当サイトではアフィリエイト・アドセンス広告を掲載しています

いらないOneDriveの同期解除とアンインストールするための事前準備と注意点

パソコントラブル出張相談受付中! TEL:050-6877-6115

時間外はフォームから!

OneDrive 同期解除とアンインストールその際の注意点
OneDrive 同期解除とアンインストールその際の注意点

Windowsを使う時、自動的に有効になるOneDriveは便利なツールですが、「使わないのでウザい」と思う方も多いことでしょう。

勝手な同期を解除したり、OneDriveそのものを削除してしまいたいと思い、実際に削除しようとしている方も多いと思います。

でもちょっと待ってください!

削除することは可能ですがOneDriveの仕組みを知らずに同期解除やアンインストールをしてしまうと大事なデータまで消えてしまうことは珍しくありません。

OneDriveの仕組みを知って大事なデータを消してしまうことなく安全にOneDriveの同期解除、アンインストールする方法をまとめましたのでご参考ください。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

モバイル用
Video広告

OneDriveとは?

OneDriveはMicrosoftが提供するクラウドストレージです。Microsoftアカウントにサインアップすると無償で5GBまで使用することができます。Microsoft365を利用するなど、他のサブスクリプションに加入していれば、さらに使用可能な容量が増えます。

OneDriveの活用方法はさまざまに存在しますが、本記事では、OneDriveが不要な場合においての解除方法及び注意点を記載します。

Microsoftのアカウントと連動しクラウドで保存されるという点は、操作方法によっては保存データが喪失するなどのリスクが起こる場合もありますので、対応の際には十分注意が必要です。

原則として同じアカウント(マイクロソフトアカウント、365アカウント)でログインしているパソコンが複数ある場合、そのパソコン間でOneDriveが半自動的にデータを共有します。「同じ人が複数のパソコンを利用している」と認識するわけです。そのため会社で複数の社員が同じアカウントを使い回していたりすると問題が起こりやすくなります。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

OneDriveをアンインストールする前に注意すること

OneDriveをアンインストールする前に注意しておくことがいくつかあります。以下に列挙します。

・OneDriveをアンインストールすると即座にプログラムが削除され同期していたファイルやアイコンも削除される。
※警告メッセージはなく問答無用で削除されます。後述のように容量超過している時は特に注意が必要です。
・OneDriveをアンインストールしてもクラウド上のデータは残る
・OneDriveアプリインストール後に削除されるフォルダ、ファイルは特定の場所
・アプリ再インストール時はデータを不用意に上書かないように注意

それぞれの内容の詳細について以下の各章をご覧ください。

容量超過しているときはアンインストールに特に注意!!

特に無料版(上限5GB)でOneDriveを利用している時は特に注意が必要です。
クラウド側のOneDriveで保存容量を超えている場合、以下のようなエラーメッセージが出ます。

「ストレージがいっぱいです」エラー

「ストレージがいっぱいです」エラー

また、OneDriveの同期フォルダを確認すると、実際にクラウドへ保存されていないファイルにエラーマークがついています。

OneDrive容量オーバーによるエラー

OneDrive容量オーバーによるエラー

容量オーバーのままアンインストール等を実施すると、保存ファイルを喪失する恐れがありますので、アンインストールをする前に、以下のいずれかを事前に実施することを強くお勧めします

  • アンインストールする前に不要ファイルを削除して、上限容量以内に収まるようにする(OneDriveへの同期エラーがない状態にする)
  • OneDrive保存フォルダ自体をUSBメモリーやNASなど別の場所にバックアップする

 

OneDriveをアンインストールしてもクラウド上のデータは残る

OneDriveをアンインストールすると、アンインストールしたPCに対してファイル同期が行われなくなるだけで、クラウド上に存在する保存データそのものは削除しません。クラウド上の保存データは、ブラウザからも参照することができます。

個人用のクラウド ストレージ - Microsoft OneDrive
ファイルや写真を OneDrive に保存しておくと、どのデバイスでも、どこからでもアクセスできます。詳細情報をご覧になり、5 GB 分の無料個人用クラウド ストレージを今すぐ入手してください。

 

ブラウザ上では、Explorerのような柔軟な操作はできませんが、ファイルのアップロードやダウンロード、Microsoft365を利用していればブラウザ上での編集も可能です。

OneDriveアプリインストール後に削除されるフォルダ、ファイルは特定の場所

アンインストールするまでに同期され、ローカルPCにダウンロードされたファイルやデータのうち、「OneDrive」フォルダにダウンロードしていたファイルは、アプリケーションをインストールしてもPC上にデータが残り続けます。設定を変更していない場合は、以下の場所に保存されています。

C:\ユーザー\(ログインユーザー名)\OneDrive

「ピクチャ」「ドキュメント」「デスクトップ」がOneDriveで同期されている場合、クイックアクセスやExplorerのホームメニューからアクセスできるフォルダから表示は消えますが、上記OneDriveフォルダ内の「ピクチャ」「ドキュメント」「デスクトップ」には残っています。

アプリ再インストール時はデータを不用意に上書かないように注意

OneDriveを過去に利用しており、再インストールする場合、OneDriveのフォルダの場所に注意が必要です。再インストールした場合など、既定のOneDriveフォルダがすでにローカルPCに存在する場合、以下のようなメッセージが表示されます。

「OneDriveフォルダーは既にこのコンピューターに存在します」

「OneDriveフォルダーは既にこのコンピューターに存在します」

もしこのメッセージが出た場合原則は「新しいフォルダーを選択」を使用し、任意の新しいフォルダー(中身が空のフォルダー)を選択してください。

「このフォルダーを使用」を選択したり、何らかのデータが入っているフォルダを選択すると、指定したローカルPCフォルダの内容を基にクラウド上のOneDriveデータ自体を同期してしまう可能性があり、状態によってはクラウド上に保存しているデータを不適切に上書きしてしまう場合もあります。

デフォルトのOneDriveフォルダ以外を指定し、過去のOneDriveフォルダが残ったままだと、将来的に管理する際に混乱や誤動作を招く元となります。もし上記警告メッセージが想定しておらず、過去のOneDriveフォルダを明示的に残す必要がない場合は、一旦インストールを中止し、ローカルPCに以下のフォルダが存在することを確認しましょう。

C:\ユーザー\(ログインユーザー名)\OneDrive

中身を確認し、不要であれば削除しましょう。必要なのであれば、フォルダを過去のOneDriveフォルダであることがわかるようなリネームをしたうえで、インストールをしたほうが安全です。

 

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

OneDriveを実際にアンインストールする方法

OneDriveは、Windows11導入時(OSセットアップ時にMicrosoftアカウントにサインアップした場合)に最初からインストールされています。もし不要な場合は、コントロールパネルのプログラムと機能 > プログラムのアンインストールまたは変更 から、OneDriveを選択し、「アンインストール」することで該当のコンピュータからOneDriveアプリを削除することができます。

OneDriveアプリのアンインストール

OneDriveアプリのアンインストールはプログラムと機能から可能

OneDriveのアンインストールは、特にプロンプトが表示されることもなく、ユーザアカウント制御(UAC)が有効な場合は確認メッセージが出るだけで、そのまま即座にプログラムが削除されます。

OneDriveアプリが削除されることで、同期処理は停止し、デスクトップ上でOneDrive同期していたファイルやアイコンは消滅し、エクスプローラー上のOneDriveクイックアクセスも表示されなくなります。

OneDriveのクイックアクセス

OneDriveのクイックアクセス

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

どうしても上手くいかない時は

インターネットで検索して色々な方法を試してみたけどうまくいかない…

うまくいかない人

とげおネットまで
お気軽にご相談ください!!

電話・メールフォームから
お問い合わせください!
▼ ▼ ▼

とげおネットでは
出張サポートにて
お力になれます!

 

パソコントラブル出張相談受付中! TEL:050-6877-6115

時間外はフォームから!

インターネットで検索して色々な方法を試してみたけど上手くいかない場合はとげおネットまでお気軽にご相談ください。出張サポートにてお力になることが可能です。

    お問い合わせいただくにあたってPrivacy Policyの確認と同意をお願い致します。 

    お問い合わせいただいた内容に関しまして社内で確認の上、担当者から連絡させていただきます。連絡までお待ちいただければ幸いです。

    OneDriveの同期状況を変更する

    OneDriveのアンインストールはせず、同期したいフォルダと同期しないフォルダを変更するという設定ももちろん可能です。ただし、この操作も、適切に行わないとクラウド上に保存しているデータに影響が及ぶ可能性があります。十分注意して実施しなければいけません。

    OneDriveの設定画面へのアクセスと、設定時の効果

    タスクバー右下の通知領域内にあるOneDriveアイコンから「設定」を選択することで、OneDriveメニューを開き、「設定」ボタン > 同期とバックアップ > 「バックアップを管理」で同期状況を変更することができます。

    通知エリアのOneDriveアプリ→設定画面へ

    通知エリアのOneDriveアプリ→設定画面へ

    設定画面では「ドキュメント」「写真(ピクチャー)」「デスクトップ」の同期を行うかどうかを変更することができます。

    チェックをONにすることで、ローカルPCの上記フォルダに保存されたデータをクラウド上にバックアップすることができます。

    OneDrive「バックアップを管理」画面

    OneDrive「バックアップを管理」画面

    同期をON→OFFにした場合

    OneDriveクラウド上で保存されているデータは、OFFにした瞬間にそれぞれのフォルダからは表示されなくなります。ただし、元データは「OneDrive」フォルダ内から参照することは可能です。

    例えば「デスクトップ」を同期していた場合、同期をOFFにするとOneDriveで同期していたファイルはデスクトップの表示は消えますが、OneDrive > デスクトップ フォルダには残っており、このフォルダ自体はクラウドデータと同期していますので引き続き最新ファイルを参照したり編集して同期させることが可能です。

    同期をOFF→ONにした場合

    ONにした時点でクラウド上に保存されているファイルが瞬時に反映され、Explorer上で確認することができるようになります。

    ただし、ローカルPC上の実データとしてダウンロードするのは、(デフォルト設定では)ファイル実行時のため、それまでローカルPCの容量を圧迫することはありません。特定のファイルまたはフォルダを完全にダウンロードし、オフラインでも常に使用するようにすることも可能です。

    OneDriveファイルのステータス

    OneDriveファイルのステータス

    また、ONにした際に、該当の場所に保存されているファイルは、順次OneDrive上にバックアップされます。バックアップ完了までにかかる時間は、保存しているファイル数やファイルサイズ・使用しているPCのスペック・回線速度によって依存します。ファイル数が多かったり、回線速度が遅かったりするなどの理由で、同期が完全な状態になるまである程度の時間がかかる可能性があることも注意が必要です。

     

    OneDriveの同期解除、アンインストールに関する注意点まとめ

    いかがだったでしょうか。

    OneDriveは便利な機能ですが、仕組みがやや複雑なこともあり、使い方によっては思わぬデータの損失を招く可能性があります。特に同期停止やアンインストールを行った際には、ローカルPC上のデータやクラウド上のデータがどのような扱いになるか、十分注意の上対応を行ってください。

    もしOneDriveの扱いに関する不明点がありましたら、とげおネットまでお気軽にご相談ください。

    OneDriveのトラブル対応記事

    OneDriveの対応に関する記事は以下の通りです。

    データが消えた!OneDrive使用上のトラブル!
    Microsoftのクラウドストレージサービス「OneDrive」。WindowsOSで標準でインストールされる便利なツールです。しかし、データが喪失したり破損したりするなどのトラブルも多いようです。本稿ではOneDriveにまつわる注意点や対策をまとめています。

    クラウドストレージに関する記事

    OneDriveやその他のクラウドストレージに関する記事は以下の通りです。

    サポート事例:office365 SharePointを使った感想とGoogleドライブ,Dropboxとの比較
    少し前に、お客様より「office365」の導入についてのご相談を受けました。 特にクラウドストレージサービスについてお悩みのようで、office365の「SharePoint」、Googleドライブ、Dropboxの3つのサービスを利用し...
    【クラウドストレージ】Dropbox Businessアカウントで業務効率が大幅UP!!
    オンラインストレージの中でも、もっとも知名度が高いサービスは「Dropbox」ではないでしょうか。みなさんも個人で無料版を使われている方が結構いると思います。このDropboxには法人向けの「Dropbox Business」というサービス...

    土日祝日受付可能

    電話 05068776155受付可能時間9:00~23:00

    受付可能時間9:00~23:00 土日祝日受付可能

    24時間受付WEBから相談する24時間受付WEBから相談する