Outlookでインターネットセキュリティ警告、対象のプリンシパル名が間違っています。と表示されるときの対応方法

outlook 2013,2016,2019で、つぎのようなインターネットセキュリティ警告が表示されたことがありませんか。

この記事では、インターネットセキュリティ警告がどんな時に表示されるのか。またその警告が出る仕組みについて、解説いたします。

パソコン修理、パソコンサポート、データ修復、ITサポートをお探しなら【株式会社とげおネット】

インターネットセキュリティ警告

 

インターネットセキュリティ警告

対象のプリンシパル名が間違っています。

接続しているサーバは、確認出来ないセキュリティ証明書を使用しています。

このサーバーの使用を続けますか?

 

一昔前までは暗号化せずにメールの送受信をしていたのが主流でした。もしかしたら今でも多いかもしれません。

暗号化しないで送受信するように設定し直せばエラーは消えますが、HTTP通信の件でもGoogle ChromeやFirefoxでは警告文「保護されていない通信」が表示される時代になりました。

メールの送受信でも暗号化しましょう。

でも暗号化設定はおすすめですが、適当に設定するとこの警告が出ます。

この警告が表示されるのは、SSL証明書の仕組みが関係しています。

~~SSL証明書の仕組みの簡単な説明~~

POP3、SMTP、IMAPでサーバを指定するときのサーバ名とSSL証明書で設定されたサーバ名が食い違ってるとエラー出ます。食い違う部分を修正し、再設定しましょう。

1.SMTP、POP3、IMAPってなに?

SMTP

SMTPは「Simple Mail Transfer Protocol(シンプル・メール・トランスファー・プロトコル)」の略です。

SMTPは、メール送信者が送ったメールを受信者のメールサーバまで届ける役割を持っています。

 

POP3

POPは「Post Office Protocol(ポスト・オフィス・プロトコル)」を略したものです。

POPはメールを受信する際に必要となるサーバです。

POPサーバはメールサーバに保存されたメールを、受信者のパソコンへダウンロードします。

POPは、メールをダウンロードするとサーバから消えます。

 

IMAP

IMAPは「Internet Message Access Protocol(インターネット・メッセージ・アクセス・プロトコル)」を略したものです。

POPと同様に、メールを受信する際に必要となるサーバです。

IMAPはサーバ上のメールを閲覧でき、メールをダウンロードする必要がありません。

パソコンのような大容量のデータ保存量を持っていないスマートフォンは、IMAPサーバと相性がいいのでメールソフトとして設定されることが多いです。

POPとは違いIMAPは、メール本体がサーバに残っています。

 

サーバの特徴まとめ

SMTPPOPIMAP
サーバの役割メール送信に必要なサーバメール受信に必要なサーバメール受信に必要なサーバ
メールの送受信方法宛先のメールサーバにメールを送信するパソコンなどへメールをダウンロードするメールのキャッシュをダウンロードする
受信時のメールの扱いダウンロードすると、メールは消えるメール本体はサーバに残る
機器のサーバ設定パソコン・スマホパソコン向きスマホ向き

2.SSL証明書は何を保証しているの?

SSL証明書は以下の2つの機能を保証しています。

サイトの実在証明サイバートラストが信頼される第三者機関として以下の事を証明する。

1.サイトの運営組織が実在する

2.ドメイン名の使用権がある

SSL暗号化通信ブラウザとサーバ間で暗号化した通信をやりとりし、個人情報などが第三者に盗み見られないようにする。

個人情報が漏洩しないように暗号化通信をする必要があるのは分かりますが、サイトの実在証明が何故必要なのかと疑問に思う方がいるかもしれません。

次のSSL証明書ってなぜ必要なの?で説明いたします。

3.SSL証明書ってなぜ必要なの?

サイトの実在証明が必要な理由は、悪意をもったサイト運営者に情報が漏洩される可能性があります。

SSL証明書は、信頼される認証局がサイトを審査し、サイトの実在性を保証する証明書なのです。さらに暗号化通信も保証しているので、顧客にとって安心してサイトを利用できます。

4.再設定方法

POP3、SMTP、IMAPでサーバを指定するときのサーバ名とSSL証明書で設定されたサーバ名が食い違ってるときにサーバ名を再設定する方法を以下にまとめました。

 

まずエラーが表示されたら、証明書を確認し正しいサーバ名に再設定する必要があります

手順1.証明書の表示をクリックする

証明書の表示

 

手順2.発行先を確認し、画面を閉じる

outlook11_4

 

手順3.スタートボタンを押して、検索から「コントロールパネル」を検索する

 

手順4.「コントロールパネル」を起動する

OUTLOOK1

 

手順5.コントロールパネルの「ユーザーアカウント」を選択する

OUTLOOK2

 

手順6.ユーザーアカウント画面の「Mail(Microsoft Outlook 2016)(32ビット)」を選択する

OUTLOOK3

 

手順7.メール設定の「電子メールアカウント」を選択します

OUTLOOK4

 

手順8.メールアドレスを選択し、「修復」をクリックします

outlook11

 

手順9.アカウントの修復で「自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定)」をクリックし、次へ進みます

outlook11_2

 

手順10.サーバ情報に証明書で確認したサーバ名を入力し、次へをクリックします

OUTLOOK11_3

※お使いのメールサーバのマニュアルを読んでみると「このサーバ名を指定してください」という記述があることも多いです。修正の際は一度マニュアルをご覧になることをお勧めします。

▼関連記事

Outlookでメールの暗号化(SSL/TSL)設定を確認する方法
Outlookでメールの暗号化がちゃんと設定されているか確認する方法を解説しています。【パソコンサポート|株式会社とげおネット】03-6869-0595

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。outlookのメールサーバ設定方法は、複雑です。 自力で設定するのが難しいという方は、とげおネットまでお問い合わせください。

コメント