当サイトではアフィリエイト・アドセンス広告を掲載しています

PPPoEはもう古い?IPoE, IPv6, IPv4 over IPv6などの高速インターネット回線事情

PPPoEはもう古い?2022年最新IPoE, IPv6, IPv4 over IPv6などのプロバイダ事情

パソコントラブル、インターネットトラブルでお困りの方は是非とげおネットの出張トラブルにお問い合わせください!

PPPoE方式・IPoE方式、IPv6、IPv4over IPv6は、すべてインターネットの通信方式のことです。

PPPoE方式・IPoE方式は、インターネットに何をどうやってつなぐのか、接続方式を指しており、IPv6,IPv4 over IPv6は、インターネット上の住所であるIPアドレスの割り当て方式のことを指しています。

接続方式とIPアドレス割り当ての方式により、インターネットの速度が違ってきます。テレワークが盛んな今、インターネットが混雑する・遅くなったといった事象が気になる方も多いことでしょう。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

モバイル用
Video広告

通信速度が一番早いのは、IPoEとIPv6の組み合わせ

2022年現在IPoEとIPv6は通信速度がもっとも早い通信プロトコルの組み合わせということができます。こうした速い回線にしたい場合は、IPoE・IPv6に対応したプロバイダからインターネット接続サービスを受ける必要があります。

IPoEの通信方式は複数ありプロバイダごとに違うため利用するネットワーク機器がそのプロバイダの接続方式に対応しているか事前に確認しておく必要があります。

 

回線の名称 サービス名称
v6プラス 日本ネットワークイネイブラーによるOEM・フレッツ光、ソネット光プラスなど
Transix IIJ系列のインターネットマルチフィード社によるOEM提供・ドコモ光、IIJmioひかりなど
IPv6オプション BIGLOBE
IPv6高速ハイブリッド ソフトバンク系列プロバイダ
OCNバーチャルコネクト OCN他NTT系列プロバイダ
クロスパス アルテリアネットワークスによるOEM・楽天ひかりなど

 

全体的にインターネットを早くしたい場合は、こちらもご参考ください。

社内LANが遅い!1Gbpsに対応するための確認方法と具体的手順
オフィスのインターネットが遅くて困っていませんか?現在の主流は1Gbps(1000Mbps)の通信速度ですが古いオフィスの場合100Mbpsまでしか対応していないことがあります。通信速度を上げたい場合にどのような手順で対応すればよいかまとめました。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

従来の方式との違い

実は、接続方式とIPアドレス割り当ての方式で、インターネットの速度は変わるのです。

通信は「プロトコル」という通信の規約(プログラムに似た約束事)により、通信することができます。PPPoEIPoEIPv6IPv4 over IPv6はすべて通信プロトコルですが、どの通信プロトコルを使うかにより、通信速度が変わります。

大まかに言うと、古いプロトコルを使うと、通信速度は遅くなり、新しいプロトコルを使うと通信速度は速くなります。

速度の計測ができる、サイトで測ってみたら「こんなに遅いの?」と驚くこともありえます。

インターネット回線速度の目安や測定方法は?通信が遅いと思った時に確認する方法
インターネットの回線・通信速度ってどうやって測定したらいいの? 速い回線速度のサービスに乗り換えたはずなのにあまり変わっていない…… Web会議やオンラインゲーム中のラグがひどいんだけどどうして? 日頃、なんとなくインターネットの回線速度が...

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

接続方式を決める新しいプロトコル・IPoE

新しい接続方式であるIPoEは、回線ごとインターネットに接続します。つまり、電話交換機同様の役割をしているNTE=ネットワーク終端装置を介するものではありません。その代わり、大容量のゲートウェイを経由して、回線同士をつなぎます。

直接回線をつなぐ方式なので、きわめて短い時間内に大量の回線を簡単につなぐことができます。

その上、経由するゲートウェイは、物理的・論理的に増設が可能ですので、つなげる回線が増えても、容量がパンクしてしまうことはまずありませんし、通信が安定しています。

こうして余裕のある状態で通信を行うので、速度が速く、スムーズな通信が可能になります。また、認証は、回線ごと認識したうえで認証しますので、ユーザーネームと、パスワードが必要ありません。

電話交換の考え方を使わなくても、回線がインターネットに接続できる方式なので、ネイティブ方式とも言われます。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

接続方式を決める古いプロトコル・PPPoE

PPPoE方式は、仕組みで言えば、電話の原理をインターネットに応用したものです。ユーザーネームとパスワードで認証を受けて、機器と機器をつなぐ方式がPPPoE(Point-to-Point Protocol on Ethernet)は、この接続方式の略称です。

インターネットプロバイダーは、ユーザーのデバイスをNTE経由で電話交換機の原理と同様の方式でインターネットにつなぎます。ところが、NTE≒交換機は、容量が決まっているため、ユーザー数が増えると混雑が起こり、容量がいっぱいになるとなかなか動きにくくなります。これがインターネット渋滞の正体です。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

新しいIPアドレス割り当て方式・IPv6

ところで、インターネット回線は、各回線を他の回線につなぐ際、IPアドレスから、IPアドレスにつなぐという約束事があります。

今、IPアドレスの割り当ては、IPv6という新しい方式と、IPv4という古い方式が混在しているところです。

IPv6は、128ビットの長さを持ち、3.4×10の38乗個=約340澗(かんと読みます)個ありますので、ほぼ無限に近い数があります。

しかも、古いIPアドレスの割り当て方式であるIPv4がデバイス固有のアドレスを意味していたのに対しIPv6は、物理アドレス(MACアドレス)といって、デバイスのアドレスを認識したら、自動的に割り当てられる仕組みです。

ユーザー側では、通信機器の接続の際にIPアドレスを設定する必要がなくなり、また、インターネットに接続できる機器であれば、IPアドレスが自動的に設定されます。

さらにいうと、一つのIPアドレスが不具合を起こしていても、代替するIPアドレスがいつもありますので、通信障害も起こりにくく、速度も速いのです。

IPアドレスが設定できない家電でも、通信機器であるモデムやルーターでも、回線に物理的につなげることが可能であれば、シームレスにインターネットの通信網につなげられる仕組みであることがIPⅴ6の特徴です。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

古いIPアドレス割り当て方式・IPv4

IPv4のアドレスは、数字で表現し32ビットの長さを持っています。これはIPv4のアドレス総数が2の32乗個、つまり4294967296であることを意味しています。

ところが、現在、IPアドレスは枯渇寸前の状態で、さらに新しいIPアドレスが必要になっています。そのため用意されたのが、先ほどご紹介したIPv6です。IPv6により、IPアドレスはほぼ無限に増えた状態になっています。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

過渡期の知恵にして最新・IPv4 over IPv6

現在は、IPv4 over IPv6といって、IPv4をあたかもIPv6のように見せかける技術があり、この技術を使うと、IPv4の機器でもIPv6のように利用することができます。

仕組みは、「カプセル化」といって、IPv6によりIPv4をカプセルで包むように、IPv6の情報に仕立てたIPv4を使えるのです。

IPv4と、IPv6の機器が混在している今、この技術で双方を併存させて利用することができます。この技術があるので、インターネットを接続して、通信に問題がある場合、IPv6を無効化することはもはや必要ありません。

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

テレワーク、リモートワークに適した高速インターネット事情まとめ

「インターネットが遅い・・・」「でもプロバイダを変えるのはどうやってやるんだろう」

「できるだけ安いコストでインターネットを早くしたい」

そんなお悩みは、PC・インターネットのことを気軽に相談できる専門業者に依頼して解消してみませんか?ITや情シスは人手不足でなかなか対応できないこともあります。お困りの際はとげおネットまでお気軽にお問合せください。

その他ネットワーク設定やトラブル対応に関する記事を以下にまとめましたので併せてご参考ください。

LAN設定に関する記事

家庭内LAN、社内LAN設定に関する記事については以下の記事をご参考ください。

社内LANが遅い!1Gbpsに対応するための確認方法と具体的手順
オフィスのインターネットが遅くて困っていませんか?現在の主流は1Gbps(1000Mbps)の通信速度ですが古いオフィスの場合100Mbpsまでしか対応していないことがあります。通信速度を上げたい場合にどのような手順で対応すればよいかまとめました。
超高速!最大10Gbps対応の社内LANを構築する方法と機器について
業務効率が劇的に改善する10Gbpsの社内LANを構築する方法を機器の選定方法含めて詳しく解説してきます。
VPN接続とは?VPNの基本や仕組みについて
新型コロナウイルスの影響で政府からテレワークの普及がすすめられています。しかしテレワークは会社より情報漏洩のリスクが高くなります。この記事ではテレワークでのセキュリティ対策として「VPN接続」について、分かりやすくまとめました。
ゲスト用LANを構築する方法(無線LANゲストWifi、VLANについて)
ゲスト用インターネット回線を用意する際は、社内ネットワークとは独立して構築するほうが安全です。そのための便利なテクニックである「ゲスト用SSID(無線LAN用)」と「VLAN」について説明しています。
様々なネットワークスイッチ機器。その特別な性能と機能について
単純にネットワークスイッチと言っても、実に様々な用途と場所によって、そのパフォーマンスと機能が違ってきます。 ネットワークスイッチは、OSI参照モデルに基づき、大きく分けて3つの種類があります。 レイヤー1基準であれば、ハブやスイッチングハ...
高価なセキュリティ装置UTMの役割。導入で得られるメリットデメリットとは
UTMの導入について頻繁に相談いただくことがあります。セキュリティ機器として勧められた経験がある方も多いかもしれません。どのような役割でどのように役立つのかまとめましたのでご参考ください。 小さな会社向けのセキュリティー対策は別ページにまと...

無線Wi-Fi設定に関する記事

LANの中でも無線Wi-Fiの設定に関しましては以下のページをご参考ください。

無線Wifi・無線LANを社内オフィスに導入するメリット&デメリットと注意点について
一昔前までは、社内LANといえば有線で繋ぐことが当たり前でしたが、最近では無線LAN/無線Wifiを導入する企業が増えてきました。 増えてきた理由としては、スマートフォンだけでなくタブレットや超薄型ノートパソコンなど、業務でモバイル系の端末...
【Wifi導入】家庭用・業務用アクセスポイントの機能的な違いと注意点
Wifiを導入するにあたり、機器の選択として家庭用と業務用の機器選択があります。家庭用機器でも近年は性能が向上しており、小規模事務所や仕様版を制限しているなら家庭用機器でも十分要件を満たしますし、安全性や安定性であれば業務用の性能の高さがメリットとなるなど具体的な選定策の案内。
最新の無線技術Wi-Fi6、Wi-Fi6Eの高速アクセスポイント導入の進め方と注意点
Wi-Fi 6とWi-Fi 6Eは、IEEE 802.11axに基づく無線通信規格です。Wi-Fi 6Eは2.4GHz帯と5GHz帯に加えて、6GHz帯を利用することで、Wi-Fi 6よりも大容量の通信が可能になりました。
便利に電波拡大!Wi-Fi中継器について知っていこう
「お風呂でテレビや動画が見れたらな・・・」そんなあなたの要望をかなえてしまうのがWI-Fi中継機です。今まで電波が届かなくてトイレやお風呂で動画などを見てストレス解消ができなかったとしても、WI-Fi中継機があればこれからは動画が途切れず楽しめますよ。気になる人は一読くださいね。
Wi-Fiの利用範囲を気軽に便利に拡張!メッシュWifiとは?
Wifiを拡張するための新しい技術として、メッシュWifi(Easy-Mesh)の普及が進んでいます。本記事では、従来のWifiが抱えていた課題とメッシュWifiの特徴とメリット、よくある質問についてまとめています、。
インターネットなんでもQ&A:Wi-Fiや公衆無線LAN、テザリングの使い方
Q.外出先でもパソコンでインターネットを使うには? A.用途に合わせて使い分けましょう 外出先でパソコンをインターネットに接続する方法は大きく分けて2つあります。ひとつは自分で用意したモバイルルーターなどから接続する方法で、もう1つは外出先...

インターネットトラブルに関する記事

インターネットトラブルにお困りの場合は以下の記事をご参考ください。

インターネット接続が切れる、繋がらない原因と解決方法
インターネットがつながらない原因は多岐にわたります。そこでIT初心者の方でもできる解決手順をケース別に解説していきます。まずは冷静に状況を確認しましょう。関連記事と合わせてご参考ください。
「インターネット接続なし セキュリティ保護あり」とは?原因と対応方法
WiFi接続において、PC~無線LANルータ間の接続は正常なものの、無線LANルータより先のネットワークやインターネットに接続できないときに表示されるメッセージ「インターネット接続なし セキュリティ保護あり」が発生する状況と、それを解消する方法について説明しています。
Googleと、YouTubeしかつながらなくなった!原因と解決法
インターネットで特定のサイトにしかつながらくなったというトラブルに対する基本的な対処法や調査に利用できるツール等の紹介となります。
「有効なIP構成がありません」でネット接続できない原因と直し方
「イーサネットには有効なIP構成がありません」「Wi-Fiには有効なIP構成がありません」と表示され、ネットワークにつながらないことがあります。接続に必要な設定値が取得できていないことが原因です。ネットワーク機器やパソコンの設定を見直して、接続する手順を解説します。
Windowsネットワークで他のパソコンや共有サーバ、プリンタが表示されない原因と対処法
共有フォルダやサーバー・プリンターが見つからない時の対処法をまとめました。共有設定の他、ファイアウォールなどのセキュリティやルーターのモードが原因であることもあります。ネットワークブラウジング機能についてもわかりやすく、詳しく解説しています。
インターネットに繋がらない場合の、トラブルシューティングご用達ツール集
ネットワークトラブルが発生した場合は原因は多岐にわたるため、どのように切り分けを行うかが解決への近道となります。ネットワークプロトコルの基本的な仕組みから、トラブル解決に使われるツールなどを紹介します。

無線Wi-Fiトラブルに関する記事

特に無線Wi-Fiのトラブルにお困りの場合は以下の記事が有効です。

Wifiがつながらない、切れる時にチェックすべきポイントと対応方法について
Wifiが切れたりつながらない場合について、確認すべきチェックポイントや原因の切り分けと基本的な対処方法について記載しています。
無線プリンターの設定・接続方法/つながらない・印刷できない時に確認すべき事
プリンターを無線(WiFi)で接続して、パソコンやスマホからプリントアウトしたいけど、設定方法が分からない、又は、設定してみたけど印刷できない、そのような経験をされた方はたくさんいらっしゃると思われます。こちらのページにて無線プリンターの接...

弊社ネットワークサポート事例

弊社のネットワークサポート事例は以下のとおりです。

サポート事例:10年前のルーターから10Gbps対応の超高速なWi-Fi6 APへの切り替え
とげおネットで社内ネットワーク環境の整備作業として古くて遅い社内環境を10Gbps対応の超高速Wi-Fi環境の構築を行いました。サービス事例として公表します。
サポート事例:パソコンがインターネットに繋がらない意外な理由
パソコンサポートの仕事をしていると、「急にネットが繋がらなくなってしまった!!」というサポート依頼をたくさんいただきます。 先日も、お客様より同様のメールが来ました。電話サポートでお客様のパソコンの設定状況や、ルーターの状況を確認しましたが...
定期ITサポート|インターネット速度が不安定?社内ネットワーク調査
本日は、不動産投資事業を行っている会社へ定期のITサポートでした。 以前より、インターネットの速度が遅くなることがあり調査して欲しいとのことで、社内のネットワークまわりを調べてきました。 インターネット回線の速度を測定 まずは、社内の複数の...
サポート事例:社内ネットワークケーブル配線がぐちゃぐちゃな会社様のサポート
某広告代理店業様へサポートのお伺い 古い友人に紹介された新規のお客様。 今のオフィスに10年以上と長く当時担当?だった人はもうおらず設計図もなくITに明るい人もおらずで絶妙なバランスの上に社内ネットワークが成り立っているようでした。 インタ...
サポート事例:ネット接続できないパソコンでIPv6を無効にして解決
Windows10アップグレード後にインターネットの接続が不安定になるケースがあるようです。私のお客様の中でもそのようなパソコンが数台あり、サポートのご連絡をいただいております。 他にもおそらく同様の症状でお悩みの方がいると思われますので、...

↓PCトラブルなど社内IT環境にお困りなら↓

どうしてもうまくいかない時は

インターネットで検索して色々な方法を試してみたけどうまくいかない…

うまくいかない人

とげおネットまで
お気軽にご相談ください!!

電話・メールフォームから
お問い合わせください!
▼ ▼ ▼

とげおネットでは
出張サポートにて
お力になれます!