当サイトではアフィリエイト・アドセンス広告を掲載しています

無線Wifi・無線LANを社内オフィスに導入するメリット&デメリットと注意点について

パソコントラブル出張相談受付中! TEL:050-6877-6115

時間外はフォームから!

無線Wifi・無線LANを社内オフィスに設定/導入するコツ、メリット&デメリットと注意点

一昔前までは、社内LANといえば有線で繋ぐことが当たり前でしたが、最近では無線LAN/無線Wifiを導入する企業が増えてきました。

増えてきた理由としては、スマートフォンだけでなくタブレットや超薄型ノートパソコンなど、業務でモバイル系の端末を使う事が多くなったことや、新しい通信規格が出てきて通信速度が上がったこと、無線ルーターの性能向上などが挙げられると思います。

メリットとデメリット、導入の際に注意することをまとめました。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

モバイル用
Video広告

無線Wi-Fiにするメリットデメリット

無線Wifi・無線LANを社内オフィスに設定/導入するコツ、メリット&デメリットと注意点
確かに便利なWifiですが、使い方を間違えると情報漏えいに繋がるような事も起こり得ます。そこで、Wifiを導入するにあたって「最低限これだけは知っておくべき事!」をこれからご紹介します。まずはこちらをしっかり読んでください。

Wifiにするメリット

・配線やケーブルが必要ないので、使う場所を選ばない
・一定の場所内ならどこからもインターネットにアクセスできる
・レイアウト変更にも面倒な工事が必要なく有線よりも低コストでLANの構築が可能
・特にモバイル端末などのインターネット接続が容易になる

Wifiのデメリット

・場所(遮蔽物等)によって電波が弱くなる
・有線LANに比べ、通信が不安定になりやすくスピードも落ちることが多い
・場所によって回線が不安定な所ができる可能性がある。
・トラブルが起こったときに原因を特定するのに時間がかかり対応が難しい
・ただ乗りされたときに気づきにくく(勝手に使われる可能性が有る)セキュリティー対策をしっかりしないと危険

以下の記事もご覧ください。

Wifiがつながらない、切れる時にチェックすべきポイントと対応方法について
Wifiが切れたりつながらない場合について、確認すべきチェックポイントや原因の切り分けと基本的な対処方法について記載しています。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

有線LANのメリット・デメリット


一方で有線LANのメリット・デメリットは以下の通りです。

有線のメリット

・回線が安定している
・無線に比べて速度が出る
・接続端末は全て可視化される

有線のデメリット

・使う場所を物理的に制限される
・LANの構築に配線工事などが必要になる
・ケーブルの整理が大変になる
・レイアウト変更が難しい
・スマートフォンやタブレット端末が使えない

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

無線Wifiのセキュリティー

社内無線LANの注意点/無線Wifiのセキュリティー
無線Wifiにつなげる時のID(SSID)のセキュリティー規格にはいくつかあって年々セキュリティー強度の高いものが出てきています。最新のセキュリティー規格に対応したルータを導入しましょう。また特定の機器のみを無線Wifiにつなげる時は接続制限をかけるのも有効です。

無線Wifiの代表的なセキュリティー規格/WEP,WPA,WPA2

代表的なWifiのセキュリティー規格としては、WEP,WPA,WPA2,WPA3などがあります。そんな事言われてもサッパリなんですけど。。。という方がほんどだと思いますが、そういう方は「WPA3が最新の規格で1番安全!!」とだけ覚えていただければ結構です。

WPA3は2018年6月に策定された比較的新しい規格でまだWAP2までしか対応していない端末が残っている環境も多くあると思われます。この規格が広く世の中で使われるようになるまでには、まだ1〜2年ほど時間がかかるでしょう。

暗号化には「TKIP」と「AES」、2つの方式(やり方)がある

先程まで説明したのは無線Wifiの「規格」についてでしたが、もうひとつ覚えておいて欲しい重要なキーワードが「暗号化」です。暗号化の方式は「WPA3-TKIP」と「WPA3-AES」の2種類があり、どちらが最新かつ安全かというと、「WPA3-AES」になります。

つまり、最もセキュリティーレベルの高い組み合わせは、、、

「WPA3規格」+「AES暗号方式」ということになります。

セキュリティー規格 暗号方式 セキュリティーレベルの順位
WAP3 AES 1位(1番安全な組み合わせ)
WAP2 AES 2位
WAP AES 3位

WEPは昔の規格なのであえて選択することはお勧めできません。

「TKIP/AES」「WPA2/WPA3」両方に対応させることも可能

「WPA3規格」+「AES暗号方式」が1番安全ということなら、全部その組み合わせで設定すればいいのでは?と思いますがそう簡単にはいきません。無線ルーターやノートパソコン、タブレット、スマートフォンなど端末によって対応しているセキュリティー規格や暗号方式が違うからです。
例えば、2台のパソコンがあり、1台が「TKIP」(又は「WPA」)にしか対応していないケースがあるとします。そのような場合は、両方の暗号方式(セキュリティー規格)に無線接続できるようにルーターを設定することが可能となっています。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

無線ルータを選ぶポイント

無線ルータを選ぶポイント

・家庭用か法人用か・・・同時接続数で考えましょう。
・対応している「通信規格」/「セキュリティー規格」を確認する。
・付属の機能はどこまで必要か?

無線Wifiルーター/家庭用と法人向けの違いとは?

無線ルーターには「個人向け(家庭用)の商品」と「法人向けの商品」があります。もっとも大きな違いは、同時接続数です。家庭用の無線ルーターが3〜10台の接続数に対し、法人向けは10〜20台、多いものでは50〜100台という商品まであります。価格に関しても、家庭用のルーターが1万円台、法人向けのルーターは対象規模や機能などで3万円〜となっています。

ただ、法人だからといって、必ずしも「法人向けルーター」を購入する必要はありません。5〜7人くらいまでの会社だったら家庭用のルータで十分だと思います。同時接続数がそれ以上を見込まれるなら法人用をご検討ください。

詳しくは以下の記事でご確認下さい。

【Wifi導入】家庭用・業務用アクセスポイントの機能的な違いと注意点
Wifiを導入するにあたり、機器の選択として家庭用と業務用の機器選択があります。家庭用機器でも近年は性能が向上しており、小規模事務所や仕様版を制限しているなら家庭用機器でも十分要件を満たしますし、安全性や安定性であれば業務用の性能の高さがメリットとなるなど具体的な選定策の案内。

無線Wifiルーター/通信規格って何?どれがいいの?

無線Wifiルーター/通信規格って何?どれがいいの?

無線Wifiにはいくつかの通信規格(IEEE802.「11a」/「11b」/「11g」/「11n」/「11ac」)があり、それぞれ通信速度が違います。現時点では、11acに対応しているルーターを買っておけば間違いありません。11acと表記されているし無線ルーターを買えば、ほとんどの通信規格に対応しているはずです。

2023年現在「11ac」より高速な「11ax」という最新の通信規格が普及し始めています。環境によっては「11ax」に対応したルーターの購入もご検討ください。

詳細は以下の記事もご覧ください。

Wi-Fi6、Wi-Fi6Eの高速Wi-Fiルーターで速くならない場合の注意点と確認点
Wi-Fi 6とWi-Fi 6Eは、IEEE 802.11axに基づく無線通信規格です。Wi-Fi 6Eは2.4GHz帯と5GHz帯に加えて、6GHz帯を利用することで、Wi-Fi 6よりも大容量の通信が可能になりました。

通信規格ごとに電波の「帯域」が違う?5GHzと2.4GHzの違い

Wifiやラジオ、携帯電話などで利用する電波の周波数の幅「帯域(たいいき)」といいます。どの帯域を使うかで通信速度や電波の届く範囲が変わってきます。通信規格ごとに利用できる帯域が違うので、その特徴をしっかり理解しておきましょう。

5GHz・・・通信速度が速い!!障害物に弱いため、接続の安定性に欠ける。
2.4GHz・・・速度は遅いが遠くまで届く。他の無線Wifiと干渉しやすい。

無線Wifiの通信規格について

最近、規格名称が分かりづらいとのことで新しい名前で呼ばれることが多くなりました。

IEEE 802.11ax ・・・・ Wi-fi6
IEEE 802.11ac ・・・・ Wi-fi5
IEEE 802.11n ・・・・ Wi-fi4

※2022年新たに6GHz帯に対応した「Wi-Fi6E」なる規格も登場しました。

詳細は以下の記事もご覧ください。

Wi-Fi6、Wi-Fi6Eの高速Wi-Fiルーターで速くならない場合の注意点と確認点
Wi-Fi 6とWi-Fi 6Eは、IEEE 802.11axに基づく無線通信規格です。Wi-Fi 6Eは2.4GHz帯と5GHz帯に加えて、6GHz帯を利用することで、Wi-Fi 6よりも大容量の通信が可能になりました。

無線Wifiルーター/その他機能について

ここでは、ルーターに付随する様々な機能についてご紹介します。

VPN機能・・・ 拠点間接続や、外から社内LANへのアクセスが可能。
VLAN設定機能・・・1つのルーターで複数のネットワークを構築する
ファイヤーウォール/UTM機能・・・セキュリティ機能
PPPoEマルチセッション機能・・・1回線で複数のプロバイダーに同時接続
ネットワーク監視機能・・・ネットワークの状態を常に監視する機能

特に、法人向けのルーターには、上記のような機能が搭載されていることが多いです。必要に応じて対応機種をお選びください。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

Wifi導入時の注意点

無線Wifiにはいくつか規格があります。

2.4GHz帯:遅くて遠くまで届いて他の無線Wifiと干渉しやすい。
5GHz帯:早いが遠くまでは届かず障害物に弱い。

プリンタ等のネットワーク機器には2.4GHz帯しか対応していないものがある。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

どうしても上手くいかない時は

インターネットで検索して色々な方法を試してみたけどうまくいかない…

うまくいかない人

とげおネットまで
お気軽にご相談ください!!

電話・メールフォームから
お問い合わせください!
▼ ▼ ▼

とげおネットでは
出張サポートにて
お力になれます!

 

パソコントラブル出張相談受付中! TEL:050-6877-6115

時間外はフォームから!

インターネットで検索して色々な方法を試してみたけど上手くいかない場合はとげおネットまでお気軽にご相談ください。出張サポートにてお力になることが可能です。

    お問い合わせいただくにあたってPrivacy Policyの確認と同意をお願い致します。 

    お問い合わせいただいた内容に関しまして社内で確認の上、担当者から連絡させていただきます。連絡までお待ちいただければ幸いです。

    社内オフィス・Wifi導入 まとめ

    セキュリティーレベルの高い、社内Wifiを構築するには?

    無線ルーターさえあれば、社内の通信を無線化することはそれほど難しいことではありません。ただ、オフィス内外を含めたセキュリティーの設定となると、ある程度の知識が必要になってきます。弊社では、法人様向けにセキュリティーレベルの高い社内Wifiの設定もしておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

    その他ネットワーク設定やトラブル対応に関する記事を以下にまとめましたので併せてご参考ください。

    LAN設定に関する記事

    家庭内LAN、社内LAN設定に関する記事については以下の記事をご参考ください。

    社内LANが遅い!1Gbpsに対応するための確認方法と具体的手順
    オフィスのインターネットが遅くて困っていませんか?現在の主流は1Gbps(1000Mbps)の通信速度ですが古いオフィスの場合100Mbpsまでしか対応していないことがあります。通信速度を上げたい場合にどのような手順で対応すればよいかまとめました。
    超高速!最大10Gbps対応の社内LANを構築する方法と機器について
    業務効率が劇的に改善する10Gbpsの社内LANを構築する方法を機器の選定方法含めて詳しく解説してきます。
    最新で高速で安定したインターネット接続方式IPoEについて
    PPPoE方式・IPoE方式、IPv6、IPv4over IPv6は、すべてインターネットの通信方式のことです。 PPPoE方式・IPoE方式は、インターネットに何をどうやってつなぐのか、接続方式を指しており、IPv6,IPv4 over ...
    VPN接続とは?VPNの基本や仕組みについて
    新型コロナウイルスの影響で政府からテレワークの普及がすすめられています。しかしテレワークは会社より情報漏洩のリスクが高くなります。この記事ではテレワークでのセキュリティ対策として「VPN接続」について、分かりやすくまとめました。
    ゲスト用LANを構築する方法(無線LANゲストWifi、VLANについて)
    ゲスト用インターネット回線を用意する際は、社内ネットワークとは独立して構築するほうが安全です。そのための便利なテクニックである「ゲスト用SSID(無線LAN用)」と「VLAN」について説明しています。
    様々なネットワークスイッチ機器。その特別な性能と機能について
    単純にネットワークスイッチと言っても、実に様々な用途と場所によって、そのパフォーマンスと機能が違ってきます。 ネットワークスイッチは、OSI参照モデルに基づき、大きく分けて3つの種類があります。 レイヤー1基準であれば、ハブやスイッチングハ...
    高価なセキュリティ装置UTMの役割。導入で得られるメリットデメリットとは
    UTMの導入について頻繁に相談いただくことがあります。セキュリティ機器として勧められた経験がある方も多いかもしれません。どのような役割でどのように役立つのかまとめましたのでご参考ください。 小さな会社向けのセキュリティー対策は別ページにまと...
    2重ルーターでネットが不安定に!?確認と解消方法を解説!
    ネットが遅い、Wi-Fiが不安定…でも原因が分からない!もしかしてそれは2重ルーターが原因かもしれません。普通は1台だけのはずのルーターが複数あると、ネット環境へ悪影響を及ぼす可能性があります。2重ルーターの調べ方、解消方法をご紹介します。

    無線Wi-Fi設定に関する記事

    LANの中でも無線Wi-Fiの設定に関しましては以下のページをご参考ください。

    【Wifi導入】家庭用・業務用アクセスポイントの機能的な違いと注意点
    Wifiを導入するにあたり、機器の選択として家庭用と業務用の機器選択があります。家庭用機器でも近年は性能が向上しており、小規模事務所や仕様版を制限しているなら家庭用機器でも十分要件を満たしますし、安全性や安定性であれば業務用の性能の高さがメリットとなるなど具体的な選定策の案内。
    Wi-Fi6、Wi-Fi6Eの高速Wi-Fiルーターで速くならない場合の注意点と確認点
    Wi-Fi 6とWi-Fi 6Eは、IEEE 802.11axに基づく無線通信規格です。Wi-Fi 6Eは2.4GHz帯と5GHz帯に加えて、6GHz帯を利用することで、Wi-Fi 6よりも大容量の通信が可能になりました。
    便利に電波拡大!Wi-Fi中継器について知っていこう
    「お風呂でテレビや動画が見れたらな・・・」そんなあなたの要望をかなえてしまうのがWI-Fi中継機です。今まで電波が届かなくてトイレやお風呂で動画などを見てストレス解消ができなかったとしても、WI-Fi中継機があればこれからは動画が途切れず楽しめますよ。気になる人は一読くださいね。
    Wi-Fiの利用範囲を気軽に便利に拡張!メッシュWifiとは?
    Wifiを拡張するための新しい技術として、メッシュWifi(Easy-Mesh)の普及が進んでいます。本記事では、従来のWifiが抱えていた課題とメッシュWifiの特徴とメリット、よくある質問についてまとめています、。
    インターネットなんでもQ&A:Wi-Fiや公衆無線LAN、テザリングの使い方
    Q.外出先でもパソコンでインターネットを使うには? A.用途に合わせて使い分けましょう 外出先でパソコンをインターネットに接続する方法は大きく分けて2つあります。ひとつは自分で用意したモバイルルーターなどから接続する方法で、もう1つは外出先...

    インターネットトラブルに関する記事

    インターネットトラブルにお困りの場合は以下の記事をご参考ください。

    インターネットが突然切れて繋がらない!原因の切り分けと解決方法
    インターネットがつながらない原因は多岐にわたります。そこでIT初心者の方でもできる解決手順をケース別に解説していきます。まずは冷静に状況を確認しましょう。関連記事と合わせてご参考ください。
    インターネット回線速度の目安や測定方法は?通信が遅いと思った時に確認する方法
    インターネットの回線・通信速度ってどうやって測定したらいいの? 速い回線速度のサービスに乗り換えたはずなのにあまり変わっていない…… Web会議やオンラインゲーム中のラグがひどいんだけどどうして? 日頃、なんとなくインターネットの回線速度が...
    「インターネット接続なし セキュリティ保護あり」とは?原因と対応方法
    WiFi接続において、PC~無線LANルータ間の接続は正常なものの、無線LANルータより先のネットワークやインターネットに接続できないときに表示されるメッセージ「インターネット接続なし セキュリティ保護あり」が発生する状況と、それを解消する方法について説明しています。
    GoogleとYouTubeしかつながらない現象の原因と解決法
    インターネットで特定のサイトにしかつながらくなったというトラブルに対する基本的な対処法や調査に利用できるツール等の紹介となります。
    「有効なIP構成がありません」でネット接続できない原因と直し方
    「イーサネットには有効なIP構成がありません」「Wi-Fiには有効なIP構成がありません」と表示され、ネットワークにつながらないことがあります。接続に必要な設定値が取得できていないことが原因です。ネットワーク機器やパソコンの設定を見直して、接続する手順を解説します。
    「有効なIP構成がありません」でネット接続できない原因と直し方
    「イーサネットには有効なIP構成がありません」「Wi-Fiには有効なIP構成がありません」と表示され、ネットワークにつながらないことがあります。接続に必要な設定値が取得できていないことが原因です。ネットワーク機器やパソコンの設定を見直して、接続する手順を解説します。
    「有効なIP構成がありません」でネット接続できない原因と直し方
    「イーサネットには有効なIP構成がありません」「Wi-Fiには有効なIP構成がありません」と表示され、ネットワークにつながらないことがあります。接続に必要な設定値が取得できていないことが原因です。ネットワーク機器やパソコンの設定を見直して、接続する手順を解説します。
    Windowsネットワークで他のパソコンや共有サーバ、プリンタが表示されない原因と対処法
    共有フォルダやサーバー・プリンターが見つからない時の対処法をまとめました。共有設定の他、ファイアウォールなどのセキュリティやルーターのモードが原因であることもあります。ネットワークブラウジング機能についてもわかりやすく、詳しく解説しています。
    インターネットに繋がらない場合の、トラブルシューティングご用達ツール集
    ネットワークトラブルが発生した場合は原因は多岐にわたるため、どのように切り分けを行うかが解決への近道となります。ネットワークプロトコルの基本的な仕組みから、トラブル解決に使われるツールなどを紹介します。

    無線Wi-Fiトラブルに関する記事

    特に無線Wi-Fiのトラブルにお困りの場合は以下の記事が有効です。

    Wifiがつながらない、切れる時にチェックすべきポイントと対応方法について
    Wifiが切れたりつながらない場合について、確認すべきチェックポイントや原因の切り分けと基本的な対処方法について記載しています。
    無線プリンターの設定・接続方法/つながらない・印刷できない時に確認すべき事
    プリンターを無線(WiFi)で接続して、パソコンやスマホからプリントアウトしたいけど、設定方法が分からない、又は、設定してみたけど印刷できない、そのような経験をされた方はたくさんいらっしゃると思われます。こちらのページにて無線プリンターの接...

    弊社ネットワークサポート事例

    弊社のネットワークサポート事例は以下のとおりです。

    サポート事例:10Gbps対応の超高速なLAN環境&Wi-Fi6 APへの切り替え
    とげおネットで社内ネットワーク環境の整備作業として古くて遅い社内環境を10Gbps対応の超高速Wi-Fi環境の構築を行いました。サービス事例として公表します。
    サポート事例:パソコンがインターネットに繋がらない意外な理由
    パソコンサポートの仕事をしていると、「急にネットが繋がらなくなってしまった!!」というサポート依頼をたくさんいただきます。 先日も、お客様より同様のメールが来ました。電話サポートでお客様のパソコンの設定状況や、ルーターの状況を確認しましたが...
    定期ITサポート|インターネット速度が不安定?社内ネットワーク調査
    本日は、不動産投資事業を行っている会社へ定期のITサポートでした。 以前より、インターネットの速度が遅くなることがあり調査して欲しいとのことで、社内のネットワークまわりを調べてきました。 インターネット回線の速度を測定 まずは、社内の複数の...
    サポート事例:社内ネットワークケーブル配線がぐちゃぐちゃな会社様のサポート
    某広告代理店業様へサポートのお伺い 古い友人に紹介された新規のお客様。 今のオフィスに10年以上と長く当時担当?だった人はもうおらず設計図もなくITに明るい人もおらずで絶妙なバランスの上に社内ネットワークが成り立っているようでした。 インタ...
    サポート事例:ネット接続できないパソコンでIPv6を無効にして解決
    Windows10アップグレード後にインターネットの接続が不安定になるケースがあるようです。私のお客様の中でもそのようなパソコンが数台あり、サポートのご連絡をいただいております。 他にもおそらく同様の症状でお悩みの方がいると思われますので、...

    関連記事

    土日祝日受付可能

    電話 05068776115受付可能時間9:00~23:00

    受付可能時間9:00~23:00 土日祝日受付可能

    24時間受付WEBから相談する24時間受付WEBから相談する