ノートPCを掃除してきれいにしよう!寿命も延びますよ

ノートPCの中身をきれいにしようと思ったら、フタを取り分解しなくてはならないので、かなり難しい作業となり、危険も高くなります。あまりPCに詳しくない人が挑戦すると故障につながることがあるので、今回ご紹介するのはノートPCの外側のクリーニングになります。
まだそれほど使用年数が経っていない場合や、埃が溜まっていない場合は、外側の掃除だけでも十分きれいになりますよ。

PCの内部に埃がたまるとどうなるか

PCの温度が上がりやすい
熱暴走が起こりやすい、(再起動を繰り返す、勝手にシャットダウンする)
ファンの音がうるさい

これらのサインがあったら、ノートPCの内部にかなり埃が溜まっているということなので、早めにプロに依頼をしたほうがよいでしょう。放置しておくと熱暴走や、ひどい場合は火災などの危険性もあるのでよくありません。下記のような大きな音が出だすこともあります。

パソコンから大きな音がする?その原因と対策
サポート先でよくお客様からこんな質問を受けます。 「パソコンが大きな音を立てて心配」 確かに、自分の使っているパソコンから異音がしてきたら心配ですよね。ただ、その音の原因は大体決まっているので、下記にご紹介しておきましょう。 ...
PCが熱い!その原因と対策
これからの季節はPCを長時間使用していると高温になりすぎ様々な不具合が表れやすくなります。PCが高温になる前にできる対策や、高温になってしまった時にできる対策をまとめました。PCを大切に扱い、 長いお付き合いするのに役立ててください。

プロに依頼すれば費用がかかってしまいますが、PC修理会社などの業者依頼でだいたい3000円~5000円程度PCのメーカーに掃除の依頼を出した場合はだいたい1万円程度です。他の補償などがセットになり、月額で1000円以下というプランも会社によってはあるので、用途に合わせ選んでいくとよいでしょう。

PCを大切に長く使っていくための、メンテナンス費用だと思えば、さほど高くない金額とも考えられるのではないでしょうか。

パソコン修理、パソコンサポート、データ修復、ITサポートをお探しなら【株式会社とげおネット】

掃除の前の準備と掃除方

準備するもの

エアダスター・・できればノズル付きが望ましいでしょう。(キーボードの間の埃を飛ばすため)

HAKUBA エアダスター ノンフロン クリーンエースNFN350 逆さ使用OKタイプ KMC-NFN350
ハクバ
地球環境に配慮したノンフロンタイプのエアダスター。

無水エタノール・・指紋や液晶の曇りなどをふき取る時に使用します。

無水エタノール 業務用 1000ml
DAIKO
エタノール85.7% IPA 4.6% NPA 9.7% 水分 0.2%以下

先が細めの綿棒・・先が丸い綿棒ではなく細めの綿棒を選びます。(キーボードの間などの隙間を掃除するため)

HUBY工業用綿棒 HUBY(R)-340 CA-008SP 100本入 3-5234-05
HUBY
●型番:CA-008SP●入数:1袋(100本入)●ヘッド材質:天然コットン(セルロース)100% ●シリコンフリー●仕様:6″コットンアプリケーター紙軸●全長:153.5(±1.0)mm●綿長:13.0(±0.5)mm●綿径:φ5.0(±0.5)mm●軸:φ2.46(±0.08)mm

液晶用クロス・・指紋や埃などをふき取るためのウェットティッシュです。普通のウェットティッシュよりも水滴が残りにくくなっています。普通のウェットティッシュは拭き後が残ってしまうので、特に液晶画面掃除には使わない方がよいです。なければ眼鏡拭きも代用は可能です。

エレコム 速乾性 ウェットティッシュ スマホ・タブレット専用 【日本製】 60枚入 ボトルタイプ WC-ST60
エレコム
詳しくは「商品の仕様」「商品の説明」をご確認ください。

掃除の手順

1.全体的に埃やごみを除去する

まずは全体的に埃を払っていきます。エアダスターを用いてUSBの差込口やイヤホンジャック、底面の排気口などのほこりを飛ばします。ハンディワイパーがあれば、全体的にかけてください。

2.液晶画面のふき取り
指紋の汚れがたくさんついている液晶画面をふき取ります。液晶画面だけではなく、画面の枠になっている外側もきちんとふき取りましょう。

3.キーボードの掃除
大きめの埃や目立つゴミはエアダスターで飛ばします。ノズル付きを用意しておくとキーボードの間もゴミを飛ばせて便利です。キーボードの隙間の汚れ無水エタノールで湿らせた綿棒で掃除をしてください。決して水では濡らさないようにしましょう。

注意
普段の掃除ならつい使ってしまいそうなものでも、PCの掃除の時は使わない方がよい道具があります。
・掃除機
キーボードが取れてしまう被害がよく報告されているので、中身のほこりまで吸い出せそうで使ってみたくなる気持ちはわかりますが、避けた方がベストです。
・水拭き
部屋の掃除なら水拭きするでしょうが、PCは精密機器なので、タオルや雑巾を濡らして固く絞ったとしてもおすすめはできません。
水の代わりに無水エタノールなら、水分が入っていなくアルコール成分が95%なので、使っても問題はありません。PCの表面についた手あかなどの汚れを取る時にも適しているでしょう。
・アルカリ性、酸性の洗剤
油っぽい汚れなどを取るのについ使ってしまいたくなりますが、無水エタノールで落とすようにします。酸性PCの表面を溶かす可能性があります。

ノートPCの掃除方法、まとめ

熱暴走などのPCのトラブルは主にCPUの温度が上がり過ぎてしまうことで引き起こします。
あるデータによると、PCの内部を掃除することで、PCが急にシャットダウンするなどの熱暴走によるトラブルが起こらなくなり、CPUの温度が  度から55度前後に落ち着いたとのデータがありました。それほど埃がたまってしまうことで、PCの温度が上昇してしまうとわかりますね。
PCの温度が上がりやすくなっていたり、もう長年今のPCを使っている人はこの機会にPCの内部もプロに掃除をお願いしてみてください。

コメント