データが消えた!OneDrive使用上のトラブル!

データが消えた!OneDrive使用上のトラブル!
取扱注意!OneDrive使用上のトラブル

OneDriveはMicrosoftが提供するオンラインストレージサービスです。

Windows10/Windows11では標準でOneDriveが組み込まれており、Microsoftアカウントと連携すれば無料で5GBまで利用可能です。Officeソフト(Word、Excel、PowerPointなど)のサブスクリプションサービスであるMicrosoft365を利用するとOneDriveへの保存容量が1TBまで利用可能となります。

OneDriveに保存されたデータは、ローカルドライブのようにエクスプローラー上でファイル操作ができるほか、スマートフォンアプリからの参照、URLを配布することで他のユーザともファイルを共有し共同で編集することも可能です。

便利なOneDriveに落とし穴が…

使い方では非常に便利なOneDriveですが、使い方を誤ってしまうとデータを喪失する危険性があります。OneDriveのサービス自体は非常に堅固なサービスの為、正常利用している限りMicrosoft側の不具合でデータが喪失することはまずありません。しかし、OneDriveの独特な仕組みを踏まえて利用しないとデータが消えてしまう可能性があります。

OneDriveの基本的な仕組みについて

OneDriveはオンラインストレージサービスの為、実際のデータはクラウド上(インターネットの先にあるMicrosoftのサーバ)に保存されています。多くのオンラインストレージサービスは、保存されたデータにアクセスするためには、ブラウザから該当サービスにログオンし、ファイルをダウンロードし、アップロードすることでデータを保存できます。

クラウドストレージサービスのブラウザを通じてファイルをやりとりしている図

クラウドストレージサービスはブラウザを通じてファイルをやりとり

OneDriveは、Microsoftアカウントとの連携によって、一見すると通常のローカルフォルダのように操作できるようになっています。その実態は、OneDirveアプリが連携したMicrosoftアカウントに応じて、OneDrive用のローカル保存領域(デフォルトは C:\ユーザー\(ユーザ名)\OneDrive)にファイルをダウンロードしてきます。ローカル保存領域のファイルが更新された場合は、自動的にクラウド側の情報へ同期するという仕組みです。

OneDriveの選択画面を矢印で指している

OneDriveはWindowsのExplorerで操作可能

注意すべきは、ローカル保存からの同期

クラウド側のデータが不整合を起こすことはほとんどありません。厳密なアカウントの管理が行われているので、シンプルに運用する分には特に留意すべき点はありません。しかし、特殊な運用やイレギュラーな操作を行った際に、ファイル同期が適切に処理されなくなってしまう事でデータが喪失してしまう可能性があります。

次の項目では、具体的にOneDriveのデータで不整合を起こしやすいケースについて説明します。

OneDriveの保存データが不具合を起こすケース例

ここでは、OneDriveに保存されているデータが喪失する危険性のある操作について、いくつかのケーススタディを記載します。もしOneDriveを使っていて、実際にこれらのケースを行う想定がある場合には、十分注意してください。

1つのMicrosoftアカウントを複数人で同時に利用する(使い回し)

何らかの事情で、1つのMicrosoftアカウントを複数人で共有して使っていることはないでしょうか?この行為自体、マイクロソフトだけではなく、多くのサービスで規約上禁止をしたり、秘密情報の管理不徹底による責任は保証しないなどとされています。規約以外においても、パスワードの漏洩によるセキュリティ事故の危険性もあるので、基本的には推奨されない運用です。

そのうえで、OneDriveの仕組みに置き換えると、異なるWindows端末で複数の同一Microsoftアカウントが同時に稼働すれば、ローカル領域が多重に管理され、結果としてデータのデグレーション(編集したのに先祖返りする現象)や最悪データの破損・喪失の可能性につながります。

かつてはこのような運用をしなければ共同作業ができない時代もありましたが、現在はOneDrive上のリンクを共有することで同じファイルを安全に編集することができる機能もあります。

⇒Microsoftアカウントに限らず、アカウントの共有利用(使い回し)をすることは止めましょう。

新しいPCに入れ替えた場合

悪意のないイレギュラーなケースとしては、PCの故障や買い替えにより新しいPCに変えた際に、少々注意が必要です。

旧PCから新しいPCに乗り換えた際、OneDriveをみるとデータが消えているように見える場合があります。実際にデータが消えているわけではなく、ローカル保存されたデータが見えていないだけなので、通常の手続きでMicrosoftアカウントと連携すれば新しいPCにOneDriveの保存データが同期されます。OneDriveの同期はあくまでクラウド側を優先します。

新しいPCに移行した際は、OneDriveの同期が完了するまで、保存先を変えるなどの設定変更をしないようにしてください。同期の完了は、通知領域(画面右下のアイコン群)のOneDriveアイコンから状況を確認できます。

デスクトップ画面のOneDriveアイコンを丸で囲んでいる

Windowsの画面右下にある「通知領域」(旧タスクトレイ)

OneDriveの「ファイルが同期されています」の文言に下線を引いている

OneDriveが「同期完了」している状態

なお、OneDriveではデフォルトでファイルオンデマンド機能が有効となっており、実ファイルは実際にダブルクリック等で起動するまでクラウドからダウンロードはされず、ファイル名だけが記録されています。OneDriveで数百GB単位のファイルを運用している場合、ローカルドライブ(デフォルトはCドライブ)の空き容量が問題ないかも注意ください。

⇒新しいPCに移行した際は、同期が完了するまで保存先等OneDrive設定を変更しない

複数のWindowsPCで同一Microsoftアカウントを利用する場合

複数のWindowsPCを所有し、同一のMicrosoftアカウントを利用するケースは、近年は増えているのではないでしょうか。例えば据え置きのPCとMicrosoft Surface(Microsoft製の高性能モバイル端末)で利用しているなどです。これはもちろんマイクロソフトの規約には違反しませんが、「ドキュメント」フォルダにデータベース系のファイルを保存する場合は注意が必要です。

よくあるのが、Outlookで使われる「PST」ファイルがドキュメントフォルダに保存され、複数のWindowsPCで利用した結果PSTファイルが破損してしまうというケースです。そのほかのアプリケーションでも保存データや管理データがドキュメントフォルダに保存されることで同様のケースが発生する可能性があります。

複数のWindowsPCを利用する場合、解決策としてOneDriveをメインPCの1台だけにして他のPCではOneDriveを無効にする、PSTファイルのような管理データの保存先をドキュメントフォルダ以外に変更するなどの対策をしてください。

OneDriveの「このPCのリンク解除」のボタンを丸で囲んでいる

「PCのリンクを解除」でOneDrive連携を停止可能。

⇒複数のWindowsPCで利用する場合「ドキュメント」フォルダに保存される管理ファイル(OutlookのPSTファイルなど)に注意する。またはOneDriveの利用は1台のPCに限定する

OneDriveから「消えた」ように見えても…?

OneDriveに保存しているファイルは設定方法によって、一見すると「消えて」しまっているように見える場合があります。

  • 初めてWindows上でOneDriveを使った際、これまで「ドキュメント」「ピクチャ」に保存していたデータが消えた
    ⇒OneDrive内の「ドキュメント」「ピクチャ」に移動している場合があります
  • 実際に削除を実施してしまった
    ⇒30日以内ならブラウザ版のOneDriveの「ごみ箱」から復旧することが可能
  • OneDriveをPC上からアンインストールしてフォルダが消えた
    ⇒アンインストールしても実データはクラウド上に残っている

いずれにしても、エクスプローラー上から見えなくなった場合は、一度ブラウザ版OneDriveにアクセスしてみてください。ここからファイルが救出できる場合があります。

Microsoft OneDrive
Microsoft または Office 365 アカウントで OneDrive にログインします。

また、OneDriveでも不慮のミスなどでファイルが消える可能性もゼロではないことや、ネットワーク障害などでインターネットが使えないとファイルにアクセスできなくなる可能性もあるので、重要なファイルであればさらに別のクラウドストレージサービスや外付けUSB、NASなどに保存することも手段の一つです。NASによっては独自にOneDrive連携・バックアップが可能な機能を持つ場合もあります(NASでOneDrive連携を使う場合は運用方法や同期方向にご注意ください。設定によっては、バックアップのみにすることも可能です)

管理者向け:OneDriveの活用には注意点も

非常に便利なOneDriveですが、管理者にとってはリスクがあり、注意も必要です。リスクは主に情報漏えいの観点です。

従業員個人のOneDriveに注意

OneDriveはブラウザからもアクセス可能なクラウドストレージサービスです。つまり、インターネットが利用可能であればどこからでもファイルのアップロード・ダウンロードが可能です。

企業においては、企業情報が簡単に持ち出せる抜け穴となってしまいます。かつてUSBメモリで懸念されていたことが、今度はクラウドストレージサービスを経由してリスクが存在します。

ただし、OneDriveそのものへのアクセスを禁止してしまうと、会社で利用しているMicrosoft365まで使えなくなってしまいます。また、Teamsのファイル共有機能や画像投稿、Excelの共同作業機能ではOneDrive領域を使用している場合があるので、OneDriveのアクセスを完全に拒否してしまうとこれらMicrosoft365の付加機能が使えなくなるという不便さもあります。

Microsoft IntuneなどのMDM/MAMを導入することである程度の制御ができる場合もありますが、USBメモリなどのように完全にシステム的に制御し使わせないことは現時点では難しいです。情報漏えいなどの悪用については、システム的な制御・監視だけではなく、従業員への研修・教育によるリテラシーの確保や、契約書やNDAなどを締結することで損害が発生した際の責任を明確にするといった対処も必要となります。

会社利用のOneDriveの利用先にも注意

個人向けOneDriveと同様、会社利用のOneDriveの利用にも注意が必要です。同じくインターネットさえ使えればOneDriveはどこからでもアクセスできます。つまり、業務情報を自宅から参照したり、インターネットカフェなどの公共施設からも参照できてしまいます。自宅がマルウェアに感染して保存データが外部流出したり、公共施設でダウンロードされたファイルがローカルに残存し、第三者がファイルにアクセスできてしまう可能性があります。

テレワークの普及により避けられない部分もあるかもしれませんし、個人用と同様、会社利用OneDriveも「特定の場所からはアクセスできない」という仕組みにすることがかなり困難です。

これも、Intuneによる制御や、重要情報はOneDriveではなくMicrosoft Azureなどクローズの環境で仮想デスクトップなどの環境を構築する等、手段がないわけではないですが、コストや管理が非常に難しくなるため、現実的な方法は、やはり従業員研修やNDAを締結する等で対処することになりそうです。

まとめ

OneDriveに関する注意点についてご紹介しました。

クラウドストレージサービスは非常に便利な反面、ローカル保存とは異なる挙動をすることで注意しなければならない事項があることを認識してただければと思います。

また管理者においては、利便性と同時に安全性についても慎重に検討し、可能な限りの技術的対策と同時に従業員の教育や社内制度の整備などといった側面からも対応を検討してみてください。

もしOneDrive運用でお困りの差異には、とげおネットまでご相談くださいませ。

参考記事:

【クラウドストレージ】Dropbox Businessアカウントで業務効率が大幅UP!!
オンラインストレージの中でも、もっとも知名度が高いサービスは「Dropbox」ではないでしょうか。みなさんも個人で無料版を使われている方が結構いると思います。このDropboxには法人向けの「Dropbox Business」というサービス...
office365 SharePointを使った感想とGoogleドライブ,Dropboxとの比較
少し前に、お客様より「office365」の導入についてのご相談を受けました。 特にクラウドストレージサービスについてお悩みのようで、office365の「SharePoint」、Googleドライブ、Dropboxの3つのサービスを...
Outlook.comで添付ファイルがダウンロードできない時の対処法
先日、サポート先のお客様に、「Outlook.com」についての質問をお受けしました。 内容は、「Outlook.com」で受信したメールの添付ファイルがダウンロードできないといったことでした。会社に戻り、色々と試してみた結果をこちら...

内容に関する注意事項

あくまで参考情報となりますので、本サイトの記述に従って設定をされるときは自己責任にてお願い致します。状況によって取るべき手段が異なり全てのケースを網羅出来ているわけではありませんので記述通りに設定すれば必ず設定出来るわけではございません。ご了承ください。

出張エリア一覧 /パソコン修理・ITサポート

東京23区
渋谷区, 千代田区, 東京都中央区, 港区, 新宿区, 文京区, 台東区, 墨田区, 江東区, 品川区, 目黒区, 大田区, 世田谷区, 中野区, 杉並区, 豊島区, 荒川区, 東京都北区, 板橋区, 練馬区, 足立区,
葛飾区, 江戸川区
東京都下
八王子市, 立川市, 武蔵野市, 三鷹市, 青梅市, 府中市, 昭島市, 調布市, 町田市, 小金井市, 小平市, 日野市, 東村山市, 国分寺市, 国立市, 福生市, 狛江市, 東大和市, 清瀬市, 東久留米市,
武蔵村山市, 多摩市, 稲城市, 羽村市, あきる野市, 西東京市
埼玉県
【さいたま市】西区,北区,大宮区,見沼区,中央区,桜区,浦和区,南区,緑区,岩槻区
川越市,熊谷市,川口市,行田市,秩父市,所沢市,飯能市,加須市,本庄市,東松山市,春日部市,狭山市,羽生市,鴻巣市,深谷市,上尾市,草加市,越谷市,蕨市,戸田市,入間市,朝霞市,志木市,和光市,新座市,桶川市,久喜市,北本市,八潮市,富士見市,三郷市,蓮田市,坂戸市,幸手市,鶴ヶ島市,日高市,吉川市,ふじみ野市,白岡市
【北足立郡】伊奈町
【入間郡】三芳町,毛呂山町,越生町
【比企郡】滑川町,嵐山町,小川町,川島町,吉見町,鳩山町,ときがわ町
【秩父郡】横瀬町,皆野町,長瀞町,小鹿野町
【東秩父村】児玉郡,美里町,神川町,上里町
【大里郡】寄居町
【南埼玉郡】宮代町
【北葛飾郡】杉戸町,松伏町
千葉県
【千葉市】中央区,花見川区,稲毛区,若葉区,緑区,美浜区
銚子市,市川市,船橋市,館山市,木更津市,松戸市,野田市,茂原市,成田市,佐倉市,東金市,旭市,習志野市,柏市,勝浦市,市原市,流山市,八千代市,我孫子市,鴨川市,鎌ケ谷市,君津市,富津市,浦安市,四街道市,袖ケ浦市,八街市,印西市,白井市,富里市,南房総市,匝瑳市,香取市,山武市,いすみ市,大網白里市
【印旛郡】酒々井町,栄町
【香取郡】神崎町,多古町,東庄町
【山武郡】九十九里町,芝山町,横芝光町
【長生郡】一宮町,睦沢町,長生村,白子町,長柄町,長南町
【夷隅郡】大多喜町,御宿町
【安房郡】鋸南町
神奈川県
【横浜市】鶴見区,神奈川区,南区,港南区,保土ケ谷区,旭区,磯子区,港北区,緑区,青葉区,都筑区,戸塚区,栄区,泉区,瀬谷区
【川崎市】川崎区,幸区,中原区,高津区,宮前区,多摩区,麻生区
【相模原市】南区,中央区,緑区
【横須賀三浦地域】横須賀市,鎌倉市,逗子市,三浦市,三浦郡葉山町
【県央地域】厚木市,大和市,海老名市,座間市,綾瀬市,愛甲郡愛川町,愛甲郡清川村
【湘南地域】平塚市,藤沢市,茅ヶ崎市,秦野市,伊勢原市,高座郡寒川町,中郡大磯町,中郡二宮町
【県西地域】小田原市,南足柄市,足柄上郡中井町,足柄上郡大井町,足柄上郡松田町,足柄上郡山北町,足柄上郡開成町,足柄下郡箱根町,足柄下郡真鶴町,足柄下郡湯河原町
栃木県
宇都宮市,足利市,栃木市,佐野市,鹿沼市,日光市,小山市,真岡市,大田原市,矢板市,那須塩原市,さくら市,那須烏山市,下野市
【河内郡】上三川町
【芳賀郡】益子町,茂木町,市貝町,芳賀町
【下都賀郡】壬生町,野木町
【塩谷郡】塩谷町,高根沢町
【那須郡】那須町,那珂川町
【大阪市】西淀川区,淀川区,東淀川区,此花区,福島区,北区,都島区,旭区,港区,西区,中央区,城東区,鶴見区,東成区,生野区,天王寺区,阿倍野区,西成区,浪速区,大正区,住之江区,住吉区,東住吉区,平野区
豊中市,吹田市,摂津市,守口市,門真市
兵庫県
尼崎市,伊丹市,西宮市
広島県
【広島市】中区,東区,南区,西区,安佐南区,安佐北区,安芸区,佐伯区
【安芸郡】府中町,海田町,熊野町,坂町

※弊社パートナーによる提供地域を含みます。

パソコン修理/ITサポートブログ
PC,LAN,WiFi,NASの出張トラブル解決,中小企業のITサポートは(株)とげおネット