当サイトではアフィリエイト・アドセンス広告を掲載しています

Wordで簡単!素敵な目次&見出しを作る方法

パソコントラブル出張相談受付中! TEL:050-6877-6115

時間外はフォームから!

Wordである程度のボリュームがある文章を作る時は、読み手のことを考え見出しにデザインを加えたり、目次を追加する方が良いです。
視覚的にも捉えやすくなるため、内容を読んでもらえる確率も上がります。

複雑ではありませんので、見出しと目次を美しく作る方法を覚えておきましょう。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

モバイル用
Video広告

Wordには自動で目次を作る機能がある

Wordで目次を作る際は、自分で目次のようなデザインで打ち込むよりも、目次を自動で作成する機能を使用する方が良いです。

理由は、WordファイルからPDFファイルに変換した時に、目次をクリックすることで読みたい場所までジャンプすることができるようになるからです。
つまり、リンクを張ることができるという訳です。

紙に印刷して文書を使用するのであれば、目次の自動作成機能は必要ないように感じられるかもしれませんが、見出しのデザインを一気に変更したりと便利なこともありますので、Wordの目次自動作成機能は知っておいて損はないでしょう。

見出し設定と目次挿入までの流れをわかりやすく解説していきます。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

目次と見出しを作るポイント

先にポイントをお伝えしておきますと、

・見出しがわかるようにしておく(色を付ける、太文字にするなど)
・見出しのレベルを決めておく(レベルとは、大きめの小見出し・小さめの小見出しなど)
・どんな見出しデザイン(スタイル)が良いか考えておく(ネット記事などを参考に)

見出しを決める

この準備さえしておけばスムーズです。
目次の作成自体はほぼ一瞬で完了しますので、手間がかかることではありません。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

目次と見出しを作る時の操作の流れ

目次を追加するためには、見出しの設定をすることが必須となります。
画像を交えて細かく、わかりやすくお伝えしていきます。

まずは見出しにマークする

Wordの目次作成機能に対し「どこが見出しなのか?」を伝えてあげる必要があります。

先程太字などで見出しと決めた部分をクリックし、Word画面上のリボンメニューの「ホーム」タブを開き、「スタイル」の範囲内にある「見出し1」をクリックします。
スタイルの見出しを設定

見た目は変わりませんが、文章の先頭に「・」が入り、見出し1としてマークされました。
同じように、見出し1にしたい部分をどんどん設定していきます。

見出し1の下のレベルである見出し2についても同様に設定していきます。

1回ずつ「見出し1」とクリックするのが面倒な場合は、見出しにしたい部分をドラッグし、ctrlキーを押しながら他の見出しもドラッグしていくことで複数選択ができます。
そうすると「見出し1」は1回だけ押せば良いようになり、作業がはかどります。

見出しのデザインを指定する

見出し1や見出し2に振り分けたら、それぞれの見出しのデザインを決めていきます。

スタイルの見出し1の上で右クリックし、変更を押します。

見出しスタイル変更

スタイルの変更画面の左下、「書式」をクリックし「罫線と網掛け」を選択します。
見出しのデザインでよく使用する項目です。

スタイル変更の書式

「罫線」タブで「文字の囲いや下線」といったデザインを再現することができます。

今回見出し1は文頭に太めの縦ラインを入れ、背景も薄めの色で塗りつぶすように設定します。

見出し1の罫線と背景色

こうして設定して、完成した見出しデザインがこのような感じです。

見出しスタイル完成

見出し1、見出し2、表題にそれぞれスタイルを適用しました。

表題・見出しスタイル完成

これで、目次を追加するまでの下準備は完了です。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

目次を挿入する

見出しを指定することができれば、目次の挿入は非常に簡単です。
Wordが自動でやってくれます。

目次を追加したい場所をクリックしたら、リボンメニューの「参考資料」タブを開きます。
その中の「目次の自動作成」をクリックし、「自動作成の目次2」を選択します。

目次の自動作成

目次の文字を見出しと同じにせず少し変えたい、あるいは文字を追加したいという場合は、自由に打ち換えることも可能です。

文章を変えたら目次の更新をする

目次を追加した後に加筆などをした場合は、目次を更新させておきましょう。

「参考資料」タブの「目次の更新」を押すだけです。

もちろん、見出しを増やしていた場合は更新させる前に見出しの設定を入れておかなくてはなりません。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

わかりにくい場合はテンプレートを活用

どうしても見出しの設定や目次の挿入がわかりにくく上手くいかないという場合は、Wordが提供しているテンプレートを使用することも可能です。

Wordを新規で立ち上げ、「初めての目次チュートリアル」を選択します。

初めての目次チュートリアル

作成ボタンを押します。

初めての目次チュートリアルを作成

説明文や画像が並んでいますが、文字を消して打ち換えることでこのまま使用することができます。

目次テンプレート

テンプレートを使い打ち換える

文章が仕上がったら、目次だけ手動で追加していきます。

目次を追加したい場所をクリックし、「参考資料」タブ→目次の自動作成→自動作成の目次2を選択します。

テンプレートを使ううちに構造がわかってくるかと思いますので、苦手意識がある方は是非お試しください。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

どうしても上手くいかない時は

インターネットで検索して色々な方法を試してみたけどうまくいかない…

うまくいかない人

とげおネットまで
お気軽にご相談ください!!

電話・メールフォームから
お問い合わせください!
▼ ▼ ▼

とげおネットでは
出張サポートにて
お力になれます!

 

パソコントラブル出張相談受付中! TEL:050-6877-6115

時間外はフォームから!

インターネットで検索して色々な方法を試してみたけど上手くいかない場合はとげおネットまでお気軽にご相談ください。出張サポートにてお力になることが可能です。

    お問い合わせいただくにあたってPrivacy Policyの確認と同意をお願い致します。 

    お問い合わせいただいた内容に関しまして社内で確認の上、担当者から連絡させていただきます。連絡までお待ちいただければ幸いです。

    まとめ

    Wordで目次を作る時は、手打ちするのではなく自動作成機能を使用しましょう。
    リンクが出来上がるためクリックして読みたい箇所に飛ぶことができる他、見出しのデザインを一気に素早く作り上げることが可能です。

    一度作ってみればすぐに理解できるかと思いますが、時間がなかったり苦手に感じる場合は、Wordのテンプレートを利用してみてください。

    Wordの基本的な使い方

    Wordで素敵な縦書き文章を作成する3つの方法と微調整の仕方
    Wordの文書を縦書きにする方法についてまとめました。縦書きにしても見やすさを意識して、美しい文書に仕上げてください。単行本のように印刷したい時や、新聞のような表記にしたい時に縦書きにすると雰囲気が変わります。
    Word初級編 文書の立派な表紙の作り方
    Wordの文書で表紙ひとつを作るにも様々な操作が組み合わさってできています。それぞれ細かな小さい操作を積み重ねて立派な表紙を作れるようになってください。
    Word初級編 上と下の余白、ヘッダー、フッターの設定
    Word文書の上と下の空白をヘッダーとフッターと呼びページ数や日付など特別な内容を登録することが出来ます。ヘッダーフッターも活用して、目的に合ったよりよい文書を作成出来るようになりましょう。
    Word初級編 ふりがな(ルビ)の振り方
    振り仮名の表示が多い文書では、ただでさえごちゃごちゃとした印象になりがちなので、振り仮名の見やすさなども配慮した方がみやすく仕上げることができます。振り仮名に色を付ける方法などを活用して、すっきりとした見やすい文書に仕上げられるとよいです。
    Word初級編 素敵な罫線を引いて見栄えの良い文書の作り方
    Wordの罫線についてまとめました。上手く使うと文書が締まってみえたり、表記が分かりやすくなることがあります。ぜひ上手く利用する方法を覚えましょう。
    Word初級編 差し込み印刷の方法(文書編)
    差し込み印刷の機能は同じ内容で宛名の違う文書を大量に発行したい時には是非利用してみて欲しい機能です。基本ができていると年賀状を大量に印刷したい時などにも利用できるようになりますよ。
    Wordで思い通りの場所に狙ったとおりに図形や画像を挿入する方法
    Wordの文書の中に図形や画像を挿入するとレイアウトがぐちゃぐちゃに崩れてしまってイライラしてしまった経験をした人は多いと思います。ぜひ思い通りの場所に図形を挿入する方法を覚えましょう。
    Word印刷で変更履歴を削除、または表示しない方法
    Wordファイルの編集を共同で行う場合修正の履歴を残すことができますが印刷する時などは、きちんと修正の履歴やコメントを表示しないようにしてから提出する機会が多いと思われます。その方法をまとめました。
    Word 基本編、テキストボックスの作成方法
    wordの基本操作についてまとめていきました。今回は枠に入った文書を挿入するテキストボックスについてです。ひとつづつ操作を覚えていって、あっと驚くような文書を作成することができれば、スキルアップにつながっていきます。他にも文書作成の操作をご紹介していくので、併せてみてください。
    Word文書を簡単にPDFにしたい時に使う機能3選
    WordやExcelでなく「どうしてもPDFでの文書が必要!」ということがあるので、こちらでご紹介したPDFファイルへの変換方法を知っていても損はないでしょう。簡単な操作ですが、わからなくなってしまった時はぜひこちらのブログを参照してください。

    Wordトラブル関連記事

    Wordで「はがき印刷」がグレーアウトして選択できない・使えない時の解決方法
    先日、お客様から「Microsoft Officeの「Word2016」で、はがき印刷を使おうとすると、はがき印刷ウィザードが起動されません」というお問い合わせをいただきました。以下のURLに記載されている「はがき宛名面印刷ウィザード」のア...
    Wordで文頭がずれる、そろわない、そんな時にきれいに設定する方法
    文章を作成していて文頭がずれる、揃わない、そしてそろえようとしても全然うまく出来ずに改行や空白(スペース)でごまかす、そういった経験をしたことがある人は多いでしょう。実はWordにはきれいに設定する機能「インデント」が用意されています。
    Wordで余計ないらないページを削除する方法
    最後のページの文末の方にどうしても消えない改行のマークがあり削除しようと苦難したことがある人もいるのでないでしょうか.。もうこれからは言原因不明の空白ページに悩まされることはありません。表などの後に空白ができてしまい、いらない1ページができてしまった時はもうひとつの記事を参照くださいね。

    土日祝日受付可能

    電話 05068776155受付可能時間9:00~23:00

    受付可能時間9:00~23:00 土日祝日受付可能

    24時間受付WEBから相談する24時間受付WEBから相談する