当サイトではアフィリエイト・アドセンス広告を掲載しています

Word 基本編、テキストボックスの作成方法

パソコントラブル出張相談受付中! TEL:050-6877-6115

時間外はフォームから!

テキストボックスとは何かわかりますか?Wordの文書の文字列とは違い、自由なレイアウトで文字の入ったボックスを配置することができます。
テキストボックス自体が図形と同じ扱いになってくるので、図形と同じように色を付けたり、外の枠線を変更することができます。

図形の編集などについては以下の記事を参照してください。

Wordで思い通りの場所に狙ったとおりに図形や画像を挿入する方法
Wordの文書の中に図形や画像を挿入するとレイアウトがぐちゃぐちゃに崩れてしまってイライラしてしまった経験をした人は多いと思います。ぜひ思い通りの場所に図形を挿入する方法を覚えましょう。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

モバイル用
Video広告

テキストボックスの概要

特徴、便利な点

・テキストボックスをカラーにしたり、枠線を装飾変更することができる。
・文書の中に自由なレイアウトで配置ができる
・横書き、縦書き両方可能

テキストボックスを用いることで、文章の規則正しい羅列だけよりも、よりわかりやすく図解できることが便利な点です。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

テキストボックスの作成方法

基本的なテキストボックスの作成

word上部にある「挿入」タブをクリックします。
上の方にグループ化されているので「図」の中の「図形」をクリックしてください。

テキストボックスの作成1
図形の一覧の中から四角の中にA|||とテキストが書かれた「テキストボックス」を選択します。
横書き、縦書きをここで選択します。

テキストボックスの作成2文字列方向

選択すると十字マークが表示されるので、そのマークを対角線状に動かしてドラッグをするとテキストボックスが作成されます。
カーソルが点滅しているので、そこに文字を入力できることがわかります。

テキストボックスに色を付ける

上記と同じところから「図形」をクリックします。「書式」を選び「図形の塗りつぶし」か「図形の効果」の横にある矢印をクリックします。テキストボックスの作成3塗りつぶし

 

そして色やグラデーションを選択していきます。

テキストボックスの作成4色選択

ここで塗りつぶしをしたい色をクリックすると、テキストボックス内を希望の色で塗りつぶしたり色を変更できます。「グラデーション」を選択すると、テキストボックスの中をグラデーションにすることも可能です。

テキストボックスの外枠を装飾する

「図形のスタイル」から「図形の枠線」という箇所を選択します。

テキストボックスの作成5外枠

外枠の色などを選ぶことができます。赤に変更しました。

テキストボックスの作成6外枠

 

他に先に枠を作成しておいてから、後からテキストボックスで文字を入力する方法もあります。
以下の手順です。
①飾り枠をあらかじめインターネットからダウンロードしておきます。
②画像をWordに挿入します。
③最後にテキストボックスで文書を作成し、配置した外枠の内側のちょうどよい位置に挿入します。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

テキストボックスの配置方法

文字を入力しフォーマットを仕上げるところまでは上の説明でわかったと思いますが、ここから作成したフォーマットを好みの場所に移動させていきます。

ますはテキストボックスの真ん中にマウスを持っていき、クリックをするとカーソルが点滅します。
この状態ではまだ移動させることができないので、次にマウスを外枠に持っていくと、マウスポインターが十字になります。この状態になればドラッグをするとボックスごと移動することができるので、好みの場所に配置をします。

テキストボックスの作成7配置

マウスポインターを外枠に持っていく時には、外枠にある小さなボタンを避けて、持っていきます。小さなボタンの上に重ねると、図形の形や大きさを変更する操作になるので、移動することができません。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

どうしても上手くいかない時は

インターネットで検索して色々な方法を試してみたけどうまくいかない…

うまくいかない人

とげおネットまで
お気軽にご相談ください!!

電話・メールフォームから
お問い合わせください!
▼ ▼ ▼

とげおネットでは
出張サポートにて
お力になれます!

 

パソコントラブル出張相談受付中! TEL:050-6877-6115

時間外はフォームから!

インターネットで検索して色々な方法を試してみたけど上手くいかない場合はとげおネットまでお気軽にご相談ください。出張サポートにてお力になることが可能です。

    お問い合わせいただくにあたってPrivacy Policyの確認と同意をお願い致します。 

    お問い合わせいただいた内容に関しまして社内で確認の上、担当者から連絡させていただきます。連絡までお待ちいただければ幸いです。

    Word、テキストボックス作成、まとめ

    いかがでしょうか。ひとつひとつの操作を丁寧に覚えていけば、ただの文書も一工夫加えることができ、よりわかりやすくなったり伝わりやすくなることと思います。他にもwordの簡単な操作などについて記事をまとめていくので、併せてみていただくとできる操作が増えていきますよ。

    Wordの基本的な使い方

    Wordで素敵な縦書き文章を作成する3つの方法と微調整の仕方
    Wordの文書を縦書きにする方法についてまとめました。縦書きにしても見やすさを意識して、美しい文書に仕上げてください。単行本のように印刷したい時や、新聞のような表記にしたい時に縦書きにすると雰囲気が変わります。
    Word初級編 文書の立派な表紙の作り方
    Wordの文書で表紙ひとつを作るにも様々な操作が組み合わさってできています。それぞれ細かな小さい操作を積み重ねて立派な表紙を作れるようになってください。
    Word初級編 上と下の余白、ヘッダー、フッターの設定
    Word文書の上と下の空白をヘッダーとフッターと呼びページ数や日付など特別な内容を登録することが出来ます。ヘッダーフッターも活用して、目的に合ったよりよい文書を作成出来るようになりましょう。
    Word初級編 ふりがな(ルビ)の振り方
    振り仮名の表示が多い文書では、ただでさえごちゃごちゃとした印象になりがちなので、振り仮名の見やすさなども配慮した方がみやすく仕上げることができます。振り仮名に色を付ける方法などを活用して、すっきりとした見やすい文書に仕上げられるとよいです。
    Word初級編 素敵な罫線を引いて見栄えの良い文書の作り方
    Wordの罫線についてまとめました。上手く使うと文書が締まってみえたり、表記が分かりやすくなることがあります。ぜひ上手く利用する方法を覚えましょう。
    Word初級編 差し込み印刷の方法(文書編)
    差し込み印刷の機能は同じ内容で宛名の違う文書を大量に発行したい時には是非利用してみて欲しい機能です。基本ができていると年賀状を大量に印刷したい時などにも利用できるようになりますよ。
    Wordで簡単!素敵な目次&見出しを作る方法
    Wordで目次を作る方法を紹介します。目次を自動で作ることができる機能があります。見出しを設定して、目次を挿入するという簡単な操作方法です。見出しを整え目次を追加すると、圧倒的に読みやすさが向上しますのでマスターしましょう。
    Wordで思い通りの場所に狙ったとおりに図形や画像を挿入する方法
    Wordの文書の中に図形や画像を挿入するとレイアウトがぐちゃぐちゃに崩れてしまってイライラしてしまった経験をした人は多いと思います。ぜひ思い通りの場所に図形を挿入する方法を覚えましょう。
    Word印刷で変更履歴を削除、または表示しない方法
    Wordファイルの編集を共同で行う場合修正の履歴を残すことができますが印刷する時などは、きちんと修正の履歴やコメントを表示しないようにしてから提出する機会が多いと思われます。その方法をまとめました。
    無料で簡単にWordをPDFに変換する3つの手順まとめ
    WordやExcelでなく「どうしてもPDFでの文書が必要!」ということがあるので、こちらでご紹介したPDFファイルへの変換方法を知っていても損はないでしょう。簡単な操作ですが、わからなくなってしまった時はぜひこちらのブログを参照してください。

    関連記事

    土日祝日受付可能

    電話 05068776115受付可能時間9:00~23:00

    受付可能時間9:00~23:00 土日祝日受付可能

    24時間受付WEBから相談する24時間受付WEBから相談する