USBの規格(2.0/3.0/3.1/3.2)と速度、形状(Type-C,A,B)

USBはあまりに普及していて、ご存知だとは思いますが、小さくて持ち運びしやすい記憶媒体です。記憶媒体といえばHDDなど様々な機器がありますが、USBは手軽で安価なので人気です。
普段なにげなく使っているUSBメモリにも種類があることをご存知でしたか?今回はUSBメモリの種類やUSBコネクタの形状について解説していきます。USBの知識を得ることで、手軽で簡単な記憶媒体としてだけでなく、いつもよりもっと用途に合った使い方をして、適切なUSBを選んでいけたらよいと思います。

USBの差込口のことをUSBコネクターを言います。
パソコン修理、パソコンサポート、データ修復、ITサポートをお探しなら【株式会社とげおネット】

USBの特徴は?

PCに接続する機器はUSB以外にも記憶媒体であるHDDやSSD、マウス、キーボードなど様々な機器があります。USBの便利な点をあげていきます。

ホットプラグ機能

ホットプラグ機能とは電源を入れたままの状態のPCなどの機器に直接接続することができる機能のことです。接続すれば自動的にPCがUSBを認識し、デバイスシステムに組み込み必要な設定などを自動的に行ってくれます。とても便利で、だからこそ私たちが手軽に身近にUSBを取り出しすぐに利用できることがわかります。

USBハブで複数台接続できる

USBの差込口を増やせるUSBハブを使うと、複数の機器を接続できる便利な点があります。

互換性がある

下の記述ではUSBの種類をご紹介していますが、PCがUSB規格に対応している場合は、下のどの規格についても互換性があるということが特徴的で便利な点です。

PCがUSBの初期の方の1.1にしか対応していない場合は、USB3.0を接続しても速度USB1.1の12Mbpsしか出ません。
しかし最近の新しいPCを購入した場合は、最新のUSBコネクタに対応している場合が多いので、そういったケースは稀だと思っておいてよいでしょう。
補足
USBメモリのおかげで、PCに接続するマウス、キーボードなどの周辺機器の接続口もUSBポートに統一され、互換性が保たれ便利さが増したといえます。

USBの種類は?

USBには1.0、2.0など種類があることをご存知でしょうか。この数字が上がってくることでだんだんとUSBは進化してきていきます。
ではその経緯を見ていきましょう。

1998/1 USB1.1が発表 初期のUSB1.0から初めて進化をしたUSB1.1が発表されます。転送速度は12Mbpsとなります。

2000/4 USB2.0が発表  転送速度は480Mbpsと40倍へと進化します。
2008/11 USB3.0が発表 転送速度は5Gbpsと10倍速くなります。
2013/7 USB3.1が発表 転送速度は10Gbps
2017/9 USB3.2が発表 転送速度は20Gbps

とここまで進化を遂げています。

外観だけではなかなか識別しにくいかもしれませんが、USB3.0以降はUSBの先の差込口であるコネクター部分の内側が青いという特徴があります。

USBコネクターの種類

PCで使用するUSBメモリの差込口はほとんど統一されていますが、USBメモリ以外にもPC周辺機器など接続する機器の中にはUSBコネクタに接続する機器があります。

USBコネクタの形状の種類

USB Type-A・・・PCに接続して使えるUSBメモリの標準的な差込口です。ほとんどのPCに搭載されているUSBコネクターの形状です。

USB Type-B・・・スキャナー、プリンタなどで使用されているTypeA、Cよりも四角い形状のUSBコネクタ

Mini-USB Type-B・・・USBコネクタのminiバージョンでデジタルカメラなどに使用されているUSBコネクタの形状です。普及率は下がってきているのが現状です。

Micro USB2.0 Type-B,Micro USB3.0 Type-B・・・Mini USBがさらに小さくなりandroidスマホやタブレットに使用されているのがMicro USB Type-Bです。Mini-USB Type-Bよりも丈夫で耐久性があるということで、USB Type-Aについで広く普及しているTypeです。


USB Type-C・・・一部のAndroidスマートフォン、タブレット、一部の最新ノートPC、MacBookでも使用されている形状です。細長い楕円の形状をしています。今までのUSBコネクタと異なり、上下の区別がないデザインとなっており、どちら側でも差し込める便利な形状が特徴です。

USBに寿命はあるのか

USBにデータを保存すればとりあえずはOKという心持ちになるかもしれませんが、データを保存できるのは永久ではありません。データは短いと1年程度と意外と短い期間しか保存はできないため、保存したデータを永久に保存した場合はUSBだけに保存するのは危険です。あくまで一時期保存できる媒体として認識しておいた方がベストです。

またデータを読み込んだり、新たに保存することが数年間ないUSBは、保存したデータが消えやすくなってしまうという特徴があるため、残したいデータが入っているUSBほど稼働させておいた方がよいとも言えます。

一般的にはUSBメモリの寿命は1~2年と言われています。平均で3年程度です。しかし品質がよく長持ちするUSBメモリは10年程度持つ機器もあると言われています。

色々なUSBメモリのタイプ

一口にUSBメモリといっても、形や外見が似ていても中身が全く違う機能の製品もあります。多様化しているUSBメモリの種類についてご紹介していきます。

スタンダードタイプ

一般的なデータを読み込み、書き込みをし保存するタイプのUSBメモリです。形状には色々とユニークなものも発売されており、主に以下のような形状があります。

・スライド式
・キャップ式
・ノック式
・回転式

スマホ、タブレット、PCデータ共有タイプ

差し込むだけでスマホ、タブレット、PC間でデータを共有できるので、とても便利です。

セキュリティ対策もできるタイプ

セキュリティ機能を高めたUSB も数多く出てきています。

・ウィルス対策機能が備わったUSB
登録していないPCに差し込むとPWの入力を要請するUSB

・データを暗号化し保存するUSB
特にビジネスでUSBメモリを利用する時は、セキュリティ機能を高め、データを守ることが必須となってきます。セキュリティ機能が組み込まれているUSBを使用することが会社のデータを守る手段ともなってきます。

・指紋認証付きUSB
・パスワードロック機能付きUSB

・リカバリーUSB
リカバリー機能が組み込まれたUSBも存在します。初期化の記事でご紹介した「回復ドライブ」を作成する暇がない人は、元々リカバリー機能が組み込まれたUSBを購入しておくといざという時に備えられて便利ですね。

USBメモリの種類、規格、速さ、まとめ

USBは手軽に外出先でも使える記憶媒体ですが、特に法人で使用する時にはデータが盗まれたり、USBをなくしてしまった時でも、対応できるようにセキュリティ機能にこだわった製品を選べるともしもの時に安全です。そういったUSBメモリを選ぶことで、データの漏洩を防ぐ手段となります。
年々進化していく中で、様々なセキュリティ機能が備えられてきているので、各自適した製品を選んでいってくださいね。

コメント