サポートのプロが教える|パソコンが固まる原因と対処法

パソコンが固まる(フリーズ)した時、みなさんはどのように対応しているでしょうか?何も考えずに電源を長押ししてシャットダウンしていませんか?大切なことは、どうして動かなくなったのか「その原因を探ること」です。普段、パソコンサポートの仕事をしている私が思いつく、原因と対処方法をご紹介いたします。

【パソコン・ITトラブルでお困りの方はご連絡ください】
法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

原因1:特定のアプリケーション

パソコンが固まる原因の8割がこれだと思います。よくあるのは、ブラウザのタブを開き過ぎて動かなくなるなど、パソコン性能以上の操作をした結果フリーズしてしまうということです。

対処方法

タスクマネージャーからメモリー使用量の多いアプリケーション探し終了します。

  1. 「Ctrl」+「ALt」+「Delete」キーを押してタスクマネージャーを開きます
    (タスクマネージャーが開くまで時間がかかる時もある)
  2.  タスクマネージャーの「プロセス」タブを選択
  3.  メモリー項目でメモリー使用量の多いアプリケーションを選択
  4.  アプリケーション上で右クリック→「プロセスの終了」を選択

パソコンフリーズ

まだパソコンが動かないようだったら、もう一つアプリケーションを停止させてみてください。ただし、Windwosに関わる重要プログラムも動いているので、アプリケーション名がはっきり分かっているプログラムのみを選択し終了させてください。

原因2:メモリー不足

[原因1]とも大きく関係していますが、そもそもパソコンのメモリー容量が足りないというケースです。64bitのWindows10,Windows8.1でしたら8Gは搭載しておいた方が良いでしょう。32bit版のWindows7でも4Gは必要です。

対処方法

パソコンのスペックを表示させてメモリー容量を確認しましょう。

Windows7の場合:コントロールパネル→システム
Windows8.1の場合:左下のWindowsマークの上で右クリック→システム
Windows10の場合:デスクトップの何もない場所で右クリック→ディスプレイ設定→バージョン情報

パソコンスペック表示

この画面でメモリー容量の他にWindowsOSのバージョンやCPUの種類、何bitパソコンかも確認できます。

ここでメモリーの容量が足りないと判明した場合は、メモリーを増設する必要があります。メモリーの増設作業自体は難しいものではありませんが、パソコンとの相性があるので、メーカーにお願いするのが1番良いでしょう。

原因3:ドライバによる不具合

パソコンのパーツや、周辺機器のドライバによる不具合でパソコンの挙動がおかしくなる事があります。パソコンの動作を安定させるためには常に最新のドライバをインストールすることが大切です。

対処方法

メーカーのサイトから最新のドライバをダウンロードし、インストールする。

NEC ドライバ一覧
Panasonic ドライバ一覧
富士通 ドライバ一覧
SONY ドライバ一覧
TOSHIBA ドライバ一覧
DELL ドライバ一覧
Lenovo ドライバ一覧
ASUS ドライバ一覧
EPSON ドライバ一覧
富士ゼロックス ドライバ一覧
RICOH ドライバ一覧
BUFFALO ドライバ一覧

原因4:部品の異常

ごく稀にパソコン部品の故障が原因でフリーズすることがあります。特に、注意しなければいけないのが「冷却ファン」です。これが壊れてしまうとパソコンが熱で熱くなり様々な機能に異常が出ます。パソコンは熱に弱いということを頭に入れておいてください。

対処方法

これは各パソコンメーカーにお願いするしかありません。
下記、相談窓口に連絡してください。

NEC 修理サービス
Panasonic 修理相談窓口
富士通 修理受付
SONY 修理の申し込み
TOSHIBA 修理サービス
DELL 製品保証
Lenovo 保証と修理
ASUS 問い合わせ

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット IT・パソコンに関するトラブルは「とげおネット」にご相談ください。迅速かつ丁寧に対応させていただきます。 お急ぎの方はお電話から:03-6869-0595

お問い合わせはコチラ

120分無料サポートの申し込み

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加