当サイトではアフィリエイト・アドセンス広告を掲載しています

Word文書を簡単にPDFにしたい時に使う機能3選

パソコントラブル出張相談受付中! TEL:050-6877-6115

時間外はフォームから!

Wordの文書をPDFに変換してメールに添付しなければならない場合など、一体どうやって文書をPDFに変換すればよいのでしょうか。Office2010以降は割と簡単にPDF変換できるようになったので、方法を解説していきます。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

モバイル用
Video広告

WordからPDFへ変換する3種類の方法

一つ目にご紹介するのはWordを開いた時に上に表示される項目からPDFファイルとして保存する方法です。二つ目にご紹介するのは「エクスポート」からPDFファイルに変換する方法です。

「名前を付けて保存」から変換する方法

上に様々な操作項目が表示されている箇所を「リボン」と呼びますが、そのリボンから「ファイル」タブを選択してください。次に「名前を付けて保存」を選択すると、ダイアログボックスを表示します。
ダイアログボックスの中で、保存する名前を入力します。

名前を付けてPDFファイルとして保存

その下の欄に「ファイルの種類」という箇所があるので▼のプルダウンメニューから「PDF」を選択するとPDFファイルで保存することができます。
「ファイルの種類」を選択して保存

「エクスポート」からPDF変換する方法

「エクスポート」からPDF変換する方法1
まずはWordでPDF変換したい文書を表示させます。
リボンのファイルからエクスポートを選択します。「PDF/XPSの作成」という箇所をクリックします。
「エクスポート」からPDF変換する方法2「PDF/XPSの作成」
保存するためのウィンドウが表示されるので、同じように「ファイルの種類」がPDFになったことを確認します。
「発行」という箇所をクリックすればPDFファイルに変換ができています。

「エクスポート」からPDF変換する方法3「発行」

「エクスポート」からPDF変換する方法4
最後にプレビュー画面などで確かにPDFファイルに変換されていることを確認してください。

印刷から「Microsoft Print to PDF」を選択する

印刷の機能からプリンターや複合機を選ばずに「PDFに変換」する方法を選ぶこともできます。

印刷用のプリンタではなく「Microsoft Print to PDF」を選択して「印刷」ボタンを押下すると、保存先の選択画面が表示されますので保存先を選択すればPDFファイルが生成されます。

Microsoft Print to PDFでWordファイルをPDFとして保存

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

文書の一部だけをPDFに変えることもできます

先ほどまでご紹介したのはWordの文書全体をPDFファイルに変換したい場合の方法となりますが、場合によってはWord文書の一部分だけをPDFに変換したい場合もあるでしょう。

一部だけPDF化する方法

途中までは上で一つ目にご紹介した「名前を付けて保存」の変換方法と同じです。

まずは文書の中で変換したい部分をマウスで選択をしておきます。
同じようにリボンに表示されている「ファイル」タブをクリックします。「名前を付けて保存」を選択すると「名前を付けて保存」ダイアログボックスが表示されるので、先ほどと同じようにファイルの種類の箇所を「PDF]と選択をします。
そのあとにしたに表示されている「オプション」をクリックしてください。

一部だけPDF化する方法1

オプションの画面が表示されるので、選択範囲を入力すると、選択部分がPDF化されます。
一部だけPDF化する方法2

プレビュー画面が表示されるので、希望の範囲がPDF化されているか確認をして終了です。

Office2010以降は、Word、Excel、PowerPointのすべての作成ドキュメントがPDFで保存が可能となりました。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

どうしても上手くいかない時は

インターネットで検索して色々な方法を試してみたけどうまくいかない…

うまくいかない人

とげおネットまで
お気軽にご相談ください!!

電話・メールフォームから
お問い合わせください!
▼ ▼ ▼

とげおネットでは
出張サポートにて
お力になれます!

 

パソコントラブル出張相談受付中! TEL:050-6877-6115

時間外はフォームから!

インターネットで検索して色々な方法を試してみたけど上手くいかない場合はとげおネットまでお気軽にご相談ください。出張サポートにてお力になることが可能です。

    お問い合わせいただくにあたってPrivacy Policyの確認と同意をお願い致します。 

    お問い合わせいただいた内容に関しまして社内で確認の上、担当者から連絡させていただきます。連絡までお待ちいただければ幸いです。

    Word文書をPDFに変換、まとめ

    いかがでしょうか。Word文書からPDFに変換することなど「すぐにできる」と思いがちな操作ですが、いざ変換しようとするとやり方がわからないとちっとも進まないこともあります。そういった細々とした操作は一度でもきちんと操作してみると覚えていけるものなので、偶然ではなくこのブログのようなマニュアルを見て一度やってみてください。何度か繰り返していくうちに体得していけると思います。

    Wordの基本的な使い方

    Wordで素敵な縦書き文章を作成する3つの方法と微調整の仕方
    Wordの文書を縦書きにする方法についてまとめました。縦書きにしても見やすさを意識して、美しい文書に仕上げてください。単行本のように印刷したい時や、新聞のような表記にしたい時に縦書きにすると雰囲気が変わります。
    Word初級編 文書の立派な表紙の作り方
    Wordの文書で表紙ひとつを作るにも様々な操作が組み合わさってできています。それぞれ細かな小さい操作を積み重ねて立派な表紙を作れるようになってください。
    Word初級編 上と下の余白、ヘッダー、フッターの設定
    Word文書の上と下の空白をヘッダーとフッターと呼びページ数や日付など特別な内容を登録することが出来ます。ヘッダーフッターも活用して、目的に合ったよりよい文書を作成出来るようになりましょう。
    Word初級編 ふりがな(ルビ)の振り方
    振り仮名の表示が多い文書では、ただでさえごちゃごちゃとした印象になりがちなので、振り仮名の見やすさなども配慮した方がみやすく仕上げることができます。振り仮名に色を付ける方法などを活用して、すっきりとした見やすい文書に仕上げられるとよいです。
    Word初級編 素敵な罫線を引いて見栄えの良い文書の作り方
    Wordの罫線についてまとめました。上手く使うと文書が締まってみえたり、表記が分かりやすくなることがあります。ぜひ上手く利用する方法を覚えましょう。
    Word初級編 差し込み印刷の方法(文書編)
    差し込み印刷の機能は同じ内容で宛名の違う文書を大量に発行したい時には是非利用してみて欲しい機能です。基本ができていると年賀状を大量に印刷したい時などにも利用できるようになりますよ。
    Wordで簡単!素敵な目次&見出しを作る方法
    Wordで目次を作る方法を紹介します。目次を自動で作ることができる機能があります。見出しを設定して、目次を挿入するという簡単な操作方法です。見出しを整え目次を追加すると、圧倒的に読みやすさが向上しますのでマスターしましょう。
    Wordで思い通りの場所に狙ったとおりに図形や画像を挿入する方法
    Wordの文書の中に図形や画像を挿入するとレイアウトがぐちゃぐちゃに崩れてしまってイライラしてしまった経験をした人は多いと思います。ぜひ思い通りの場所に図形を挿入する方法を覚えましょう。
    Word印刷で変更履歴を削除、または表示しない方法
    Wordファイルの編集を共同で行う場合修正の履歴を残すことができますが印刷する時などは、きちんと修正の履歴やコメントを表示しないようにしてから提出する機会が多いと思われます。その方法をまとめました。
    Word 基本編、テキストボックスの作成方法
    wordの基本操作についてまとめていきました。今回は枠に入った文書を挿入するテキストボックスについてです。ひとつづつ操作を覚えていって、あっと驚くような文書を作成することができれば、スキルアップにつながっていきます。他にも文書作成の操作をご紹介していくので、併せてみてください。

    Wordトラブル関連記事

    Wordで「はがき印刷」がグレーアウトして選択できない・使えない時の解決方法
    先日、お客様から「Microsoft Officeの「Word2016」で、はがき印刷を使おうとすると、はがき印刷ウィザードが起動されません」というお問い合わせをいただきました。以下のURLに記載されている「はがき宛名面印刷ウィザード」のア...
    Wordで文頭がずれる、そろわない、そんな時にきれいに設定する方法
    文章を作成していて文頭がずれる、揃わない、そしてそろえようとしても全然うまく出来ずに改行や空白(スペース)でごまかす、そういった経験をしたことがある人は多いでしょう。実はWordにはきれいに設定する機能「インデント」が用意されています。
    Wordで余計ないらないページを削除する方法
    最後のページの文末の方にどうしても消えない改行のマークがあり削除しようと苦難したことがある人もいるのでないでしょうか.。もうこれからは言原因不明の空白ページに悩まされることはありません。表などの後に空白ができてしまい、いらない1ページができてしまった時はもうひとつの記事を参照くださいね。

    土日祝日受付可能

    電話 05068776155受付可能時間9:00~23:00

    受付可能時間9:00~23:00 土日祝日受付可能

    24時間受付WEBから相談する24時間受付WEBから相談する