windowsのサービス画面で「Windows Update」ボタンを四角で囲んでいる

サービスの画面が開いたら、項目から「Windows Update」を選んでダブルクリックします。

Windows Update画面で「手動」ボタンを四角で囲んでいる

設定画面にて、スタートアップの種類を「手動」に変更し、「OK」ボタンを押して設定完了です。これで、今後Windows Updateが自動更新されることはありません。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

【Home版】Windows10 Updateを「手動更新」にする方法

2018年12月:更新 最新の方法はこちらのページで解説してます。

Windows10 Homeでアップデートの自動更新を完全に停止/無効化し手動更新にする方法
2022年現在、Windows10では会社組織などでWindows Updateを制御(WSUS機能:Windows Server Update Services)する場合を除きWindows Updateを停止することが基本的にできなくな...

Windows10 Home版では「OS側で設定する方法」と、「専用のツールを使ってWindows10アップデートの自動更新を無効化・手動更新へ切り替える方法」の2つのやり方があります。まず簡単なOSでの設定を行ってみましょう。

設定1:OS側での設定方法

Windowsのスタート画面で「電源オプション」ボタンを四角で囲んでいる
スタートボタン上で右クリックをし、表示された項目の中から「電源オプション」をクリック。

Windowsの電源オプション画面で「電源ボタンの動作の選択」ボタンを四角で囲んでいる
電源ボタンの動作の選択」をクリック。

Windowsの電源オプション画面で「現在利用可能ではない設定を変更します」ボタンを四角で囲んでいる
現在利用可能ではない設定を変更します」をクリック。

Windowsの電源オプション画面でチェックボックスを四角で囲んでいる
シャットダウン設定」の項目が変更可能になります。「高速スタートアップを有効にする(推奨)」のチェックを外して変更を保存してください。

Windowsのスタート画面で「サービス」ボタンを四角で囲んでいる
スタート」ボタン→「Windows 管理ツール」→「サービス

Windowsのサービス画面で「Windows Update」ボタンを四角で囲んでいる
Windows Update」の項目を選択し、ダブルクリックしてください。

Windows Update画面で「手動」ボタンを四角で囲んでいる
スタートアップの種類の選択項目から、「手動」を選択し、OKボタンを押して設定完了です。

設定2:ツールでの設定方法(ツールのダウンロードと設定)

・ツールのダウンロード
Windows10 設定変更ツール WinUpdateSettings
対応OS Windows10 Pro/Home専用(64ビット/32ビット)
簡単な使い方

Windowsファイル画面で「WinUpdateSettings」ボタンを四角で囲んでいる
ダウンロードしたファイルを展開すると、このようなファイルが入っています。一番下のアイコンをダブルクリックして、ツールを起動させてください。

WinUpdateSettings画面
ツールを起動すると、このような設定画面が表示されます。

WinUpdateSettings画面で「更新プログラムを確認しない(非推奨)」ボタンと「設定を変更」ボタンを四角で囲んでいる
設定画面左上の部分の、「更新プログラムを確認しない(非推奨)」を選択し、「設定を変更」するを押します。

WinUpdateSettingsの設定変更完了画面
上図のようなメッセージが表示されました。「OK」ボタンを押し、パソコンを再起動すれば設定完了です。

設定3:より細かいツールでの設定方法

こちらの設定では、先程より「Windows10アップデート」をより細かく制御することが可能です。

Windows Update画面で「WinUpdateManagerをタスクスケジューラに追加(起動時に実行)」ボタンと「登録されたWinUpdateManagerを直ちに実行」ボタンを四角で囲んでいる
最初に、設定画面、左下の「WinUpdateManagerをタスクスケジューラに追加(起動時に実行)」ボタンを押します。続いて、その下にある「登録されたWinUpdateManagerを直ちに実行」ボタンを押します。タスクバー右側の「」ボタンを押して、アイコンを表示させ、その中から上図にて赤く囲ったアイコンをダブルクリック(もしくは、右クリックしてメニューを表示させ設定を選択)してください。

Windows Update画面で曜日のチェックボックスを四角で囲んでいる
何やら難しそうな画面が表示されますが、とても簡単です。まず、曜日ごとに「Windows Updateが実行されてもいい時間」をチェックボックスで指定します。ここでは、土曜日は実行可能としました。手動で更新したい時は、画面右上にある「Windows Updateを手動で開始」ボタン使います。設定が完了したら、最後に「変更」ボタンを押してください。

Windows Update画面で「WinUpdateManagerをタスクスケジューラから削除」ボタンを四角で囲んでいる
設定を解除したい時は、「WinUpdateManagerをタスクスケジューラから削除」ボタンを押せば完了です。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

【Pro版・Home版 共通】Windows10 アップデートを手動で更新する手順

当たり前ですが、手動更新に設定したら、今後は自分で更新しない限りWindows Updateは更新されません。ここで、手動更新のやり方を解説しますので、必ず月に1回はアップデートを行うようにしましょう。

Windowsの設定画面で「更新とセキュリティ」ボタンを四角で囲んでいる

まず、「設定」「更新とセキュリティ」とクリックしていきます。

Windowsの設定画面で「Windows Update」ボタンを四角で囲んでいる

次に「Windows Update」をクリックします。

Windows設定のWindows Update画面で「更新プログラムをチェック」ボタンを四角で囲んでいる

この画面で「更新プログラムをチェック」を押してください。更新プログラムを確認後にWindows Updateがスタートします。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

どうしても上手くいかない時は

インターネットで検索して色々な方法を試してみたけどうまくいかない…

うまくいかない人

とげおネットまで
お気軽にご相談ください!!

電話・メールフォームから
お問い合わせください!
▼ ▼ ▼

とげおネットでは
出張サポートにて
お力になれます!

 

パソコントラブル出張相談受付中! TEL:050-6877-6115

時間外はフォームから!

インターネットで検索して色々な方法を試してみたけど上手くいかない場合はとげおネットまでお気軽にご相談ください。出張サポートにてお力になることが可能です。

    お問い合わせいただくにあたってPrivacy Policyの確認と同意をお願い致します。 

    お問い合わせいただいた内容に関しまして社内で確認の上、担当者から連絡させていただきます。連絡までお待ちいただければ幸いです。

    まとめ

    Windows Updateの自動更新の停止に関しては、様々な手法がネット上に公開されていますが、どれも手順が複雑で難しいものばかりでした。こちらの方法であれば、どなたでも簡単に設定できますし、私のPCはこの方法でずっと自動更新は回避できております。

    自動更新は確かに厄介なものではありますが、それでも必ずやらなければいけないモノなので、神経質になり過ぎず、ご自分のタイミングで結構ですので、毎月行うようにしましょう。

    関連記事

    【Windows10 Fall Creators Update】変更点とアップデート後の不具合を防ぐ方法
    Microsoftは、9月1日に次期大型アップデートWindows10 Fall Creators Update を2017年10月17日より配信すると発表しました。 今回のアップデートではどのような変更点があるのか確認していきます。更に、...
    Outlookで起こる不具合の解決方法まとめ【Windows Update / Windows10】
    アウトルックはとても便利なツールですが時に様々な不具合が起こることがあります。このページを参考に対応してみてください。

    土日祝日受付可能

    電話 05068776155受付可能時間9:00~23:00

    受付可能時間9:00~23:00 土日祝日受付可能

    24時間受付WEBから相談する24時間受付WEBから相談する