当サイトではアフィリエイト・アドセンス広告を掲載しています

Wordで思い通りの場所に狙ったとおりに図形や画像を挿入する方法

Wordで思い通りの場所に狙ったとおりに図形や画像を挿入する方法

パソコントラブル、インターネットトラブルでお困りの方は是非とげおネットの出張トラブルにお問い合わせください!

Wordの文書の中に図形や画像を挿入すると全く予想外の場所に挿入されてせっかく整形したレイアウトがぐちゃぐちゃに崩れてしまったり、文字が押し出されたり、隠れてしまったりしてイライラしてしまった経験をした人は多いと思います。Wordのことを嫌いになってしまう人がいるくらい全然思い通りの場所に挿入されませんね。

このページでは思い通りの場所に図形を挿入する方法をお伝えします。合わせてワードアートといって、テキストに文字装飾をする方法も解説していきます。ワードアートを使用することで、文字の存在が際立ち文書が読みやすくなったりするので、タイトル文字に使用するときなど特におすすめする機能です。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

モバイル用
Video広告

図形の挿入と文字の位置の設定

真っ白い用紙に図形だけ挿入することはあまりなく、図形の上下や中に文字を入力する場合が多いと思います。挿入した図形と文字の位置関係の設定について理解できれば思い通りにWordの図形を扱うことが出来るようになります。

実際に図形を文書に挿入してみましょう

①挿入タブをクリックし、図形を選択します。そこから挿入したい図形を選択します。
Wordの画面で「図形」ボタンを四角で囲んでいる
②十字のカーソルが表示されるので右下方向にドラッグをすると図形が完成します。
Wordで図形を表示した画面

図形に文字の入力をする

図形の上下に文字を入力したいのか、図形の後ろ側(背景)に入力したいのか、など図形と文字入力の位置関係を選択します。この設定を理解することが重要です。「文字列折返し」の設定をします。

方法
①図形の右上側に表示されている「レイアウトオプション」のマークをクリックします。
(マークの表示がなければ図形を選択し右クリックをします。)
Wordの画面で「レイアウトオプション」ボタンを四角で囲んでいる

マークがないバージョンの場合は「ページレイアウト」タブ-「配置」グループ-「文字列の折り返し」をクリックすることで設定できます。

②それぞれのマークを選択することで、図形のどの位置に文字を入力するのか選択できます。
個別の解説は以下です。

文字列の折り返し:四角

図形の周りに空白の四角が設定されたようになり、その周囲を文字が取り囲みます。
Wordで図形を表示した画面

文字列の折り返し:外周

図形のすぐ周りを図形の形に沿って文字が取り囲みます。

文字列の折り返し:上下

図形の上と下に文字が配列されます。右、左側は空白で文字が入力されません。

文字列の折り返し:前面

図形が文字の前面に貼り付けられているようになり、文字の一部は図形によって隠れて読めなくなります。

文字列の折り返し:背面

文字列の後ろ側に図形が配置されます。図形は文字列で隠され表示されますが、文字列は隠れません。
Wordで図形を表示した画面

特定の場所に固定することもできます

「文字列と一緒に移動する」にチェックが入っていると文章を編集すると文言に合わせて移動していきます。逆に「ページ上で位置を固定する」にチェックを入れると特定の場所に固定されるようになります。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

ワードアートを使ってみよう

ワードアートを使用することで、文字を際立たせ読みやすくします。具体的には文字を湾曲したり、波内のような表示、グラデーション、斜体などの設定です。通常の文書のように文字の大きさや字体、を変えたり、文字の間隔も調整できるので、方法を解説します。

ワードアートの挿入方法

①タイトルや見出しを作りたい位置にカーソルを持っていきます。
②挿入タブ-ワードアート-一覧-希望のワードアートを選択-テキストボックス配置-文字を編集
希望の文字の色、書体などを選択します。

Wordのテキスト入力画面

挿入した文字の大きさ、書体を変える

①作成した文字列を選択します。
②書式タブ-文字の効果-変形
をクリックしていき、希望の書体を選択します。
Wordのテキスト入力画面

③文字の大きさを変更するときは、文字列の周りにテキストボックスが表示されるので、右下の小さな〇にカーソルを持っていき、右下にドラッグすると文字の大きさを大きくし、左上にドラッグすると文字を小さくすることができます。
Wordのテキスト入力画面

文字の間隔を調整したい

①作成した文字列を選択します。
②ホームタブからフォントのダイアログボックス起動ツールを選択します。
Wordのテキスト入力画面
フォントのダイアログボックスが表示されるので「詳細設定」のタブを選択してくだい。
間隔という箇所で文字の大きさが〇ptと表示されているので、横にある▲▼のプルダウンメニューで間隔を選択します。
Wordのフォントのダイアログボックス画面

③OKをクリックすれば、文字の間隔が調整されます。
Wordのテキスト入力画面

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

Word図形の挿入、まとめ

図形を入力した時、配置方法について理解すると望み通りのレイアウトを作成することが出来るようになります。ぜひやってみてください。

Word関連記事

Wordで素敵な縦書き文章を作成する3つの方法と微調整の仕方
Wordの文書を縦書きにする方法についてまとめました。縦書きにしても見やすさを意識して、美しい文書に仕上げてください。単行本のように印刷したい時や、新聞のような表記にしたい時に縦書きにすると雰囲気が変わります。
Word初級編 文書の立派な表紙の作り方
Wordの文書で表紙ひとつを作るにも様々な操作が組み合わさってできています。それぞれ細かな小さい操作を積み重ねて立派な表紙を作れるようになってください。
Word初級編 上と下の余白、ヘッダー、フッターの設定
Word文書の上と下の空白をヘッダーとフッターと呼びページ数や日付など特別な内容を登録することが出来ます。ヘッダーフッターも活用して、目的に合ったよりよい文書を作成出来るようになりましょう。
Word初級編 ふりがな(ルビ)の振り方
振り仮名の表示が多い文書では、ただでさえごちゃごちゃとした印象になりがちなので、振り仮名の見やすさなども配慮した方がみやすく仕上げることができます。振り仮名に色を付ける方法などを活用して、すっきりとした見やすい文書に仕上げられるとよいです。
Word初級編 素敵な罫線を引いて見栄えの良い文書の作り方
Wordの罫線についてまとめました。上手く使うと文書が締まってみえたり、表記が分かりやすくなることがあります。ぜひ上手く利用する方法を覚えましょう。
Word初級編 差し込み印刷の方法(文書編)
差し込み印刷の機能は同じ内容で宛名の違う文書を大量に発行したい時には是非利用してみて欲しい機能です。基本ができていると年賀状を大量に印刷したい時などにも利用できるようになりますよ。
Wordで簡単!素敵な目次&見出しを作る方法
Wordで目次を作る方法を紹介します。目次を自動で作ることができる機能があります。見出しを設定して、目次を挿入するという簡単な操作方法です。見出しを整え目次を追加すると、圧倒的に読みやすさが向上しますのでマスターしましょう。
Wordで「はがき印刷」がグレーアウトして選択できない・使えない時の解決方法
先日、お客様から「Microsoft Officeの「Word2016」で、はがき印刷を使おうとすると、はがき印刷ウィザードが起動されません」というお問い合わせをいただきました。以下のURLに記載されている「はがき宛名面印刷ウィザード」のア...
Wordで文頭がずれる、そろわない、そんな時にきれいに設定する方法
文章を作成していて文頭がずれる、揃わない、そしてそろえようとしても全然うまく出来ずに改行や空白(スペース)でごまかす、そういった経験をしたことがある人は多いでしょう。実はWordにはきれいに設定する機能「インデント」が用意されています。
Wordで思い通りの場所に狙ったとおりに図形や画像を挿入する方法
Wordの文書の中に図形や画像を挿入するとレイアウトがぐちゃぐちゃに崩れてしまってイライラしてしまった経験をした人は多いと思います。ぜひ思い通りの場所に図形を挿入する方法を覚えましょう。
Word印刷で変更履歴を削除、または表示しない方法
Wordファイルの編集を共同で行う場合修正の履歴を残すことができますが印刷する時などは、きちんと修正の履歴やコメントを表示しないようにしてから提出する機会が多いと思われます。その方法をまとめました。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

どうしてもうまくいかない時は

インターネットで検索して色々な方法を試してみたけどうまくいかない…

うまくいかない人

とげおネットまで
お気軽にご相談ください!!

電話・メールフォームから
お問い合わせください!
▼ ▼ ▼

とげおネットでは
出張サポートにて
お力になれます!