当サイトではアフィリエイト・アドセンス広告を掲載しています

PCのトラブルや不調不具合を解消する方法とテクニック集

PCのトラブルや不調を解消する方法とテクニック集

パソコントラブル、インターネットトラブルでお困りの方は是非とげおネットの出張トラブルにお問い合わせください!

パソコンを長く使い続けていると、少しずついろいろな問題が出てくるものです。動作が重い、なんとなく使いにくい、ときどき止まってしまうなど、モヤモヤすることも多くなりますね。

最近パソコンの調子が悪いな~、、、という時にPCトラブルや不調を解消する簡単な方法と色々なテクニックをまとめました。ご参考ください。

アプリケーションが急に止まってしまった場合の対処方法も解説しますので、ご参考ください。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

  1. いざというときのテクニック・対策一覧
  2. まずは再起動を試してみる
  3. Windowsやアプリケーションを更新(Update)する
    1. Windowsの更新
    2. アプリケーションの更新
  4. Webブラウザを正しく利用し、メモリの空きを作る
    1. 使い方:タブは必要以上に開かない
    2. メンテナンス:使っていない機能拡張は削除・無効化
      1. 機能拡張オフ:Google Chromeの場合
      2. 機能拡張オフ:Edgeの場合
    3. そのほかWebブラウザのメンテナンス方法
  5. Windowsの効果を一括してオフにする
  6. 不要なアプリケーションのメンテナンスをする
    1. 1.不要なアプリケーションは削除する
      1. Windows10の場合
      2. Windows11の場合
    2. 2.Windowsの起動時に、不要なソフトを起動させない
      1. Windows10の場合
      2. Windows11の場合
  7. アプリケーションの「応答なし」は、タスクマネージャーで対応
    1. 1.時間があれば、5~10分ほど様子を見る
    2. 2.復旧しなければ「タスクマネージャー」でアプリを終了
    3. 3.タスクマネージャーが「応答無し」になる場合
  8. そのほかの問題についての対応方法
    1. ハードディスク・SSDのメンテナンス:Windowsの機能で対応
    2. ドライバの更新
    3. インターネットに繋がらない:原因の切り分けが必要
    4. 「スピーカーから音が出なくなったとき
    5. 「自動修復」の青い画面が表示されたとき
    6. Officeアプリケーションが重い:アプリケーションごとに対応
  9. PCのトラブルや不調不具合を解消する方法まとめ
    1. 関連記事
  10. どうしてもうまくいかない時は
モバイル用
Video広告

いざというときのテクニック・対策一覧

長く使っているパソコンのトラブルに対処し、快適に利用するための方法をまとめてみました。

対応方法 手順の詳細
突発的なトラブル対応 まずは再起動を試してみる
「応答なし」はタスクマネージャーで対応する
ネット接続の問題は原因を切り分ける
スピーカーから音が出ないとき
「自動修復」の青い画面が表示されたとき
Officeアプリケーションは個別に対応
パソコンが重くなった Webブラウザを正しく利用する
Windowsの効果を一括してオフにする
Windowsやアプリケーションを更新(Update)する
不要なアプリケーションのメンテナンスをする
定期メンテナンス ハードディスク・SSDのメンテナンス
ドライバの更新

この先は、トラブル時に試みていただきたい順番にご紹介しています。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

まずは再起動を試してみる

Windowsがフリーズしたなど単発でのトラブルの場合は、まずは再起動を試してみましょう。アプリケーションの一時的な不具合なら、これだけで元どおり復旧することもあります。

■突然マウスが使えなくなったらキーボード操作だけで再機能が可能です。以下の方法をお試しください。

  1. Windowsキー」(旗のマークのキー)+「D」キーを押します。アプリケーション画面は閉じられ、デスクトップのみが表示されます。
  2. 次に「Alt」キー+「F4」キーを押します。方向キー(上下キー)で「再起動」を選択してから「Enter」キーを押してください。

Windows 再起動 キーボードのみ

トラブル自体が解消しなくても、再起動することでパソコンの状態が整うメリットがあります。他の対応をおこなう前段の作業としても、まずは再起動を試してみましょう。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

Windowsやアプリケーションを更新(Update)する

使っているうちにPCの動作が重くなった場合は、Windowsやアプリケーションを最新の状態にしてみてください。機能の更新により不具合が解消し、元どおりになることがあります。

Windowsの更新

アップデートを当てていないと、セキュリティが保たれずコンピューターウイルスにも感染しやすい状態です。ウイルスに感染すると駆除にも時間がかかるため、面倒でもOSは定期的に更新することをおすすめします。

Windowsの月次更新リリース日(毎月第二火曜日付近)に、パソコンやWebブラウザの動作が重くなることがあります。これは更新プログラムを、バックグラウンドでまとめてダウンロードしているためです。

▼至急の仕事があり更新を止めたいときは、7日間延期できます。以下の記事をご参考ください。

Windows10でWindowsUpdateを先延ばしする方法(※停止は出来ません)
Windows10ではWindows Updateが強制的に行われ、非公式で無効化するのにいろいろなやり方がありましたが全ていたちごっこでした。ですがWindows 10 May 2019 Update(バージョン1903)以降は公式にWi...

▼まれにWindows更新の適用後、パソコンの調子が悪くなることがあります。このとき「復元ポイント」があれば以前の状態に戻せるかもしれません。

アップデート後にWindowsが起動しない!復元ポイントからシステムの復元をする方法
Windows10アップデート後に起動しなくなった時、ブルースクリーン/ブラックスクリーンになりWindowsの操作ができなくなった時は、パソコンを過去の状態に戻すことで修復が出来ることがあります。今回はその具体的な手順について解説します。

アプリケーションの更新

Microsoftストアから購入したアプリケーションは、下図の手順でアップデート可能です。

Microsoft ストア アップデート

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

Webブラウザを正しく利用し、メモリの空きを作る

近年Google DriveやGoogle Workspace、OneDriveなどクラウド環境が普及してきました。終日ChromeやEdgeを使い、Webベースで作業する方も多いでしょう。

しかしWebブラウザーはメモリーを大量に消費するため、普通に使っているだけでパソコン操作が重くなることもあるのです。

使い方:タブは必要以上に開かない

タブをできる限り閉じるだけで、Webブラウザの動作は軽くなります。

調べ物や書類作業など、ついタブをたくさん開きがちです。しかしブラウザーでは開いているタブ1枚ごとに、個々に処理されている情報があります。したがって、タブの数に比例してメモリーが消費されてしまうのです。

メンテナンス:使っていない機能拡張は削除・無効化

利用していないブラウザ機能拡張は、削除しましょう。

最近はMicrosoft Officeや各種事務処理システムでも、ブラウザーに機能拡張をインストールするケースが多くなってきました。しかし機能拡張が増えるほど、ブラウザーの動作は重くなります。

確定申告用の機能拡張など年に1度しか利用しないものは都度削除するか、使うとき以外は無効化するのもよいと思います。

機能拡張オフ:Google Chromeの場合

ブラウザ右上の点3つある部分をクリック→「その他のツール」→「拡張機能」を選択し、下図を参考に削除・無効化します。

Chrome 機能拡張 削除

機能拡張オフ:Edgeの場合

ブラウザ右上の点3つある部分をクリック→「拡張機能」→「拡張機能の管理」を選択し削除・無効化します。この先の画面操作は、Chromeとほぼ同様です。

そのほかWebブラウザのメンテナンス方法

以下のような対策を定期的におこなうのも効果的です。

  • 定期的にブラウザのキャッシュ(一時保存データ)を削除する
  • 使っていないブックマークは削除する

キャッシュの削除手順については仕様変更が多いため、この記事では解説を割愛いたします。都度、公式のヘルプを参照ください。ただし公式ヘルプの内容も、最新バージョンの操作に追いついていない場合があります。

参考リンク:Google Chrome ヘルプMicrosoft Edge のヘルプとラーニング

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

Windowsの効果を一括してオフにする

Windowsでは各操作に、さまざまな効果(エフェクト)がかかっています。しかし操作が重い場合、必要なエフェクト以外は一括してオフにしたほうが快適です。

■設定手順(Windows10/11共通)

Windowsメニュー左下の検索を使い「システムの詳細設定」と入力します。左側の検索結果から「システムの詳細設定の表示」を選択します。

Windows システムの詳細設定

開いた画面の上部「パフォーマンス」欄→「詳細設定」ボタンを押すと下記のウインドウがポップアップします。

システム パフォーマンス 設定

  1. パフォーマンスを優先する」ボタンを押します。画面下半分のチェック全てが外れます。
  2. 必要なものにチェックを入れます。画像例では下記2項目のみにチェックを入れました。
    1. 「アイコンの代わりに縮小版を表示する」
    2. 「スクリーンフォントの縁を滑らかにする」
  3. 適用」→「OK」ボタンを押し画面を閉じます。

チェックする項目は利用環境と必要に応じ、適宜増減してみてください。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

不要なアプリケーションのメンテナンスをする

インストールしたまま使っていないアプリケーションも、パソコン操作を遅くする原因です。削除、あるいは起動しないように設定し、ハードディスクやメモリーに空きを作ればパソコンの動作に余裕が出ます。

1.不要なアプリケーションは削除する

削除の手順はWindowsのバージョンにより、多少違います。

Windows10の場合

  1. Windows画面左下の、Windowsマークを右クリックし「アプリと機能」を選択
  2. 次画面右側から不要なソフトを選択し「アンインストール」ボタンを押す

Windows10 アプリケーション 削除

Windows11の場合

  1. Windows画面左下、Windowsマークを右クリックし「設定」を選択
  2. 次画面左側から「アプリ」、右側から「インストールされているアプリ」を選択
  3. 次画面リストから不要なソフトの右上「」を選択し、次に「アンインストール」を選択

Windows11 アプリケーション 削除

2.Windowsの起動時に、不要なソフトを起動させない

一部のアプリケーションはWindowsの起動と共に立ち上がり、バックグラウンドで動作(常駐)します。必要でないソフトのスタートアップ起動をオフにすればメモリーに空きができ、高速化対策として有効です。

以下の設定画面は、Windows10/11で共通です。

スタートアップ アプリ

Windows10の場合

  1. Windows画面左下の、Windowsマークを右クリックし「アプリと機能」を選択
  2. 次画面右側から、起動させたくないソフトをオフにする。

Windows11の場合

  1. Windows画面左下の、Windowsマークを右クリックし「設定」を選択
  2. 次画面左側から「アプリ」、右画面を下までスクロールし「スタートアップ」を選択
  3. 次画面右側から、起動させたくないソフトをオフにする。
ウイルス対策ソフトなどセキュリティ関連のソフトウェアは、常駐させて初めて安全性が保たれます。スタートアップ起動は、常にオンにしておいてください。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

アプリケーションの「応答なし」は、タスクマネージャーで対応

Windows アプリケーション 応答なし

アプリケーションの動きが突然重くなり「応答なし」というメッセージが出て停止することがあります。原因は複数のソフトを同時に起動して生じるメモリ不足や、アプリケーションに高度な処理をさせている場合などさまざまです。

対応方法は以下のとおりです。

1.時間があれば、5~10分ほど様子を見る

(頻繁に起こるとき、すぐに対応したいときは次章2.へ)

「応答なし」が突発的に起きた場合には、しばらく置くとまた処理が始まる可能性があります。書類を作成中だったとき、あるいは休憩など時間が取れる場合には、5~10分ほど放置して様子を見てみましょう。

2.復旧しなければ「タスクマネージャー」でアプリを終了

Windowsの「タスクマネージャー」では、パソコンの現在の動作や性能を一括して閲覧・管理できます。タスクマネージャーで応答無しになっているソフトを表示し、終了させてみましょう。

■タスクマネージャーの操作手順(Windows10/11共通)

メニューバー左下のWindowsマークを右クリックし「タスクマネージャー」を選択します。

Windows タスクマネージャー

画面の左側に、現在起動しているアプリケーションが表示されています。

「応答なし」になったアプリケーション名を右クリックし「タスクの終了」を選択すると、ソフトが強制終了されます。

3.タスクマネージャーが「応答無し」になる場合

頼みの綱のタスクマネージャーまでが「応答無し」になってしまうケースも多く見受けられます。このようなときは、Windowsを再起動してみましょう。

▼PCの動作が停止したときは、以下の記事もご参考ください。

パソコンがフリーズして固まる原因と対処法
パソコンが動作を受け付けなくなる「フリーズ」状態になった場合の対処方法をまとめています。多くの場合強制再起動を行うことで解決できますが、直前の作業が失われてしまいます。状況によっては手戻りを最小限にすることができる場合もあります。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

そのほかの問題についての対応方法

より詳しい対応方法についての記事をご紹介します。

ハードディスク・SSDのメンテナンス:Windowsの機能で対応

パソコンを使い続けていると不要なファイルが溜まる、ハードディスクやSSDの空き領域が細切れになる(断片化)などで、PCが重くなってきます。

このような問題に、Windows10/11では「ストレージセンサー」や「ドライブのデフラグと最適化」といった、ディスクのメンテナンス機能で対応できるようになりました。

▼詳しくは、以下の記事を参照ください。

Cドライブのディスク容量を増やしてパソコンを速くする12の方法
Windowsを長く使っているとCドライブがいっぱいになってしまうことがあります。Cドライブの空き容量を増やし、容量不足を解消する方法をまとめましたのでご確認ください。

ドライバの更新

パソコンの調子が何となく悪い時にドライバを更新すると調子が良くなることもありますので普段は意識する必要はありませんが調子が悪くなった時に「もしかしたらドライバが原因かも?念のため更新してみよう」と思い出せるとよいでしょう。

▼詳しくは、以下の記事を参照ください。

Windowsで最新ドライバで簡単に更新する方法4つ
Windowsパソコンにおいてドライバがうまく動かないとパソコンは快適に使えません。ドライバが原因となって起こる不具合は多岐にわたります。本記事ではドライバの更新方法について詳しく解説します。

インターネットに繋がらない:原因の切り分けが必要

ネットに接続できない原因は多岐にわたります。対応するためは、まず原因の特定・切り分けが必要です。原因と対応手順がわかれば、すぐに解決するトラブルもあります。

▼ネットに接続できないときの切り分けかたを、初心者の方にもわかりやすく解説しています

インターネット接続が切れる、繋がらない原因と解決方法
インターネットがつながらない原因は多岐にわたります。そこでIT初心者の方でもできる解決手順をケース別に解説していきます。まずは冷静に状況を確認しましょう。関連記事と合わせてご参考ください。

▼Wi-Fiにつながらなくなったときの、具体的な対応方法についての記事です

Wifiがつながらない、切れる時にチェックすべきポイントと対応方法について
Wifiが切れたりつながらない場合について、確認すべきチェックポイントや原因の切り分けと基本的な対処方法について記載しています。

「スピーカーから音が出なくなったとき

突然音が出なくなったときにはパソコンの再起動から始め、段階を踏んで対応していきましょう。

▼以下の記事を参照いただき、上から順番に試してみてください。

パソコンから突然音が出なくなった時の原因と簡単に直す方法
突然パソコンから音が出なくなってしまうと困ってしまいますよね。スピーカーやイヤホン、ヘッドセットから音が出ない場合の対応方法をまとめましたのでご参考ください。

「自動修復」の青い画面が表示されたとき

「自動修復でPCを修復できませんでした」と表示される場合、最悪ハード故障の可能性もありますが、対処により復旧できるかもしれません。

▼困ったら、以下記事の手順をお試しください。

Windowsが自動修復となって起動できなくなった時の対処法
ハードウェアの故障、WindowsUpdateの失敗などによりWindowsが正常に起動できなくなった場合の切り分けに関する紹介です。対処方法によっては最小限の被害で復旧できる可能性もあるため、Windowsの起動に問題が発生した場合ぜひ本記事の内容をご確認ください。

Officeアプリケーションが重い:アプリケーションごとに対応

Windowsの設定を変更するとパソコンの動作が快適になりますが、Officeの各アプリやファイルについても同様のケースがあります。

詳しくは以下の記事を参照ください。トラブル対応についてもご紹介しています。

▼Outlookが重い・トラブルのとき

Outlookが重い、遅い原因は?改善するための対策は?
長年パソコンを使い続けるとOutlookが重い、遅いなどOutlookの調子が悪くなることがあります。この記事ではOutlookが重いときの対処方法とあまり効果がなかった方法をまとめました。Outlookの不調にお悩みの方はぜひ参考にしてください。
Outlookで起こる不具合の解決方法まとめ【Windows Update / Windows10】
アウトルックはとても便利なツールですが時に様々な不具合が起こることがあります。このページを参考に対応してみてください。

▼エクセルが重い・トラブルのとき

Excelの動きが重い、遅いとき軽くするためには?7つの解決方法を紹介
Excelの起動が重い・遅い原因は、ファイルのデータが多いこと、Excelの自動的な機能が働くことです。この記事ではファイルのサイズを小さくする、不要な機能を外すための7つの対処方法を図解でご紹介します。どの方法も5分ほどで設定可能です。
Excelが応答なし!フリーズして固まってしまう原因と対処法
MicrosoftExcelの処理が停止し「応答なし」となってしまった場合の原因と対処法をお伝えする記事です。Excelがフリーズする原因から、今後発生しないようにするための対策や操作、エクセル・Windows設定についてもご紹介しています。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

PCのトラブルや不調不具合を解消する方法まとめ

パソコントラブルや不調の時の対応方法・テクニックについて解説しました。自分ではわからないと思っていても、対応できることは意外と多いものです。

人に相談する、メーカーに問い合わせるなどの場合にも、上記の対応を一とおり試した後なら解決が早くなります。あきらめる前にぜひ一度、ご紹介したテクニックをお試しください。

もちろんとげおネットにご相談いただくのも有効です。お気軽にお問い合わせください。

それでもだめなら、パソコンのスペック不足も疑ったほうがよいでしょう。とくに5年以上使い続けているパソコンの場合には、買い換えも視野に入れることをおすすめします。おおよそ5年で各部品(パーツ)の寿命が近づいてくるためです。

パソコンの寿命は何年?買い替えのタイミングと延命方法
長い間パソコンを使っていると動作が重いと感じたことがありませんか?可能性としてパソコンの寿命が近づいている場合があります。この記事では、パソコン買い換えのタイミングとパソコンの寿命が近づいたときどんな症状が発生するのか事例、延命方法をまとめました。

関連記事

▼Windowsの重い・遅いに対応するとき、以下の記事も参考になります。

遅い重いWindows10を高速化する5つの方法
Windows10の調子がおかしいときがありますよね。動作がやけに遅かったりして、ストレスがたまると思います。この記事では、遅いWindows10を高速化する方法を解説しております。遅いWindows10に困っている方は参考にしてください。
【効果絶大!!】遅いパソコンが確実に速くなる方法【必見!!】
パソコンの動作を速くする方法をまとめました。
パソコンが遅くなる4大原因とPCを速くする簡単な方法
パソコンの起動が遅い、動作が重いというのは、パソコンを使っていると最も直面しやすいトラブルの一つだと思います。弊社でもよく問い合わせを受ける質問の一つでもあります。 最新記事を更新しました↓↓こちらもご覧ください。 パソコンが急に遅くなった...

▼パソコンが突然フリーズ/停止したとき、役立つ記事です。

パソコンがフリーズして固まる原因と対処法
パソコンが動作を受け付けなくなる「フリーズ」状態になった場合の対処方法をまとめています。多くの場合強制再起動を行うことで解決できますが、直前の作業が失われてしまいます。状況によっては手戻りを最小限にすることができる場合もあります。

▼Officeのトラブルについては、以下の記事を参照ください。

Outlook,Word,ExcelでハイパーリンクやURLがクリックできないエラー
先週のサポート先でお客様より次のような質問がありました。 「Outlookのメール本文内のURLをクリックすると、変なエラー表示が出て、リンク先に移動できない」ということです。色々と試行錯誤しながら解決しましたので、こちらにその手順を書いて...
Outlookで起こる不具合の解決方法まとめ【Windows Update / Windows10】
アウトルックはとても便利なツールですが時に様々な不具合が起こることがあります。このページを参考に対応してみてください。
Excelの動きが重い、遅いとき軽くするためには?7つの解決方法を紹介
Excelの起動が重い・遅い原因は、ファイルのデータが多いこと、Excelの自動的な機能が働くことです。この記事ではファイルのサイズを小さくする、不要な機能を外すための7つの対処方法を図解でご紹介します。どの方法も5分ほどで設定可能です。

▼パソコンの動作が不安定なときは「セーフモード」での起動も有効です(上級者向け)

Windowsをセーフモードで起動する3つの方法
Windows PCの調子が悪いとき、セーフモードで起動すると状況が改善されることがあります。この記事ではセーフモードとは何か解説し、起動する方法をまとめました。OSの不調かアプリケーションの異常か原因の切り分けをする際に、参考にしてください。

▼パソコンの使用中に、突然青い画面(ブルースクリーン)になったときの対応方法です(上級者向け)

Windowsで青い画面が出て起動しない!ブルースクリーンの原因と対応方法
windowsで動作が停止しOS強制再起動が行われてしまうブルースクリーン(ブルスク、BSOD)。作業データの喪失や最悪機器故障に至る場合もあります。原因を比較的絞り込みやすいエラーでもあるため、本稿で発生可能性別に原因と対処法を記しています。

▼ノートパソコンの電源が入らなくなったときの対応方法(上級者向け)

突然パソコンの電源が入らない起動しないWindows10。解決するための方法とは
突然パソコンの電源が入らない、パソコンが起動しない。そんなトラブルの解決方法をご紹介します。原因はWindows10 Update!?パソコンの内部(バッテリーやメモリー)に帯電した電気を放電することでパソコンが起動することがあります。参考にしてください。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

どうしてもうまくいかない時は

インターネットで検索して色々な方法を試してみたけどうまくいかない…

うまくいかない人

とげおネットまで
お気軽にご相談ください!!

電話・メールフォームから
お問い合わせください!
▼ ▼ ▼

とげおネットでは
出張サポートにて
お力になれます!