社内LANは有線・無線どちらにするべき?

スマートフォンやタブレット端末の普及により、無線でのインターネット接続が増えている昨今。社内でも無線でインターネットが使えたら便利ですよね。サポート先でも一部無線LANにしているオフィスもありますが、「法人」というケースで考えた場合、有線と無線ではどちらがいいのでしょうか?

【パソコン・ITトラブルでお困りの方はご連絡ください】
法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

有線のメリット・デメリット

有線LANメリット・デメリット

有線のメリット

  • 回線が安定している
  • 無線に比べて速度が出る
  • 大容量のデータでも送受信が可能
  • セキュリティー面で安全

有線のデメリット

  • 使う場所を制限される
  • LANの構築に配線工事などが必要
  • ケーブルの整理が大変になる
  • レイアウト変更が難しい
  • スマートフォンやタブレット端末が使えない

無線LANのメリット・デメリット

無線LANのメリット・デメリット

無線LANのメリット

  • 配線やケーブルが必要ないので、使う場所を選ばない
  • 有線よりも低コストでLANの構築が可能
  • 特にモバイル端末などのインターネット接続が容易になる

無線LANのデメリット

  • 回線は有線に比べると不安定(転送速度/容量も下がる)
  • 場所によって回線が不安定な所ができる
  • セキュリティー対策をしっかりしないと危険
  • 有線の時よりも高価なルーターが必要になる

社内LANは有線が安全

無線LANは便利ではありますが、多くの企業で導入されておりません。その理由は、会社として無線LANにした場合リスクが大きいからです。

各自のパソコンはもちろん、ファイル共有フォルダや重要なシステムが社内のネットワーク上には存在しています。有線で繋いでる限りは、物理的に接続できる端末が限定されるため、一定のセキュリティーレベルが保たれますが、無線LANにした場合はその全てを管理するというのは難しいでしょう。

社内の情報を守るためには有線LANの方が安全ということです。

無線LANも必要な時代

社内無線LANも必要
社内の情報を守るためとは言え、モバイル端末がこれだけ普及した今、全く無線に対応しないというのも企業としては考えものです。せっかくの便利な技術を使わない手はありません。無線LAN利用によるリスクをしっかりと理解した上で、賢く安全に使うことは会社にとっても大きなメリットになることでしょう。

社内Wifiはセキュリティー設定が重要

社内無線LANの構築はなんといってもセキュリティーの設定が重要になります。暗号化はもちろん、ネットワークに接続できる端末を制限することも必要でしょう。とげおネットでは法人様向けに安全な社内Wifiの設置/設定サポートも行っております。

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット IT・パソコンに関するトラブルは「とげおネット」にご相談ください。迅速かつ丁寧に対応させていただきます。 お急ぎの方はお電話から:03-6869-0595

お問い合わせはコチラ

120分無料サポートの申し込み

法人のパソコンサポート、ITサポートなら株式会社とげおネット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加