Cドライブのディスク容量を増やしてパソコンを速くする7つの方法

パソコンを長く使っていると、動作スピードが遅くなったり、動きが不安定になったりと色々な問題が出てきますよね。みなさんも経験があるのでは?

そういったトラブルを防ぐには普段からCドライブをキレイに整理しておくことが大切です。パソコンのCドライブには主に「システム関連のデータ」が詰まっているので、このドライブのメンテナンスはそのままパフォーマンスに直結します。

最近パソコンの調子がおかしいという方はこれから紹介する7つの施策をためして、Cドライブの空き容量を増やしてあげましょう。きっとパソコンの動作が速くなりますよ。

【パソコン・ITトラブルでお困りの方はご連絡ください】
法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

デスクトップを整理する

デスクトップ画面いっぱいにファイルや使わないショートカットを置きまくっていませんか?デスクトップはファイルの置き場所ではありません。本当に必要なモノだけを残してあとは他の場所に移動するか、削除してデスクトップ画面はキレイにしてください。

<ファイルを置きまくっているデスクトップ画面>
デスクトップを整理する

<理想的なデスクトップ画面>
デスクトップを整理する

ゴミ箱の中を削除する

ゴミ箱にファイルを捨てたまま放置していると、いつの間にかゴミ箱内のファイスサイズが数G(ギガ)になっている…なんて事もあります。本当に不要なファイルでしたら、さっさと削除してしまいましょう。

ゴミ箱の上で「右クリック」「ゴミ箱を空にする」で完全に削除されます。
ゴミ箱の中を削除する

不要なアプリケーションを削除する

昔インストールしたものの、今は使っていないソフト(アプリケーション)ってありませんか?もしそういったソフトがあるならデータを完全に削除してしまいましょう。また、自分がインストールした覚えのないソフトに関しても同様に削除してください。

削除方法

「スタートメニュー」「コントロールパネル」「プログラムと機能」を選択。
プログラムの削除方法

削除するプログラムを選択して「右クリック」「アンインストール」
プログラムの削除方法
※注意: Windows updateのプログラムファイルなど、システムにとって重要なファイルは消さないように注意してください。

ディスククリーンアップを行う

パソコンに詳しい人ならご存知かもしれませんが、Windowsにはハードディスク内の不要なファイルをまとめて削除してくれる「ディスククリーンアップ」という機能が標準搭載されています。知らなかった人は便利な機能なので是非使ってください。

ディスククリーンアップの使い方

スタートメニューから「すべてのプログラム」「アクセサリ」「システムツール」「ディスククリーンアップ」と選択。クリーンアップを実行するドライブを指定してくださいというポップアップが表示されるので「C:ドライブ」を選択し「OK」を押してください。
ディスククリーンアップ

計算が終わるまで待ちます。
ディスククリーンアップ

すると下記画面が表示されるので、「システムファイルのクリーンアップ」を押します。今回もクリーンアップを実行するドライブはC:ドライブを選択してください。
ディスククリーンアップ

また、しばらく待つと下記画面が表示されます。削除するファイルの項目すべてにチェックをしてください。
ディスククリーンアップ

最後に「OK」ボタンを押して削除を実行します。
ディスククリーンアップ

削除が終わるまで時間がかかることがあります。削除が完全に終わるまで待ってください。
ディスククリーンアップ

復元ポイントを削除する

Windowsには復元ポイントというデータが保存されています。復元とは、ある時期までWindowsの設定を戻す機能です。その復元ポイントがいくつもあり、そのポイントごとにデータを保存していますが、最新のデータ以外はほぼ必要ないので削除してC:ドライブの空き容量を確保します。

最新の復元ポイント以外を削除する方法

先程のディスククリーンアップ手順の「システムファイルのクリーンアップ」ボタンを押す所までは同じです。
復元ポイントを削除する

ディスククリーンアップの画面になったら、「詳細オプション」タブを選択して、システムの復元とシャドウコピーの「クリーンアップ」を押します。
復元ポイントを削除する

下記画面が表示されるので「削除」で実行します。
復元ポイントを削除する

仮想メモリー機能をOFFに設定する

仮想メモリーとは、物理的なメモリー(実際にパソコンに搭載されているメモリー)が足りない場合、Windowsがハードディスクを利用して仮のメモリー領域を作り補う機能のことです。実際にメモリーが足りていない時は有効ですが、メモリー容量が十分あるにもかかわらず、仮想メモリーが設定されている場合が多いので、設定をOFFにしておきましょう。

仮想メモリー機能をOFFにする方法

最初に自分のパソコンのメモリー容量を確認してください。スタートメニューから「コンピューター」「右クリック」「プロパティ」でパソコンの詳細画面が表示されます。Windows7で2Gの場合はOFFにしない方がいいです。4GあればOFFにしても問題ありません。
仮想メモリー機能をOFFにする方法

設定方法ですが、スタートメニューから「コントロールパネル」「システム」「システムの詳細設定」と選択してください。システムのプロパティ画面が表示されたら、「詳細設定」タブの「設定」をクリックしてください。
仮想メモリー機能をOFFにする方法

パフォーマンスオプション画面が開くので、「詳細設定」タブの仮想メモリーの「変更」をクリックします。
仮想メモリー機能をOFFにする方法

すると、仮想メモリー設定画面が表示されます。画面上「すべてのドライブのページングファイルのサイズを自動的に管理する」のチェックを外して、「ページングファイルなし」を選択し、最後に「設定」ボタンを押します。
仮想メモリー機能をOFFにする方法

確認画面が出るので「はい」で実行。最後にパソコンを再起動すれば適用されます。
仮想メモリー機能をOFFにする方法

システム以外のデータをDドライブに移動する

最後は、CドライブにあるWordやExcel、その他画像ファイルや音楽データなど、システムに関係ないファイルはDドライブに移動します。Cドライブにはそういったファイルは保存しないようにしましょう。

Cドライブをデフラグする

時間がある時でいいので、Cドライブをデフラグしておくことをオススメします。デフラグとは、簡単にいうと、HDD内の散らかったデータを使いやすく整理整頓することです。デフラグ専用のソフトもありますが、Windowsにはデフラグ機能も搭載されているので、こちらでいいと思います。

スタートメニューから「すべてのプログラム」「アクセサリ」「システムツール」「ディスクデフラグツール」を選択。
HDDをデフラグする方法

Cドライブを選択し、「ディスクの最適化」でデフラグがスタートします。
HDDをデフラグする方法

デフラグは時間がかかるので、お昼休み前や、1〜2時間外出する前などに仕掛けておくのがベストです。また、ハードディスクに負荷をかけるので、頻繁にデフラグをやらないように注意してください。回数的には年に2〜3回で十分です。

以上、ご参考までに。

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット IT・パソコンに関するトラブルは「とげおネット」にご相談ください。迅速かつ丁寧に対応させていただきます。 お急ぎの方はお電話から:03-6869-0595

お問い合わせはコチラ

120分無料サポートの申し込み

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加