当サイトではアフィリエイト・アドセンス広告を掲載しています

「インターネット接続なし セキュリティ保護あり」とは?原因と対応方法

「インターネットなし、セキュリティ保護あり」とは?原因と対処方法

パソコントラブル、インターネットトラブルでお困りの方は是非とげおネットの出張トラブルにお問い合わせください!

Windowsのネットワーク接続状況は、画面右下の通知領域で確認できます。(以前はこの場所を「タスクトレイ」と呼んでいたこともありました)

windowsの右下にあるアイコン群=通知領域

特に無線WiFiを使っている環境だと、ネットワークがつながらないな、と思ったらまず通知領域のアイコンを見て、無線LANが接続できているかどうかを確認される方も多いのではないでしょうか。

ネットワークの調子が悪いと感じたとき、特にインターネットの接続がうまくいかないときにも、この通知領域の状態で判断することができます。

※Windows11は、ネットワークにつながっていても、インターネット接続できない場合は、「オフライン」と同じアイコンになります。通知を開き「i」アイコンをクリックすると詳細が表示される仕様です。Windows10はインターネット接続なしだと、警告アイコンが付つきます。「インターネットなし」の場合のWindows10とWindows11のアイコン

無線LANが有効になっている、しっかりSSIDも認証されている、でも正常な通信ができない、そんなときに表示されるメッセージが「インターネット接続なし (セキュリティ保護あり)」の表示です。

「インターネットなし セキュリティ保護あり」

ここでは、「インターネット接続なし セキュリティ保護あり」がどういう状況で、改善するためにどうすればよいかを説明します。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

モバイル用
Video広告

「インターネット接続なし セキュリティ保護あり」の状況とは?

「インターネット接続なし セキュリティ保護あり」のメッセージが表示されている場合、利用しているPCにとっては

  • SSIDの認証には成功している(PCは無線LANでつながっている)
  • しかし、インターネットには接続できない
  • 環境によっては社内のNASやサーバにもつながらない場合がある

といった状況です。

インターネットなし、セキュリティ接続ありの状態

ただし、この状況が発生するいくつかの原因があり、解消するためには原因切り分けをしなければなりません。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

手っ取り早く解消したい場合「トラブルシューティングツール」を試してみる

原因などどうでもよいので手っ取り早くトラブルを解消したい場合トラブルシューティングツールが有効です。

特にWindows11においては、トラブルシューティングツールを使うことでOSレベルで解決すべき事項を簡単にチェックできます。以下の方法で該当機能にたどり着けます。

Windows11でトラブルシューティングツールを試す方法

「設定」アプリ > システム > トラブルシューティング

設定アプリ > システム >トラブルシューティング

設定アプリ > システム >トラブルシューティング

インターネット接続に問題がある場合は「ネットワークとインターネット」の実行を選択

ネットワークに問題がある場合は「ネットワークとインターネット」を実行

ネットワークに問題がある場合は「ネットワークとインターネット」を実行

もし、実際にインターネット接続に問題が発生している場合は、以下のような表示となります。

実際にネットワーク接続に異常があると「アダプターを再起動する」を推奨

実際にネットワーク接続に異常があると「アダプターを再起動する」を推奨

「アダプターを再起動する」を選ぶことで、再度WiFiに接続しなおしにいく、DHCPを再取得するなどのシステム的な操作が試行され、解決できる場合があります。

また、それ以外にも解決するための具体的な方法が提案されますので、Windows11ではトラブルシューティングツールを試すこともお勧めします。

Windows10のトラブルシューティングツールを使う場合の方法

Windows10にもトラブルシューティングツールはありますが、windows11とは機能の位置が異なるほか、最終的にはwindows7時代から存在するトラブルシューティングツールがつかわれるため、Windows11ほど的確な対処はされない場合があります。念のため、Windows10での選択方法を以下に示します。

「設定」アプリ > 更新とセキュリティ

windows10のトラブルシューティング起動方法①

windows10のトラブルシューティング起動方法①

トラブルシューティング > 追加のトラブルシューティングツール

windows10でトラブルシューティンツールを起動②

windows10のトラブルシューティンツールを起動②

インターネット接続に問題があれば「インターネット接続」の「トラブルシューティングツールの実行」を選択

windows10のトラブルシューティング起動方法③

windows10のトラブルシューティング起動方法③

Windowsのトラブルシューティングツールは依然と比べて格段に使いやすくなりました。インターネットの接続トラブル以外でも有効です。その他の方法に関しましては以下のページをご参考ください。

Windows10のトラブルシューティングツール
Windows10はアップデートによりバージョンアップしていくOSとなるので、アップデートが欠かせないのですが、途中で止まってしまったりし、うまく進まないことがあります。そんな時の解決法のひとつとしてトラブルシューティングツールは役立てる方法となります。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

原因の確認と対処方法

トラブルシューティングツールで手軽に直ればよいのですがダメな場合は自力で原因を突き止めて現象を解消しなくてはいけません。

以下に代表的な例を列挙しますのでご参考ください。

正しいSSIDに接続しているか?

最もシンプルな状況の一つが、適切なSSIDにつながっていない場合です。無線LANのアンテナは至る所で大量に稼働しており、特に複数の企業が入っているようなオフィスビルでは、表示できるSSIDだけでも非常にたくさん存在することが確認できるかと思います。

また、同じ企業内でも、所属部署や利用する場所によって異なるSSIDを運用していることもあるでしょう。

この時、本来とは違うSSIDに繋ごうとすると、当然ですが正常な通信はできません。ほとんどのSSIDは、通常パスワードを設定しているはずなので、パスワードが通らない時点で気づきます。ただし、設定によってはパスワードなしでも接続できてしまう場合があります。パスワードなしでWiFiに入れたように見えても、実際はクライアント証明書による認証などが実施されているため、結果的には認証に失敗しネットワーク接続が成立せず「インターネット接続なし」の状態となります。

本来繋ぐべきではないSSIDにつないで結果として通信できないだけ、であればまだよいですが、特に海外だと、悪意を持って接続フリーのWiFiを開放し、不正な操作を行う場合もあります(いわゆる野良WiFiと呼ばれるもの)。不用意に見知らぬWiFiにはつながないようにも注意すべきでしょう。

もしWiFiにつないだ時に見慣れないメッセージが出てきた、正常に動作しないなどがあった場合、まずは接続しているSSIDが正しいかどうかを確認しましょう。

ネットワーク設定の相違

ほとんどの場合、WiFiへの接続はDHCPによるIPアドレス自動取得が利用され、個別にIPアドレスを設定する必要はありません。ただし、手動でIPアドレスやDNSサーバのIPアドレスを設定し、その設定が現在接続しているネットワークに対して正しくなければ、SSIDが接続出来たとしてもその後の通信には失敗します。

コントロールパネル内の「ネットワークと共有センター」、または 設定 > ネットワークとインターネット > イーサネット から、WiFiのネットワーク設定が適切であるかどうかを確認しましょう。

コントロールパネル内「インターネットと共有センター」

windows11は「検索」ボックスから「コントロールパネル」と入力するとアクセスしやすい。

Windows11の 設定 > ネットワークとインターネット

Windowsの「設定」アプリからネットワーク設定状況の確認ができる

無線LANルータの異常①DHCPサーバの不具合

適切なSSIDに接続し、ネットワークの設定が適切なのに、エラーメッセージが出るのであれば、無線LANルータの異常を疑う切り分けとなります。

DHCPによるIPアドレス自動取得をしていて、現在のIPアドレスが

「169.254.~」※IPv6の場合は「fe80:~」

で始まるIPアドレスである場合、適切にIPアドレスを取得できていない場合に表示される「リンクローカルアドレス」というものです。この状態だと正常にネットワークを利用することができません。

リンクローカルアドレスが振られた状態

リンクローカルアドレス(169.254.x.x)が付与され、ネットワーク接続できない状態

リンクローカルアドレスとなってしまう原因は、多くの場合は無線LAN側の設定不備もしくは不具合です※。一時的な不具合の場合は、無線LANルータの再起動(電源の抜き差し)で改善する場合があります。

※ネットワークアダプタやWiFiアンテナの故障といったクライアント側に要因がある場合もありますので、無線LANルータの再起動で改善しない場合はクライアントPC側の原因も探る必要があります。

無線LANルータの異常②DHCPサーバの付与可能IP数上限超過

DHPCサーバが適切にIPアドレスを付与できない原因の一つに、端末の繋ぎすぎが原因の場合があります。端末の繋ぎ過ぎによる異常の一つは、DHCPが割り振ることのできるIPアドレスの上限を超えている場合です。

DHCPサーバは通常、割り当て可能なIPアドレスの範囲(上限)を決めます。例えばサブネットが24bitで構成される場合、最大253個(ホストアドレス数は254、うち1個は無線LANルータ本体)のIPアドレスが指定可能です。すべての機器がDHCPで管理されていればサブネット全体を指定してもよいですが、企業利用ではIPアドレスが変わると困るサーバやNASなどがいますので、通常はDHCPが割り当てられる範囲や数を指定します

ルーターのDHCP設定画面の例

ルーターのDHCP設定画面の例

DHCPの払い出し状況は無線LANルータの管理画面から確認できるようになっています。また、DHCPで払い出したIPアドレスには有効期限(リースタイム)があります。DHCPの払い出し状況を確認し、不足しているようならDHCPの割り当て数を増やす・有効期限を短くするなどして設定を見直してみましょう

すぐの設定が難しい場合は、とりあえず無線LANルータを再起動(電源の抜き差し)によって、払い出し状況がリセットされますので一時的に症状は解消します

無線LANルータの異常③接続可能数の上限超過

②と状況は似ていますが、このケースはそのルータが許容できる機器の同時接続数を超えた場合=機器の繋ぎすぎです。

②の症状であるDHCPの割り当て数自体は、同時接続できる数を超えても問題はないです。例えば、200台の機器があって、200台にDHCPによってIPアドレスを自動で割り振ることは可能です。しかし、たった1台の無線LANルータでDHCPが割り当てられた全200台が一斉同時接続することは、現在市販の無線LANルータでは不可能です(企業用などは分散アクセスポイントによって接続数の問題を解決します)。

昨今は、一人で複数のスマートデバイスをもち、さらにIoT機器などもあればあっという間に接続上限数を迎えてしまう可能性があります。接続し過ぎの不具合は、これも無線LANルータの再起動(電源の抜き差し)により解消しますが、使用する機器の数と無線LANルータの設置方法の見直しが必要です

機器の繋ぎすぎにで分散ネットワークを構築するのであれば、近年は複雑な設定をしなくてもよい「メッシュWiFi」があります。導入を検討することも有効です。

 

番外:通知は誤報の場合も?

これは稀に発生するケースですが、実はすでに正常につながっているのに、通知領域に警告マークが表示されたり、オフラインのアイコンが表示されたままとなったりすることもあります。

もし問題がなければ、そのまま使い続けてもよいですが、気になるようであれば一度WiFiをOFFにして、再度ONにしてみましょう。WiFiのOn/Offは、Windowsの通知エリアから可能ですが、機器によっては端末側にもアンテナのOn/Offが可能な場合があります。どちらで行ってもOKです。

Windows上でのWiFiのOn/Off

通知エリアのネットワークアイコン→右上のWiFiマークを押すとWiFiのOn/Offが可能

PCが老朽化しており、起動直後に処理の余裕がなく重たい状態が数分以上続くうえで、起動時で無線LANに自動接続するような端末では、比較的起こりうる現象です。

PCはスムーズに起動しているのに、通知や接続の不安定があるとすれば、無線LAN側の問題や不具合がある場合があるかもしれません。頻繁に起こるのであれば、やはり無線LANルータの再起動や、最新の無線LANファームウェアがリリースされているのであれば、適用してみることも有効です。。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

まとめ

「インターネット接続なし セキュリティ接続あり」は一見すると意味が良くわからないエラーメッセージですが

  • とりあえず「トラブルシューティングツール」を試してみる
  • 正しいSSIDに接続しているか確認
  • ネットワーク設定は正しいか確認
  • エラー表示されていても実は正常にもどっている場合も。無線LANをOFF→ONにし直して改善
  • 無線LANルータを再起動(電源の抜き差し)をする
  • 【管理者向け】無線LANの使用状況やDHCPの割り当て数、リースタイムを定期的に確認する。また、無線LANルータのファームウェアアップデートも必要に応じて実施

といった対処で解決できます。

もし無線LANやネットワーク接続に関してお困りの点がありましたら、お気軽に とげおネットまでご相談ください。

LAN設定に関する記事

家庭内LAN、社内LAN設定に関する記事については以下の記事をご参考ください。

社内LANが遅い!1Gbpsに対応するための確認方法と具体的手順
オフィスのインターネットが遅くて困っていませんか?現在の主流は1Gbps(1000Mbps)の通信速度ですが古いオフィスの場合100Mbpsまでしか対応していないことがあります。通信速度を上げたい場合にどのような手順で対応すればよいかまとめました。
超高速!最大10Gbps対応の社内LANを構築する方法と機器について
業務効率が劇的に改善する10Gbpsの社内LANを構築する方法を機器の選定方法含めて詳しく解説してきます。
PPPoEはもう古い?IPoE, IPv6, IPv4 over IPv6などの高速インターネット回線事情
PPPoE方式・IPoE方式、IPv6、IPv4over IPv6は、すべてインターネットの通信方式のことです。 PPPoE方式・IPoE方式は、インターネットに何をどうやってつなぐのか、接続方式を指しており、IPv6,IPv4 over ...
VPN接続とは?VPNの基本や仕組みについて
新型コロナウイルスの影響で政府からテレワークの普及がすすめられています。しかしテレワークは会社より情報漏洩のリスクが高くなります。この記事ではテレワークでのセキュリティ対策として「VPN接続」について、分かりやすくまとめました。
ゲスト用LANを構築する方法(無線LANゲストWifi、VLANについて)
ゲスト用インターネット回線を用意する際は、社内ネットワークとは独立して構築するほうが安全です。そのための便利なテクニックである「ゲスト用SSID(無線LAN用)」と「VLAN」について説明しています。
様々なネットワークスイッチ機器。その特別な性能と機能について
単純にネットワークスイッチと言っても、実に様々な用途と場所によって、そのパフォーマンスと機能が違ってきます。 ネットワークスイッチは、OSI参照モデルに基づき、大きく分けて3つの種類があります。 レイヤー1基準であれば、ハブやスイッチングハ...
高価なセキュリティ装置UTMの役割。導入で得られるメリットデメリットとは
UTMの導入について頻繁に相談いただくことがあります。セキュリティ機器として勧められた経験がある方も多いかもしれません。どのような役割でどのように役立つのかまとめましたのでご参考ください。 小さな会社向けのセキュリティー対策は別ページにまと...

無線Wi-Fi設定に関する記事

LANの中でも無線Wi-Fiの設定に関しましては以下のページをご参考ください。

無線Wifi・無線LANを社内オフィスに導入するメリット&デメリットと注意点について
一昔前までは、社内LANといえば有線で繋ぐことが当たり前でしたが、最近では無線LAN/無線Wifiを導入する企業が増えてきました。 増えてきた理由としては、スマートフォンだけでなくタブレットや超薄型ノートパソコンなど、業務でモバイル系の端末...
【Wifi導入】家庭用・業務用アクセスポイントの機能的な違いと注意点
Wifiを導入するにあたり、機器の選択として家庭用と業務用の機器選択があります。家庭用機器でも近年は性能が向上しており、小規模事務所や仕様版を制限しているなら家庭用機器でも十分要件を満たしますし、安全性や安定性であれば業務用の性能の高さがメリットとなるなど具体的な選定策の案内。
最新の無線技術Wi-Fi6、Wi-Fi6Eの高速アクセスポイント導入の進め方と注意点
Wi-Fi 6とWi-Fi 6Eは、IEEE 802.11axに基づく無線通信規格です。Wi-Fi 6Eは2.4GHz帯と5GHz帯に加えて、6GHz帯を利用することで、Wi-Fi 6よりも大容量の通信が可能になりました。
便利に電波拡大!Wi-Fi中継器について知っていこう
「お風呂でテレビや動画が見れたらな・・・」そんなあなたの要望をかなえてしまうのがWI-Fi中継機です。今まで電波が届かなくてトイレやお風呂で動画などを見てストレス解消ができなかったとしても、WI-Fi中継機があればこれからは動画が途切れず楽しめますよ。気になる人は一読くださいね。
Wi-Fiの利用範囲を気軽に便利に拡張!メッシュWifiとは?
Wifiを拡張するための新しい技術として、メッシュWifi(Easy-Mesh)の普及が進んでいます。本記事では、従来のWifiが抱えていた課題とメッシュWifiの特徴とメリット、よくある質問についてまとめています、。
インターネットなんでもQ&A:Wi-Fiや公衆無線LAN、テザリングの使い方
Q.外出先でもパソコンでインターネットを使うには? A.用途に合わせて使い分けましょう 外出先でパソコンをインターネットに接続する方法は大きく分けて2つあります。ひとつは自分で用意したモバイルルーターなどから接続する方法で、もう1つは外出先...

インターネットトラブルに関する記事

インターネットトラブルにお困りの場合は以下の記事をご参考ください。

インターネット接続が切れる、繋がらない原因と解決方法
インターネットがつながらない原因は多岐にわたります。そこでIT初心者の方でもできる解決手順をケース別に解説していきます。まずは冷静に状況を確認しましょう。関連記事と合わせてご参考ください。
Googleと、YouTubeしかつながらなくなった!原因と解決法
インターネットで特定のサイトにしかつながらくなったというトラブルに対する基本的な対処法や調査に利用できるツール等の紹介となります。
「有効なIP構成がありません」でネット接続できない原因と直し方
「イーサネットには有効なIP構成がありません」「Wi-Fiには有効なIP構成がありません」と表示され、ネットワークにつながらないことがあります。接続に必要な設定値が取得できていないことが原因です。ネットワーク機器やパソコンの設定を見直して、接続する手順を解説します。
Windowsネットワークで他のパソコンや共有サーバ、プリンタが表示されない原因と対処法
共有フォルダやサーバー・プリンターが見つからない時の対処法をまとめました。共有設定の他、ファイアウォールなどのセキュリティやルーターのモードが原因であることもあります。ネットワークブラウジング機能についてもわかりやすく、詳しく解説しています。
インターネットに繋がらない場合の、トラブルシューティングご用達ツール集
ネットワークトラブルが発生した場合は原因は多岐にわたるため、どのように切り分けを行うかが解決への近道となります。ネットワークプロトコルの基本的な仕組みから、トラブル解決に使われるツールなどを紹介します。

無線Wi-Fiトラブルに関する記事

特に無線Wi-Fiのトラブルにお困りの場合は以下の記事が有効です。

Wifiがつながらない、切れる時にチェックすべきポイントと対応方法について
Wifiが切れたりつながらない場合について、確認すべきチェックポイントや原因の切り分けと基本的な対処方法について記載しています。
無線プリンターの設定・接続方法/つながらない・印刷できない時に確認すべき事
プリンターを無線(WiFi)で接続して、パソコンやスマホからプリントアウトしたいけど、設定方法が分からない、又は、設定してみたけど印刷できない、そのような経験をされた方はたくさんいらっしゃると思われます。こちらのページにて無線プリンターの接...

弊社ネットワークサポート事例

弊社のネットワークサポート事例は以下のとおりです。

サポート事例:10年前のルーターから10Gbps対応の超高速なWi-Fi6 APへの切り替え
とげおネットで社内ネットワーク環境の整備作業として古くて遅い社内環境を10Gbps対応の超高速Wi-Fi環境の構築を行いました。サービス事例として公表します。
サポート事例:パソコンがインターネットに繋がらない意外な理由
パソコンサポートの仕事をしていると、「急にネットが繋がらなくなってしまった!!」というサポート依頼をたくさんいただきます。 先日も、お客様より同様のメールが来ました。電話サポートでお客様のパソコンの設定状況や、ルーターの状況を確認しましたが...
定期ITサポート|インターネット速度が不安定?社内ネットワーク調査
本日は、不動産投資事業を行っている会社へ定期のITサポートでした。 以前より、インターネットの速度が遅くなることがあり調査して欲しいとのことで、社内のネットワークまわりを調べてきました。 インターネット回線の速度を測定 まずは、社内の複数の...
サポート事例:社内ネットワークケーブル配線がぐちゃぐちゃな会社様のサポート
某広告代理店業様へサポートのお伺い 古い友人に紹介された新規のお客様。 今のオフィスに10年以上と長く当時担当?だった人はもうおらず設計図もなくITに明るい人もおらずで絶妙なバランスの上に社内ネットワークが成り立っているようでした。 インタ...
サポート事例:ネット接続できないパソコンでIPv6を無効にして解決
Windows10アップグレード後にインターネットの接続が不安定になるケースがあるようです。私のお客様の中でもそのようなパソコンが数台あり、サポートのご連絡をいただいております。 他にもおそらく同様の症状でお悩みの方がいると思われますので、...

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

どうしてもうまくいかない時は

インターネットで検索して色々な方法を試してみたけどうまくいかない…

うまくいかない人

とげおネットまで
お気軽にご相談ください!!

電話・メールフォームから
お問い合わせください!
▼ ▼ ▼

とげおネットでは
出張サポートにて
お力になれます!