【サポート切れ】Windows XP,Vista,2000 Server,Server 2003,Office 2003,2007での新元号「令和」の改元対応は?

【サポート切れ】Windows XP,Vista,2000 Server,Server 2003,Office 2003,2007での新元号「令和」の改元対応は?
パソコン修理、パソコンサポート、データ修復、ITサポートをお探しなら【株式会社とげおネット】

2019年4月1日、新元号「令和」が発表されました。これにより「平成」は2019年4月30日で終了となり、2019年5月1日からは新元号の「令和」がスタートします。

「Windwos7」以降、「Windows Server 2008」以降のWindowsや、「Office2010」以降のOfficeでは、WindowsUpdateの自動更新を有効にしていれば問題ありません。新元号に対応した更新プログラムが自動で適用されます。

ではそれ以前の「Windows XP」や「Vista」「Windows 2000 Server」「Windows server 2003」、「Office 2003/2007」ではどうすればよいのでしょうか?

スポンサーリンク

Windwos7以降、Windows Server 2008以降のWindowsやOffice2010以降のOfficeはWindowsUpdateで対応

上記のOSやソフトに関しては、通常通りに「Windows Update」を実行していただければ新元号に対応してくれます。ご安心ください。

Windows7以降、Windows Server 2008以降のWindowsやOffice2010以降のOfficeについては以下の記事もご覧ください。

新元号「令和」Office(Word/Excel/Access)や、他の社内業務システムの改元対応は?
2019年4月1日、新元号「令和」が発表されました。これにより「平成」は2019年4月30日で終了となり、2019年5月1日からは新元号の「令和」がスタートします。 元号が変わるということは、私達が普段使っているパソコンや、ソフトに影...

 

Windows,Office用の新元号対応更新プログラム  要チェック!!

Windows 用の日本の新元号対応更新プログラムについて - KB4469068

.

日本の新元号に関する Office の更新プログラム

 

しかし、ここには「WindowsXP」や「Vista」「Windows 2000 Server」「Windows Server 2003」や「Office 2003/2007」への対応の記述はありません。

影響が発生しうる条件と影響の内容

次のような環境で影響が発生する可能性があります。

1.Windows Vista以前のOSを使用している。
2.Office 2007以前のOfficeを使用している。
3.インターネットに接続していない環境でマシンを使っている。

影響の内容は単純で「存在しない元号」で日時が表示されてしまう、ことです。「平成」は2019年4月30日で終了しますのでそれ以降の日時については間違った日時の表示になります。

まず買い替えを検討しましょう

WindowsXPやVista、Windows 2000 Server、2003やOffice 2003、2007は既にMicrosoftのサポート期限が切れています。従って新元号への対応の予定は今のところないようです。マイクロソフトからサポート切れについてアナウンスが発表されています。

一般にパソコンなどのIT機器の寿命は5年とされており5年を超えると物理的に部品が壊れる可能性が高くなります。まずはWindows10、Windows Server 2016/2019、Office 2019への買い替えを検討しましょう。

以下、弊社が手掛けたサーバ移行やパソコンのデータ移行のサポート事例になります。

古くなった社内サーバの入れ替えサポート【Windows Server 2003 サポート終了】
今回のサポート報告は、某法律事務所のサーバ入れ替え作業です。 こちらのサーバは既に6年以上も使っており、Cドライブの容量が足りなくなってきたことと、OSのバージョンも古くなっていたので、新しいサーバに取り替えることになりました。 W...
ITサポート|連日のパソコンセットアップとデータ移行
今月はパソコンのセットアップの依頼が集中しており、連日作業に追われておりました。 Windows10へアップグレードしたパソコンの中で、性能の低いパソコンは動作が遅くなったり、不具合が続いて発生したりと業務に支障が出るケースも少なくな...

社内システムなどのやむを得ない事情の場合に自力で何とかする

「壊れることなく動いているから」と言う理由で使い続けていたらそうなってしまった、という場合もあるでしょう。そういった場合弊社では買い替えることを一番に推奨します。しかしいろいろな事情があって最新のWindows10、Windows Server、Office 2019などに移行できない場合も多いかもしれません。「最新だとシステムが動かない」「現在のシステムを分かる人、業者が存在しない」ですとか「予算の都合」などです。

その場合は以下の方法などをお試しください。いずれの方法にしても基本的に対応すべき個所を探し出して一つ一つ対応していく地道な作業が必要になります。

使わない方法を模索する

絶対に元号を使った表示が必要、と言うケースは少ないのではないでしょうか。元号表示を使わない、と言うのも手です。一般的にコンピュータ内では日時を数値で持っており「タイムゾーン(世界のどこの時刻で表示するか?)」と「日時の表示形式」を指定することで画面に表示しています。元号を使って表示するのは基本的に「表示上の問題」ですので使わないで済む方法があるのであればそれが一番良いかもしれません。

手動で修正する

PDFでは難しいのですがWord、Excelなどを利用している場合は手動でパソコン上で修正することが可能ですね。また印刷物の場合は改元用のハンコなども発売されているようですね。

Office製品の場合「マクロを利用する」

手動で修正が頻繁になる場合は「改元用のマクロを自作」ことも可能です。要するに2019年5月1日以降は「令和」を使うようにプログラミングするのです。しかしこの方法は若干のスキルが必要です。

まとめ

「令和」が始まる日までもうあまり時間がありませんが、影響がありそうな場合システム改修をするにも時間がかかりますので、早めの対応の判断をしていくのが良いかと思います。率直に言って業務システムの場合社内での対応は難しく、また古いシステムの場合外注も難しい(断られてしまう)ケースが多いと思われます。

これを機にクラウドなどの最新サービスに切り替えていくことを検討されてもよいでしょう。弊社は通常のパソコンの移行だけではなく古い業務システムの移行も手掛けていますので改元対応でお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

お急ぎの場合はお電話でご相談ください 電話番号:03-6869-0595

関連記事

新元号「令和」Office(Word/Excel/Access)や、他の社内業務システムの改元対応は?
2019年4月1日、新元号「令和」が発表されました。これにより「平成」は2019年4月30日で終了となり、2019年5月1日からは新元号の「令和」がスタートします。 元号が変わるということは、私達が普段使っているパソコンや、ソフトに影...
古くなった社内サーバの入れ替えサポート【Windows Server 2003 サポート終了】
今回のサポート報告は、某法律事務所のサーバ入れ替え作業です。 こちらのサーバは既に6年以上も使っており、Cドライブの容量が足りなくなってきたことと、OSのバージョンも古くなっていたので、新しいサーバに取り替えることになりました。 W...
ITサポート|連日のパソコンセットアップとデータ移行
今月はパソコンのセットアップの依頼が集中しており、連日作業に追われておりました。 Windows10へアップグレードしたパソコンの中で、性能の低いパソコンは動作が遅くなったり、不具合が続いて発生したりと業務に支障が出るケースも少なくな...
出張パソコン修理,データ復旧,インターネット設定,パソコンサポート,ITサポートなら株式会社とげおネット/東京,神奈川,埼玉,千葉
パソコン修理/ITサポートブログ
togeo.netをフォローする
出張パソコン修理,データ復旧,インターネット設定,パソコンサポート,ITサポートなら株式会社とげおネット/東京,神奈川,埼玉,千葉

コメント