当サイトではアフィリエイト・アドセンス広告を掲載しています

ゲスト用LANを構築する方法(無線LANゲストWifi、VLANについて)

パソコントラブル、インターネットトラブルでお困りの方は是非とげおネットの出張トラブルにお問い合わせください!

会議室や応接室などで、来客者がインターネットを利用する場面はよくあると思います。

来客者が自らモバイルルーターを持参して自前で接続することもあるものの、立地によってはモバイルルーターの電波が弱い場合や、複数個所を結んだweb会議などではデータ量の多い通信もあり、そんな時にゲスト用のインターネットが使えると大変便利です。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

モバイル用
Video広告

ゲスト用LANを用意したいけど…大丈夫?

ほとんどの企業は、インターネット接続の契約をしているはずですが、もちろんインターネットに接続するためには社内のネットワーク設定をしなければ使えません。

ゲスト用LANを分けたほうが良い理由

ゲスト用LANを提供するにあたり、持参いただいた機器に、IPアドレスを変更してもらうなど自社のネットワーク設定を行わせるようではゲスト用LANとは言えません。宿泊施設で利用可能なインターネット接続や公共WiFiのように、LANケーブルをつないだらすぐにインターネットが使えるべきです。無線LANであれば、SSIDとパスワードを提供するだけの状態にしたいところです。

ただし、社内ネットワークに参加させる形にすると、共有フォルダや社内接続機器が見えてしまう可能性があります。アクセス権を設定していれば実際にファイルに触れられることは無いかもしれませんが、万が一持ち込みした機器にコンピューターウイルスがいた場合はネットワークに接続できてしまうだけで何かしらの被害が出てしまう可能性があります。

また、部外者がネットワークに接続した時に社内機器が覗けてしまうことがわかると、逆に相手方からセキュリティ対策が大丈夫か不安にさせてしまうかもしれません。

部外者が社内をのぞけてしまう

自社のセキュリティ対策、そして来客者にとっても安心して使用できる環境のためにも、ゲストLANは単純に自社のネットワークを開放するのではなく、明確に分離して構築することが推奨されます。

ゲスト回線は独立した系統にするのが一番シンプル

一番シンプルなのは、業務で使用しているインターネット回線とは別に、もう一系統インターネット回線を用意することです。この回線を会議室や応接室までケーブルを敷設しLANハブを用意する、または無線LANを構築します。

ゲスト用LANは独立

ゲスト用であれば通常の一般家庭用のインターネット契約で問題ないですし、今は高速インターネット回線は1か月5千円程度で利用できます。ゲスト回線という用途だけならあまり頻度は高くないかもしれません。例えば、従業員に開放するフリーWiFiスポットとして活用する、なども検討してみてはいかがでしょうか。

業務にクラウドサービスを利用しているなど、ある程度インターネットに依存している業態なら、ちょっと値は張りますが、メイン回線とは物理的に異なる回線業者(例えばメインがNTT系なら、ゲスト回線はUSENなど)を引き込むと、万が一メイン回線に障害が発生したときの予備系統として、平常時はゲスト用ネットワークとしておく手もあります。

別回線を用意しなくても安全に分離できる?

とはいえ、やはり使用頻度的にそこまで高くないゲスト回線にコストはかけられない…。

そのような場合は、1つのインターネット回線から、論理的な分離をすることで安全性を確保する方法があります。もちろんそのためには若干の手間と知識が必要となりますので、本記事を参考に、安全なゲスト用回線の構築を検討してみてください。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

無線LANルーターの場合:ゲスト用wifiを活用

ゲスト用SSID(ゲストポート)とは?

無線LANルーターを使用している場合、「ゲスト用wifi(ゲストポート)」が使える場合があります。

ゲストポートは、無線LANルーター内で通常のネットワーク接続とは別に、インターネットをつなぐためだけのSSIDを用意するものです。これを適切に使うことで、業務用に使っているインターネット回線をそのままゲスト回線に使うことが可能です。

ゲストポートでインターネットだけつなぐ

来客者も多くの場合は無線LAN接続が可能な機器を使用しているでしょうし、運用方法さえ明確なら、難しい知識もなく安全なゲスト回線を用意することが可能です。

無線Wifi・無線LANを社内オフィスに導入するメリット&デメリットと注意点について
一昔前までは、社内LANといえば有線で繋ぐことが当たり前でしたが、最近では無線LAN/無線Wifiを導入する企業が増えてきました。 増えてきた理由としては、スマートフォンだけでなくタブレットや超薄型ノートパソコンなど、業務でモバイル系の端末...

標準的なゲスト用Wifiの設定の仕方

ゲストポートの設定の仕方は無線LANルーターによってそれぞれ異なるため、マニュアルやヘルプページを参照して確認しましょう。ここでは代表的な方法を記載します。

ゲストSSIDが最初から用意されている場合(ゲストポートの有効/無効化)

あらかじめゲストポート用のSSIDが固定され、単純にON・OFFにするだけとなります。もっとも簡易に設定できますが、SSIDやIPアドレスの変更ができない場合もあり、セキュリティ的には若干不安があります必要な場合のみONにし、明確に使わない時期は無効にする運用を検討ください。

複数SSIDを設定する中でゲストポートを選択できる場合

複数のSSIDが利用可能な場合や、2.4GHz/5GHz両方の無線LANアンテナを同時に使える場合に、そのうちの設定の1つをゲストポートにすることができる場合です。SSIDを設定する手順の中で、そのSSIDをゲストポートにするかどうかの選択肢が含まれており、有効にすることでインターネットだけ利用可能なSSIDにすることが可能です。

SSIDを追加するという設定で少しだけ手間はかかりますが、SSIDやパスワードを任意に変えられるほか、もう少し詳細なネットワーク設定もできることから、セキュリティ的にもある程度配慮できる仕組みです。

(特殊)ログインユーザによってゲスト用アクセスに変更する場合

一般の無線LANルータでは、SSIDとパスワードが一致すればそのまま無線LAN接続が可能ですが、SSIDの認証の後に、さらにネットワークログインも求める、高度なセキュリティを指定できるパターンです。

ゲスト用ユーザを無線LANルータの設定に登録し、ログインする際にゲスト用に発行したユーザIDとパスワードを適切に入力することで、そのIDでログインしたユーザはインターネット接続だけが利用可能なゲストユーザとなります。

ゲスト用アクセスの機能は登録可能数に上限があるなどの制限があるため、ある程度利用者が固定されている場合などで活用できます。

(参考)ゲストポート・ゲスト用wifiに対応した無線LANルータの例:

 

(参考)ゲスト用wifiのセキュリティは?

ゲスト用wifiやゲストポートは、ルータの工場出荷時に無効にされ、設定により有効化できる場合がほとんどです。セキュリティ的に問題があるということでしょうか?

SSIDに対してパスワードを設定する、ゲストポートであってもEPA2などの通信の暗号化を使う、変更可能であればSSIDやパスワードをデフォルトから変更するなど、基本的な手間をすこしかければ、セキュリティは十分担保されます。

簡易的なゲストポートで、パスワードを設定できない、通信を暗号化できない仕組みの場合は、使用しない場合は都度ゲストポートを無効にすることを推奨します。不特定多数が自由に利用できてしまう環境は、基本的には常時開放しない方が良いでしょう。

さらにひと手間工夫をするとすれば、パスワードを定期的に変えてみてはどうでしょうか。頻度としては数か月に1回(年数回)で十分です。ゲストポート自体はネットワーク分離され、配下のネットワーク機器へ侵入することは不可能ですが、万が一ゲストポートのパスワードを知った悪意のある利用者が、ゲストポートを介して大量のデータを送り付け、ルータの負荷を高め、処理速度低下などといった攻撃を受ける可能性もゼロではありません。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

ルーター、L2/L3スイッチの「VLAN」を使う(中級)

VLANとは?

無線LANのゲストポートの運用が難しい場合や無線LAN自体が導入できず有線LANしか使えない場合は、ルーター、L2/L3スイッチの機能の一つである「VLAN」によってゲストLAN用の分離を安全に行うことができます。VLAN自体は一般的な機能ですので、追加費用なく使えるのですが、ちょっと複雑なので仕組みを理解する必要があります。

(参考) VLANを搭載したスイッチ:

 

シンプルな構成なら「ポートVLAN(アクセスリンク)」

ポートVLANは、同じ筐体のL2/L3スイッチを、ポート単位に論理的に分離する、シンプルな設定です。

L2/L3スイッチは5ポートから、最上位モデルでは48ポート以上搭載するモデルもあります。デフォルトではどのポートにLANケーブルを接続しても同じように使えますが、ポートVLANを設定することで、特定のポート同士のみ通信可能な論理的な制御が可能となります。

VLANを設定していない状態

VLANにはVLAN IDと呼ばれる数値の識別を設定します。初期設定の場合デフォルト値、例えばVLAN ID=「1」を指定している場合、「1」以外のVLAN IDを指定し、指定のポートへ登録することで、そのポートはVLAN ID=1のポートとは原則、通信ができなくなります。

VLANを設定した状態

ゲストポート構築の場合、このようにVLANを設定し、ゲスト用に使いたいLANケーブルを指定したポートへ接続することで、ネットワークの独立性を確保できます。

1系統のインターネット接続から、VLANを使って利用可能にするためには、さらにWANやルーティング設定の変更が必要となりますが、設定については個々の機器によって異なるため、サポートサイトやマニュアルを確認しましょう。

複数のスイッチを経由するなら「タグVLAN(トランクリンク)」

ポートVLANはシンプルですが、複数台のL2/L3スイッチにまたがって構成する場合、ポートVLANだけで構築する場合に限界があります。

同じネットワーク下にあるVLAN IDは共有して利用できますが、ポートVLANだけで構築する場合で複数台のスイッチがある場合、ポートVLAN同士で構築しないと当然ですが通信はできません。メインの系統とゲスト回線だけの2系統だけならそれほど影響はないですが、VLANがもっと多い環境や複数のスイッチにまたがる場合は、タグVLANを利用すべきです。

ポートVLANとタグVLAN

タグVLANはトランクリンクとも呼ばれ、シンプルに言うと、ポートVLANとは別の専用ポートを用意し、このポートは別のスイッチにつながるように構成します。こうすることで、スイッチに利用するポート数を減らして、VLANをシンプルに構成できる仕組みとなります。

VLANをシンプルに構築

様々なネットワークスイッチ機器。その特別な性能と機能について
単純にネットワークスイッチと言っても、実に様々な用途と場所によって、そのパフォーマンスと機能が違ってきます。 ネットワークスイッチは、OSI参照モデルに基づき、大きく分けて3つの種類があります。 レイヤー1基準であれば、ハブやスイッチングハ...

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

まとめ:ゲストLAN構築で気にしないといけない事

ゲストLAN構築で留意すべき点について、本記事がご参考になれば幸いです。ゲストLANやVLAN構築でお悩みの際は、お気軽にとげおネットにお問合せください。

その他ネットワーク設定やトラブル対応に関する記事を以下にまとめましたので併せてご参考ください。

LAN設定に関する記事

家庭内LAN、社内LAN設定に関する記事については以下の記事をご参考ください。

社内LANが遅い!1Gbpsに対応するための確認方法と具体的手順
オフィスのインターネットが遅くて困っていませんか?現在の主流は1Gbps(1000Mbps)の通信速度ですが古いオフィスの場合100Mbpsまでしか対応していないことがあります。通信速度を上げたい場合にどのような手順で対応すればよいかまとめました。
超高速!最大10Gbps対応の社内LANを構築する方法と機器について
業務効率が劇的に改善する10Gbpsの社内LANを構築する方法を機器の選定方法含めて詳しく解説してきます。
PPPoEはもう古い?IPoE, IPv6, IPv4 over IPv6などの高速インターネット回線事情
PPPoE方式・IPoE方式、IPv6、IPv4over IPv6は、すべてインターネットの通信方式のことです。 PPPoE方式・IPoE方式は、インターネットに何をどうやってつなぐのか、接続方式を指しており、IPv6,IPv4 over ...
VPN接続とは?VPNの基本や仕組みについて
新型コロナウイルスの影響で政府からテレワークの普及がすすめられています。しかしテレワークは会社より情報漏洩のリスクが高くなります。この記事ではテレワークでのセキュリティ対策として「VPN接続」について、分かりやすくまとめました。
様々なネットワークスイッチ機器。その特別な性能と機能について
単純にネットワークスイッチと言っても、実に様々な用途と場所によって、そのパフォーマンスと機能が違ってきます。 ネットワークスイッチは、OSI参照モデルに基づき、大きく分けて3つの種類があります。 レイヤー1基準であれば、ハブやスイッチングハ...
高価なセキュリティ装置UTMの役割。導入で得られるメリットデメリットとは
UTMの導入について頻繁に相談いただくことがあります。セキュリティ機器として勧められた経験がある方も多いかもしれません。どのような役割でどのように役立つのかまとめましたのでご参考ください。 小さな会社向けのセキュリティー対策は別ページにまと...

無線Wi-Fi設定に関する記事

LANの中でも無線Wi-Fiの設定に関しましては以下のページをご参考ください。

無線Wifi・無線LANを社内オフィスに導入するメリット&デメリットと注意点について
一昔前までは、社内LANといえば有線で繋ぐことが当たり前でしたが、最近では無線LAN/無線Wifiを導入する企業が増えてきました。 増えてきた理由としては、スマートフォンだけでなくタブレットや超薄型ノートパソコンなど、業務でモバイル系の端末...
【Wifi導入】家庭用・業務用アクセスポイントの機能的な違いと注意点
Wifiを導入するにあたり、機器の選択として家庭用と業務用の機器選択があります。家庭用機器でも近年は性能が向上しており、小規模事務所や仕様版を制限しているなら家庭用機器でも十分要件を満たしますし、安全性や安定性であれば業務用の性能の高さがメリットとなるなど具体的な選定策の案内。
最新の無線技術Wi-Fi6、Wi-Fi6Eの高速アクセスポイント導入の進め方と注意点
Wi-Fi 6とWi-Fi 6Eは、IEEE 802.11axに基づく無線通信規格です。Wi-Fi 6Eは2.4GHz帯と5GHz帯に加えて、6GHz帯を利用することで、Wi-Fi 6よりも大容量の通信が可能になりました。
便利に電波拡大!Wi-Fi中継器について知っていこう
「お風呂でテレビや動画が見れたらな・・・」そんなあなたの要望をかなえてしまうのがWI-Fi中継機です。今まで電波が届かなくてトイレやお風呂で動画などを見てストレス解消ができなかったとしても、WI-Fi中継機があればこれからは動画が途切れず楽しめますよ。気になる人は一読くださいね。
Wi-Fiの利用範囲を気軽に便利に拡張!メッシュWifiとは?
Wifiを拡張するための新しい技術として、メッシュWifi(Easy-Mesh)の普及が進んでいます。本記事では、従来のWifiが抱えていた課題とメッシュWifiの特徴とメリット、よくある質問についてまとめています、。
インターネットなんでもQ&A:Wi-Fiや公衆無線LAN、テザリングの使い方
Q.外出先でもパソコンでインターネットを使うには? A.用途に合わせて使い分けましょう 外出先でパソコンをインターネットに接続する方法は大きく分けて2つあります。ひとつは自分で用意したモバイルルーターなどから接続する方法で、もう1つは外出先...

インターネットトラブルに関する記事

インターネットトラブルにお困りの場合は以下の記事をご参考ください。

インターネット接続が切れる、繋がらない原因と解決方法
インターネットがつながらない原因は多岐にわたります。そこでIT初心者の方でもできる解決手順をケース別に解説していきます。まずは冷静に状況を確認しましょう。関連記事と合わせてご参考ください。
インターネット回線速度の目安や測定方法は?通信が遅いと思った時に確認する方法
インターネットの回線・通信速度ってどうやって測定したらいいの? 速い回線速度のサービスに乗り換えたはずなのにあまり変わっていない…… Web会議やオンラインゲーム中のラグがひどいんだけどどうして? 日頃、なんとなくインターネットの回線速度が...
Googleと、YouTubeしかつながらなくなった!原因と解決法
インターネットで特定のサイトにしかつながらくなったというトラブルに対する基本的な対処法や調査に利用できるツール等の紹介となります。
「有効なIP構成がありません」でネット接続できない原因と直し方
「イーサネットには有効なIP構成がありません」「Wi-Fiには有効なIP構成がありません」と表示され、ネットワークにつながらないことがあります。接続に必要な設定値が取得できていないことが原因です。ネットワーク機器やパソコンの設定を見直して、接続する手順を解説します。
Windowsネットワークで他のパソコンや共有サーバ、プリンタが表示されない原因と対処法
共有フォルダやサーバー・プリンターが見つからない時の対処法をまとめました。共有設定の他、ファイアウォールなどのセキュリティやルーターのモードが原因であることもあります。ネットワークブラウジング機能についてもわかりやすく、詳しく解説しています。
インターネットに繋がらない場合の、トラブルシューティングご用達ツール集
ネットワークトラブルが発生した場合は原因は多岐にわたるため、どのように切り分けを行うかが解決への近道となります。ネットワークプロトコルの基本的な仕組みから、トラブル解決に使われるツールなどを紹介します。

無線Wi-Fiトラブルに関する記事

特に無線Wi-Fiのトラブルにお困りの場合は以下の記事が有効です。

Wifiがつながらない、切れる時にチェックすべきポイントと対応方法について
Wifiが切れたりつながらない場合について、確認すべきチェックポイントや原因の切り分けと基本的な対処方法について記載しています。
無線プリンターの設定・接続方法/つながらない・印刷できない時に確認すべき事
プリンターを無線(WiFi)で接続して、パソコンやスマホからプリントアウトしたいけど、設定方法が分からない、又は、設定してみたけど印刷できない、そのような経験をされた方はたくさんいらっしゃると思われます。こちらのページにて無線プリンターの接...

弊社ネットワークサポート事例

弊社のネットワークサポート事例は以下のとおりです。

サポート事例:10年前のルーターから10Gbps対応の超高速なWi-Fi6 APへの切り替え
とげおネットで社内ネットワーク環境の整備作業として古くて遅い社内環境を10Gbps対応の超高速Wi-Fi環境の構築を行いました。サービス事例として公表します。
サポート事例:パソコンがインターネットに繋がらない意外な理由
パソコンサポートの仕事をしていると、「急にネットが繋がらなくなってしまった!!」というサポート依頼をたくさんいただきます。 先日も、お客様より同様のメールが来ました。電話サポートでお客様のパソコンの設定状況や、ルーターの状況を確認しましたが...
定期ITサポート|インターネット速度が不安定?社内ネットワーク調査
本日は、不動産投資事業を行っている会社へ定期のITサポートでした。 以前より、インターネットの速度が遅くなることがあり調査して欲しいとのことで、社内のネットワークまわりを調べてきました。 インターネット回線の速度を測定 まずは、社内の複数の...
サポート事例:社内ネットワークケーブル配線がぐちゃぐちゃな会社様のサポート
某広告代理店業様へサポートのお伺い 古い友人に紹介された新規のお客様。 今のオフィスに10年以上と長く当時担当?だった人はもうおらず設計図もなくITに明るい人もおらずで絶妙なバランスの上に社内ネットワークが成り立っているようでした。 インタ...
サポート事例:ネット接続できないパソコンでIPv6を無効にして解決
Windows10アップグレード後にインターネットの接続が不安定になるケースがあるようです。私のお客様の中でもそのようなパソコンが数台あり、サポートのご連絡をいただいております。 他にもおそらく同様の症状でお悩みの方がいると思われますので、...

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

どうしてもうまくいかない時は

インターネットで検索して色々な方法を試してみたけどうまくいかない…

うまくいかない人

とげおネットまで
お気軽にご相談ください!!

電話・メールフォームから
お問い合わせください!
▼ ▼ ▼

とげおネットでは
出張サポートにて
お力になれます!