当サイトではアフィリエイト・アドセンス広告を掲載しています

Word初級編 差し込み印刷の方法(文書編)

Word初級編 差し込み印刷の方法(文書編)

パソコントラブル、インターネットトラブルでお困りの方は是非とげおネットの出張トラブルにお問い合わせください!

差し込み印刷とはどんな機能かわかるでしょうか。差し込み印刷という名前だけ聞くとプリンターで印刷している時に、何か差し込むように感じるかもしれませんが、そうではなく元々ある文書のフォーマットに記載する予定である宛名が何件か複数ある時に、文書はそのままでよいけれど宛名だけ変更したい時、作成したエクセルリストに沿って宛名部分だけ変更できる便利な機能です。
一件づつ宛名を打ち込んで作成することもできますが、特に大量に印刷しなくてはならない時など、Excelであて先リストを作成しといて、差込印刷機能で仕上げた方が効率的で便利だとわかるでしょう。
では差込印刷について解説していきます。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

モバイル用
Video広告

一般的な文書の差し込み印刷

差し込み印刷と一口で言っても、一般的な文書の宛名で使用したいのか、ハガキなどの郵送物の宛名で使用したいのか用途により様々です。
今回は一般的なWordの文書を作成した時に宛名を差し込み印刷にしたい場合について解説します。

差し込み印刷をすると便利な時

先ほども言ったようにとにかくたくさんの人に同じ内容の文書を配布したいという時、招待状であったり、案内状を一斉に送りたい時などに便利です。
場合によってはラベル用紙という別売りの用紙を使うこともありますが、今回は通常の用紙に印刷する時の差込印刷の方法をご紹介します。

個人ごとに名前が印刷されている方が、書いてある内容に興味を持ってもらいやすいというメリットもあります。

差し込み印刷の方法

手順1.Excelで元データの作成

まずはエクセルフォーマットに住所録などのリストを入力していきます。
この時1行目には、入力する項目のタイトルを入力しておきましょう。今回の場合は会社別に文書を配布するという設定なのでわかりやすく「属性」「会社名」「名前」としておきます。

Excelシート

リストの作成が終わったら、わかりやすいようにデスクトップなどに「差込データ」などの名前を付けて保存をしておきます。

手順2.Wordの文書を作成する

次に挿入する元の原稿であるWordの文書を作成します。
どのあたりに住所録などに書いたExcelリストを挿入したいのか、空欄などにして目安を残しておきます。

Word文書
こちらの文書も名前を付けて保存をしておきます。

この時の宛名を挿入する場所は、後からでも変更ができるので、だいたいの目安で構いません。

手順3.Wordの文書とExcelデータを関連づける

Wordを開いた時に左上の方にある「差し込み文書」タブの中にある「宛先の選択」というボタンをクリックします。表示されるメニューから「既存リストを利用」という項目を選択します。
Word文書の画面で「既存のリストを使用」ボタンに下線を引いている
次に「データーファイルの選択」という画面が表示されます。先ほどリストを作成したExcelファイルを選択して「開く」をクリックしてください。
Windowsのエクスプローラー画面で「開く」ボタンを四角で囲んでいる

次に「テーブルの選択」という画面が表示されるので「先頭行をタイトル行として使用する」という箇所にあるチェックマークにチェックを入れ、OKをクリックします。
Windowsのテーブルの選択画面で「OK」ボタンを四角で囲んでいる

次に「差し込み文書」タブー「差し込みフィールドの挿入」という箇所から、エクセルのどの行をWordのどこに入力するのか指定します。

Word文書の画面で「差し込みフィールドの挿入」ボタンに下線を引いている

Word文書

手順4.プレビュー画面で確認する

最後にきちんと挿入されているかプレビュー画面で確認をしてから印刷をします。

「差し込み文書」タブの「結果のプレビュー」というボタンをクリックしてください。
Word文書の画面で「結果のプレビュー」ボタンに下線を引いている
先ほど手順2で空欄にしていた箇所にExcelデータの1行目が表示されていることを確認します。
「結果のプレビュー」ボタンの右側にある左三角、右三角をクリックすることでリストの2行目3行目と宛名を変更し確認をすることができます。
Word文書の画面で行の選択ボタンを四角で囲んでいる

Word文書

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

トラブル事例:グレーアウトされて差し込み印刷が使えない場合

お使いの環境によっては差し込み印刷機能がぞもぞもグレーアウトされて使えない不具合もあるかもしれません。その場合は以下のページもご参考ください。

Wordで「はがき印刷」がグレーアウトして選択できない・使えない時の解決方法
先日、お客様から「Microsoft Officeの「Word2016」で、はがき印刷を使おうとすると、はがき印刷ウィザードが起動されません」というお問い合わせをいただきました。以下のURLに記載されている「はがき宛名面印刷ウィザード」のア...

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

Word差し込み印刷、まとめ

今回はオーソドックスなWordの文書を作成した時に、上に記載する宛名などを変更したい時を例に解説をしました。
他にラベルなどを使ってハガキの宛名を差し込み印刷を使って作成する方法もあります。大量の年賀状を作成したい時などに便利でしょう。
様々な機能を覚えていって、仕事以外でも活用していけるとよいですね。

Word関連記事

Wordで素敵な縦書き文章を作成する3つの方法と微調整の仕方
Wordの文書を縦書きにする方法についてまとめました。縦書きにしても見やすさを意識して、美しい文書に仕上げてください。単行本のように印刷したい時や、新聞のような表記にしたい時に縦書きにすると雰囲気が変わります。
Word初級編 文書の立派な表紙の作り方
Wordの文書で表紙ひとつを作るにも様々な操作が組み合わさってできています。それぞれ細かな小さい操作を積み重ねて立派な表紙を作れるようになってください。
Word初級編 上と下の余白、ヘッダー、フッターの設定
Word文書の上と下の空白をヘッダーとフッターと呼びページ数や日付など特別な内容を登録することが出来ます。ヘッダーフッターも活用して、目的に合ったよりよい文書を作成出来るようになりましょう。
Word初級編 ふりがな(ルビ)の振り方
振り仮名の表示が多い文書では、ただでさえごちゃごちゃとした印象になりがちなので、振り仮名の見やすさなども配慮した方がみやすく仕上げることができます。振り仮名に色を付ける方法などを活用して、すっきりとした見やすい文書に仕上げられるとよいです。
Word初級編 素敵な罫線を引いて見栄えの良い文書の作り方
Wordの罫線についてまとめました。上手く使うと文書が締まってみえたり、表記が分かりやすくなることがあります。ぜひ上手く利用する方法を覚えましょう。
Wordで簡単!素敵な目次&見出しを作る方法
Wordで目次を作る方法を紹介します。目次を自動で作ることができる機能があります。見出しを設定して、目次を挿入するという簡単な操作方法です。見出しを整え目次を追加すると、圧倒的に読みやすさが向上しますのでマスターしましょう。
Wordで思い通りの場所に狙ったとおりに図形や画像を挿入する方法
Wordの文書の中に図形や画像を挿入するとレイアウトがぐちゃぐちゃに崩れてしまってイライラしてしまった経験をした人は多いと思います。ぜひ思い通りの場所に図形を挿入する方法を覚えましょう。
Wordで「はがき印刷」がグレーアウトして選択できない・使えない時の解決方法
先日、お客様から「Microsoft Officeの「Word2016」で、はがき印刷を使おうとすると、はがき印刷ウィザードが起動されません」というお問い合わせをいただきました。以下のURLに記載されている「はがき宛名面印刷ウィザード」のア...
Wordで文頭がずれる、そろわない、そんな時にきれいに設定する方法
文章を作成していて文頭がずれる、揃わない、そしてそろえようとしても全然うまく出来ずに改行や空白(スペース)でごまかす、そういった経験をしたことがある人は多いでしょう。実はWordにはきれいに設定する機能「インデント」が用意されています。
Word印刷で変更履歴を削除、または表示しない方法
Wordファイルの編集を共同で行う場合修正の履歴を残すことができますが印刷する時などは、きちんと修正の履歴やコメントを表示しないようにしてから提出する機会が多いと思われます。その方法をまとめました。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

どうしてもうまくいかない時は

インターネットで検索して色々な方法を試してみたけどうまくいかない…

うまくいかない人

とげおネットまで
お気軽にご相談ください!!

電話・メールフォームから
お問い合わせください!
▼ ▼ ▼

とげおネットでは
出張サポートにて
お力になれます!